カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
企画書
フレームワーク
3C分析
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

3C分析表(顧客、競合、自社の3つの視点から企業や事業を分析するための書式)・PowerPoint

/1

「3C分析表(顧客、競合、自社の3つの視点から企業や事業を分析するための書式)・PowerPoint」テンプレートです。 「3C分析表」は、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの視点からさまざまな事柄を導き出すフレームワーク(手法)です。このPowerPointバージョンでは、企業や事業の現状を分析するための3C分析表を提供しています。 3C分析を行うことで、市場や顧客にマッチした事業展開や競合他社との差別化を図ることができます。また、自社の強みや弱みを抽出し、最も効率的なマーケティング活動に集中することが可能です。 ぜひ、無料でダウンロードできるテンプレートをご活用ください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 3C分析_カラム版

    3C分析_カラム版

    3C分析用の簡単なテンプレートです。汎用的に、商品やサービスを考えるうえで、事業環境を整理する際に活用いただけます マインドマップ版よりも記載できる分量が多く、競合との比較や時系列の比較を行いたい場合に活用できます

    - 件
  • 3要素(ブルー)

    3要素(ブルー)

    パワーポイントで作成した、青色(ブルー)を使用した「3要素」のテンプレートです(※無料でダウンロードが可能)。 ある事項の3つの要素を図形的に表すようになっていて、さまざまな資料の作成に取り入れることができます。 青色は落ち着いた印象を与え、視覚的に疲れにくいとも言われているので、企画書や提案書を作成する際のベースなどとしてご利用ください。

    - 件
  • ファイブフォース分析(Navy)

    ファイブフォース分析(Navy)

    紺色(ネイビー)を使用した「ファイブフォース分析」のパワーポイントテンプレートです。競争戦略を考えるにあたり、業界の構造(外的要因)を分析するためのフレームワークができます。企画書・提案書の作成時に、サンプルフォーマットとしてご利用ください。

    - 件
  • SWOT分析表【クロス・パステル調】強みや機会などの4点から企業を分析・PowerPoint

    SWOT分析表【クロス・パステル調】強みや機会などの4点から企業を分析・PowerPoint

    「SWOT分析表【クロス・パステル調】強みや機会などの4点から企業を分析・PowerPoint」は、企業の強み、弱み、機会、脅威という四つの要素を明確に理解し、事業戦略を策定する際にお役立ていただけるテンプレートです。SWOT分析は、事業の現状を総合的に把握するための分析方法になります。ビジネス戦略目標の設定や効果的なマーケティングプランの策定、経営戦略の立案にも有効です。 シンプルかつグラフィカルなデザインで、パステル調の色をベースとしており、視覚的に訴えたい場合に適しています。 PowerPoint形式で、無料でダウンロード可能です。ビジネス戦略の策定などにぜひご活用ください。

    - 件
  • SWOT分析シート02(Blue)

    SWOT分析シート02(Blue)

    SWOT(スウォット)分析とは、自社の内部環境と外部環境を「強み(Strength)「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」に分類し、自社の事業の現状などを把握するためのフレームワークのことです。 こちらは、PowerPointで作成した「SWOT分析シート」のテンプレートとなります。 目立つ青をベースカラーにしているので、プレゼンテーションなどで使用すれば、参加者に内容を覚えてもらいやすくなるかもしれません。 ダウンロードは無料なので、ご利用いただければ幸いです。

    - 件
  • SWOT分析・CROSS SWOT分析雛型

    SWOT分析・CROSS SWOT分析雛型

    SWOT CROSS SWOTの雛型になります。SWOT分析のみのシートは、多く散見されますが、使いこなせる人が少ないとされている、CROSS SWOT分析のスライドも入っておりますのでお得です。 内部環境、外部環境をそれぞれ、強味、弱みとセグメントし、それぞれの要素に検討を加えていく分析手法になります。

    5.0 1
  • 新着特集