カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
経営企画
取締役会
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

(規程雛形)取締役会規程

/1

取締役会規程の雛形・サンプルです。社内規程を作成するときに参考にしてください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須

1 件のレビュー (平均評価5.0

  • [業種] 製造 男性/50代

    2020.06.21

    非常に参考になりました。

facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正会社法対応版】有限責任事業組合(LLP)設立契約書

    【改正会社法対応版】有限責任事業組合(LLP)設立契約書

    有限責任事業組合(LLP)とは、事業を行う組織のひとつで、簡単にいうと「法人格を持たない会社のようなもの」です。 なお、法人格とは「法律上の人格」のこと。権利や義務の主体となる権利能力があることを保証するもので、株式会社や合同会社に認められています。 有限責任事業組合には以下の3つの特徴があります。 1.倒産しても借金を抱えるリスクが小さい 有限責任事業組合では、すべての組合員が有限責任で企業を立ち上げることができるので、万が一倒産したとしても、出資者の金銭的負担が少なくてすみます。 2.制度作りの自由度が高い 有限責任事業組合は、出資比率に関係なく組合員同士で損益や権限の分配を自由に決めることができます。例えば、組合の利益を出資比率ではなく、労働負荷の重さによって分配するといった具合です。また、取締役会や監査役と言った経営者に対する監視機関の設置が強制されません。 3.法人税が課されない 有限責任事業組合は法人ではないため、法人税が課されません。売上は組合員に直接分配され、所得税のみが課されます。これを構成員課税(パススルー課税)といい、節税効果があります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条 当組合の名称 第2条 組合の事業 第3条 組合の事務所の所在地 第4条 組合員の氏名又は名称及び住所並びに出資の目的及びその価額 第5条 組合契約の変更並びに業務執行の決定 第6条 職務を行うべき者の選任及び通知 第7条 組合の事業年度 第8条 組合契約効力発生日及び組合の存続期間 第9条 管轄の合意

    - 件
  • 週間業務計画規程

    週間業務計画規程

    週間業務計画規程は、組織内で週次の業務計画を策定し、調整するための規程です。この規程は、業務の効率性と生産性を向上させるために、組織の全員が共通の方針と計画に基づいて業務を進めることを目的としています。 また、週間業務計画規程は、組織の全員が遵守することで、業務の進捗管理や優先順位の決定、業務間の調整をスムーズに行うことができます。また、週次の業務計画を策定することで、組織全体の目標に向けた取り組みや成果の可視化が可能になります。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(適用者の範囲) 第3条(業務予定表の作成・提出) 第4条(業務予定表作成の留意点) 第5条(上司によるチェック) 第6条(業務の遂行) 第7条(報告義務)

    - 件
  • 【改正民法・改正意匠法対応】意匠権専用実施権設定契約書

    【改正民法・改正意匠法対応】意匠権専用実施権設定契約書

    専用実施権とは、設定行為により定めた範囲内て、業としてその登録意匠又はこれに類似する意匠を実施できる排他的独占権てす。 専用実施権を設定した場合は、その範囲においては他者に実施権を設定することができないのみならず、意匠権者自身も登録意匠を実をてきなくなるのは特許権と同様であり、注意すべき点も「特許権専用実施権許諾契約書」の場合とほぼ同様となります。 なお、意匠権については、類似する意匠を関連意匠として意匠登録する制度がありますが、関連意匠が存在する意匠権(本意匠権)に専用実施権を設定する際には、全ての関連意匠の意匠権が本意匠権と同一の者に対し、同時に設定されなければならないとされています(意匠法第27条1項)。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法及び改正意匠法に対応しております。 〔条文タイトル〕 第1条(定義) 第2条(実施許諾) 第3条(見本の提出) 第4条(製造の委託・下請) 第5条(輸出) 第6条(実施対価) 第7条(ロイヤルティの計算及び報告) 第8条(帳簿等の保管・検査) 第9条(意匠の変更) 第10条(実施登録) 第11条(不争義務) 第12条(侵害の排除) 第13条(有効期間) 第14条(解除) 第15条(期限の利益の喪失) 第16条(権利義務の譲渡禁止) 第17条(協議) 第18条(管轄)

    - 件
  • 取締役会議事録03

    取締役会議事録03

    取締役会議事録とは、開催された取締役会の経過およびその結果に関する証拠として記録しておくための書類

    - 件
  • 新規取引先との契約についての稟議

    新規取引先との契約についての稟議

    新規取引先との契約についての稟議書です。新規取引先との契約に関する稟議書書き方事例としてご使用ください。

    - 件
  • 【改正民法対応版】セミナー受講規約

    【改正民法対応版】セミナー受講規約

    セミナーを開催する際、受講者との間で契約条件となる「セミナー受講規約」雛型です。 損害賠償義務を受講料を上限とすること等、開催者側に可能な限り有利な内容としております。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(契約の成立) 第2条(拒否事由) 第3条(役務の提供及び対価の支払) 第4条(本セミナーの実施場所・形態) 第5条(セミナー期間) 第6条(キャンセル時の返金不可) 第7条(代替セミナーの取り扱い) 第8条(損害賠償) 第9条(申込者の遵守義務) 第10条(知的財産権) 第11条(保証) 第12条(債務不履行による契約解除) 第13条(不可抗力による免責事項) 第14条(協議事項) 第15条(管轄条項)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×