【改正民法対応版】(仮登記担保権者から後順位担保権者に対する)担保権実行通知書 | テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルのダウンロードは【書式の王様】

【改正民法対応版】(仮登記担保権者から後順位担保権者に対する)担保権実行通知書

書式・テンプレート情報
ファイル形式Word(docx)
ダウンロード数0
更新日2020/05/29
評価
価格¥858(税込)
カテゴリー
部門
総務・庶務・法務部門
作者
white_collar(経営コンサルタント)

金銭消費貸借の債権者が、金銭債権の担保として、代物弁済の予約や停止条件付の代物弁済契約を締結し、債務者または第三者(物上保証人)の不動産に仮登記をしている場合で、且つ、債務者が債務の返済をしない場合に、予約完結権を行使するための「仮登記担保権の実行及び清算金見積額に関する通知」を実施する必要があります。

そして、更に上記通知の後、遅債権者(仮登記担保権者)は、後順位の担保権者がいる場合には、遅滞なく、当該担保権者に対して、「①上記通知をしたこと、②上記通知の到達日、③債務者に通知した事項」を通知する必要があります。(仮登記担保契約法第5条1項)

そのための「担保権実行通知書」雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。なお、2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

レビュー/コメント/評価

レビュー/コメントはまだ投稿されていません。
皆さまのレビュー/コメントをお待ちしています。

スポンサード

≫広告掲載について

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

【改正民法対応版】(仮登記担保権者から後順位担保権者に対する)担保権実行通知書 ページ トップへ