カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

(業務利用中の)交通違反者取扱規程

/1

社有車を運転して交通違反を犯した場合について、会社や組織がどのように取り扱うかを定めた規程を「交通違反者取扱規程」といいます。 この規程は、一般的には会社や組織の内部規定の一つとして定められており、社員や従業員が社有車を運転した際に交通違反を犯した場合に、どのような処置が取られるかを明確にすることで、安全な運転を促進し、交通事故の防止につなげることを目的としています。 交通違反者取扱規程には、違反行為に応じた処分の種類や、その基準、手続き、違反行為が繰り返された場合の対応などが規定されています。例えば、違反内容によっては、社内での処分だけでなく、法的な処分が必要となる場合もあります。規程にはそのような場合の対応も含まれています。 交通違反者取扱規程は、社内での安全運転や交通マナーの向上に役立ちますが、規程に従って処分を行うことが重要です。また、社有車を運転する全ての社員や従業員に対して、この規程についての教育や啓発を行うことも重要です。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(懲戒処分) 第3条(懲戒処分の決定基準) 第4条(教唆・手助けの懲戒) 第5条(懲戒の加重) 第6条(第三者への損害賠償責任) 第7条(会社への損害賠償責任) 第8条(罰金等の負担) 第9条(配置転換) 第10条(運転業務の停止)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【働き方改革関連法対応版】テレワーク規程

    【働き方改革関連法対応版】テレワーク規程

    新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響で、テレワークは急速に進みました。そして、コロナ禍で多くの人がテレワークを経験したことから、コロナ禍後もテレワークは継続したいという人が多いとされています。 また、日本では毎年のように大きな災害が発生しており、感染症に限らず災害時の事業継続計画(BCP)の観点からもテレワークは重要となります。 テレワークは、実際には労務管理の方法、業務報告の方法、通勤手当の取扱い、通信費用等の補填、セキュリティ対策等、出社勤務の時とは違うことが多く発生します。 そのため、今後テレワークを制度化していくにあたっては、テレワーク時のルールを作成しておくことが重要となります。 本書式は、テレワーク時のルールを定めた「【働き方改革関連法対応版】テレワーク規程」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2019年4月1日施行の働き方改革関連法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(定義) 第3条(目的) 第4条(資格者の範囲) 第5条(申請事項) 第6条(許可) 第7条(期間) 第8条(作業環境基準) 第9条(情報セキュリティ遵守) 第10条(業務専念義務) 第11条(休日) 第12条(勤務時間の算定) 第13条(届け出) 第14条(業務報告) 第15条(出社命令) 第16条(復帰)

    - 件
  • 【改正金融商品取引法対応版】インサイダー取引予防規程

    【改正金融商品取引法対応版】インサイダー取引予防規程

    インサイダー取引とは、「重要事実」とされる会社の内部情報を知る規制対象の関係者が、情報が公表される前に会社の株券や新株予約権を売買する行為を指します。このインサイダー取引は金融商品取引法によって禁止されています。 自社が非上場会社であっても、上場会社との取引があれば社内規程として、本書式のような「インサイダー取引予防規程」を備えておくことが重要です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正金融商品取引法に対応しております。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(定義) 第3条(インサイダー取引の禁止) 第4条(勧誘の禁止) 第5条(会社の株券等の売買自粛) 第6条(取引先の株券等の売買自粛) 第7条(重要事実の漏洩禁止) 第8条(重要事実の漏洩依頼の禁止) 第9条(通報) 第10条(事実関係の調査) 第11条(関係機関への届出) 第12条(懲戒処分) 第13条(研修の開催)

    - 件
  • 【マイナンバー対応】就業規則(医療関連)

    【マイナンバー対応】就業規則(医療関連)

    「【マイナンバー対応】就業規則(医療関連)」とは、日本のマイナンバー制度に対応するために、医療関連の企業や施設が従業員の個人番号(マイナンバー)を適切に取り扱うためのルールや規定のことを指します。 第1章 総則:目的、定義、法令の適用に関する一般的な規定を含む章です。 第2章 採用:採用手続きや提出書類、試用期間、労働条件の明示など、職員の採用に関する規定が含まれています。 第3章 服務規程:職員の行動基準やセクシャルハラスメント、パワーハラスメントの禁止、出退勤の規定、携帯品の管理など、勤務態度や行動に関する規定が含まれています。 第4章 就業時間・休日・休暇:所定の就業時間や時間外勤務、休日の取り扱い、有給休暇や特別休暇の取得条件など、労働時間や休暇に関する規定が含まれています。 第5章 休職:休職事由や期間、復職に関する規定が含まれています。 第6章 退職・解雇:退職や解雇の理由や手続き、定年退職に関する規定が含まれています。 第7章 安全衛生:災害への対応や安全確保のための措置、健康診断の実施など、職場の安全衛生に関する規定が含まれています。 第8章 災害補償:職員が就業中や通勤中に災害に遭った場合の補償に関する規定が含まれています。 第9章 賞罰:職員の表彰や懲戒処分に関する規定が含まれています。 第10章 給与・退職金:給与や退職金に関する事項についての規定が含まれています。 各章では、医療関連の就業環境に特化した規定や法令の遵守、職員の権利と義務の明示、安全衛生への配慮、労働条件や休暇制度の確立などが取り扱われています。これらの規定は、医療機関における職員の業務運営と労働条件を明確化し、適切な管理・運営を促進するための基本的なルールとなります。

    - 件
  • 取締役会規程01

    取締役会規程01

    取締役会規程01は、取締役会規程01です。この規程は、ワード(Word)形式で作成された取引役会規定の雛形テンプレートです。この規程は、以下のような内容を含んでいます。 ・取締役会の構成や任期、選任や解任などに関する規定 ・取締役会の開催や議事録、議決権や議決方法などに関する規定 ・取締役会の議事日程や議題、報告事項などに関する規定 ・取締役会の委員会や専門委員会などに関する規定 ・取締役会の運営や責任などに関する規定

    - 件
  • クレーム管理規程

    クレーム管理規程

    クレームなどの対処方法などを取り決めた規定

    4.0 1
  • 就業規則意見書(東京労働局配布版)

    就業規則意見書(東京労働局配布版)

    就業規則の作成にあたっては、従業員代表の意見書を添付して労働基準監督署に提出することが義務付けられています。これは労働基準法関係様式テンプレート(東京労働局配布版)です。 【本書式は登録時点の法令仕様に基づいています。】

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×