カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
契約書
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

【改正民法対応版】商品優先陳列契約書

/2

小売りの店舗内に製品を、競合品よりも優先して配置してもらうための「商品優先陳列契約書」雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(陳列期間) 第2条(対象商品) 第3条(陳列の場所・量等)  第4条(割戻金)  第5条(契約解除) 第6条(反社会的勢力の排除) 第7条(協議事項)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正民法対応版】金銭消費貸借契約書(根抵当権付、一括払い)

    【改正民法対応版】金銭消費貸借契約書(根抵当権付、一括払い)

    【改正民法対応版】金銭消費貸借契約書(根抵当権付、一括払い)は、日本の改正民法に準拠した金銭消費貸借契約の書面で、根抵当権を担保に付けて一括払いで返済する取り決めが記載されています。根抵当権は、不動産を担保とする抵当権の一種で、複数の債権に対して一定の範囲内で優先権を持つ権利です。 このような契約書は、金銭消費貸借契約の条件や当事者の権利義務を明確化し、トラブルや紛争を未然に防ぐ役割を果たします。また、根抵当権付きの契約であるため、貸主は借主が返済義務を果たさない場合、担保となる不動産に対して根抵当権を行使し、不動産を処分することができます。ただし、根抵当権の範囲や優先順位によっては、他の債権者に先行して回収できない場合もあります。そのため、契約時には根抵当権の設定範囲や優先順位を慎重に検討することが重要です。 一括払いの返済方法を採用しているため、借主は契約期間中に利息を支払い、期日が来たら元金を一度に返済することになります。これにより、貸主は元金と利息を確実に回収できることが期待されますが、借主にとっては一定期間後に大きな返済負担が発生することに注意が必要です。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法に対応しております。 〔条文タイトル〕 第1条(消費貸借) 第2条(利息) 第3条(弁済方法) 第4条(遅延損害金) 第5条(期限の利益の喪失・解除) 第6条(根抵当権の設定) 第7条(登記義務) 第8条(担保価値の保持)   第9条(追加担保の提供)   第10条(火災保険の設定) 第11条(合意管轄) 第12条(協議)

    - 件
  • 建物の合体(第三者の承諾書)

    建物の合体(第三者の承諾書)

    建物の合体(第三者の承諾書)とは、合体した建物の持分を協議したことを第三者が証明するための承諾書

    - 件
  • 不渡手形の代金督促状002

    不渡手形の代金督促状002

    貴社振出しの約束手形について、取り立てたが取引停止のため不渡りとして返却されたので連絡を行う際に用いるテンプレート書式です。不渡手形の代金督促状です。

    - 件
  • 委託品値引の照会状

    委託品値引の照会状

    他社から委託された商品に関して、効果的な値引き交渉を行う際に活用できます。このテンプレートは専門性の高いフォーマットで作成されているので、円滑なコミュニケーションをサポートします。 どのようなシーンで役立つかと言えば、競争が激しいビジネス環境での取引や提案の際に最適です。このテンプレートを使用することで、適切なトーンとフォーマットで値引き交渉を行い、成功率を高めることができます。

    - 件
  • 【改正民法対応版】ソフトウェアユーザーサポート業務委託契約書(発注者有利版)

    【改正民法対応版】ソフトウェアユーザーサポート業務委託契約書(発注者有利版)

    販売しているソフトウェアの操作方法等の質問・問い合わせについて、ファックス及び電話、E-mailによる回答業務等を委託するための「ソフトウェアユーザーサポート業務委託契約書(発注者有利版)」の雛型です。 第15条(引継処理)で、本契約終了後においても、受託者はユーザーサポート移転先へ業務を円滑に引き継ぐための協力をする義務を負っており、この点において「発注者」に有利な内容となっております。(本条を削除した通常版も別途ご用意しております。) 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(本件ソフトウェア) 第3条(本件業務の内容) 第4条(業務報告) 第5条(本件業務の体制) 第6条(対象除外) 第7条(業務委託料) 第8条(情報開示) 第9条(貸与品) 第10条(権利侵害) 第11条(知的財産権) 第12条(秘密保持) 第13条(有効期間) 第14条(解除) 第15条(引継処理) 第16条(協議事項) 第17条(合意管轄)

    - 件
  • 値引き要請に対する承諾状005

    値引き要請に対する承諾状005

    「値引き要請に対する承諾状005」は、取引先からの値引き要請に対する返答を示す文書のサンプルです。商取引において価格交渉は一般的ですが、このフォーマットは要請に対する肯定的な返答を提供します。信頼関係を築きながら合意に達するための一助となるでしょう。しっかりとしたコミュニケーションを通じて双方にとってのベストな解決策を見つける手助けとなるこの書式をご活用ください。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×