カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

社宅使用規則

/1

社宅使用規則とは、社宅を使用するにあたっての規則

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 採用予算管理規程

    採用予算管理規程

    「採用予算管理規程」とは、企業や組織が新たな従業員を採用する際に、採用に関する予算の管理方法を定めた規程です。この規程には、採用に必要な費用の種類、範囲、予算の設定方法、予算の管理方法、予算の配分基準などが含まれます。 採用予算管理規程は、組織が人材を採用する際に、予算の制限内で効果的な採用活動を行うことを目的としています。予算管理規程によって、採用費用が予算内に収まるように調整され、採用にかかるコストを把握することができます。これによって、組織は無駄な費用を抑えつつ、最適な人材を採用することができます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(予算の範囲) 第4条(予算の策定基準) 第5条(予算の決定手続き) 第6条(予算の執行責任者) 第7条(経費の支出手続き) 第8条(予算の修正) 第9条(実績の報告)

    - 件
  • 事務服及び作業服貸与規程

    事務服及び作業服貸与規程

    事務服及び作業服貸与規程は、企業が従業員に対して事務作業や作業に必要な服装を貸与する場合に、その基準や手続きを定めた規則です。 具体的には、貸与手続きや貸与期間、返却時の処理などを規定します。これにより、企業が従業員に適切な服装を提供し、業務の効率性や安全性を高めることができます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(制服の種類) 第3条(管理責任者) 第4条(管理担当者) 第5条(貸与許可) 第6条(貸与時期) 第7条(貸与の方法) 第8条(貸与の費用) 第9条(社員の心得) 第10条(補修・洗濯の費用) 第11条(紛失等の届出) 第12条(返納)

    - 件
  • (取締役会議事録)月次決算

    (取締役会議事録)月次決算

    取締役会の議事を記録する議事録の作成フォーマットです。月次決算の雛形・例文となっています。

    - 件
  • 着荷の通知状007

    着荷の通知状007

    「着荷の通知状007」は、取引先に商品の着荷を通知する際の便利な書式の事例です。自身の商品の着荷通知に参考にしてください。 商品の着荷通知は、取引先との円滑なコミュニケーションにおいて非常に重要です。商品の到着を明確に伝えることで、取引先との信頼関係を一層強化することができます。着荷の予定時期や数量など、重要な情報を適切に伝えることが大切です。 「着荷の通知状007」をベースにしつつ、独自のスタイルや取引先との関係性を考慮して、丁寧な着荷通知を作成してください。より良いビジネスパートナーシップを築くことができるでしょう。 商品の到着は、顧客にとって重要な瞬間です。丁寧な着荷通知を通じて、顧客の満足度を高め、長期的なビジネス関係の構築につなげてください。

    - 件
  • 不良債権発生報告書

    不良債権発生報告書

    不良債権発生報告書です。取引先等において不良債権が発生した際の報告書書式事例としてご使用ください。

    4.0 1
  • 【改正民法対応版】準消費貸借契約書

    【改正民法対応版】準消費貸借契約書

    2020年4月1日施行の改正民法へ対応させたテンプレートを販売しております。ワード形式で納品させて頂きます。 実際にはお金を借りてはいないいけれど、売買などでお金を支払う必要が生じたときに、お金を借りたことにして、これを返済していくという法形式にしてしまう契約を、「準消費貸借契約」といいます。 たとえば、同じ電気店でテレビ、冷蔵庫を購入したために総額20万円の代金を支払う必要が生じたけれど、毎月5万円ずつ払うようにしたい、という場合を想定します。このような場合に、買主が電気店から20万円を借りたことにして、これを毎月5万円のペースで返済していく契約(準消費貸借契約)をすることができる、というわけです。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(債務確認) 第2条(準消費貸借) 第3条(弁済) 第4条(利息) 第5条(遅延損害金) 第6条(期限の利益喪失) 第7条(合意管轄)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×