カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

非常災害対策規程

/1

会社における防災管理業務について必要な事項を定めた規程

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須

1 件のレビュー (平均評価3.0

  • [業種] 製造 男性/60代

    2016.08.09

    参考になりました。 活用させていただきます。

facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 共済会規約

    共済会規約

    会社に勤務する者達の親睦および扶助共済を図るための互助団体として、共済会というものがあります。 本書式は、共済会の運営のための組織及び運営方法を定めた「共済会規約」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(名称) 第2条(事務局) 第3条(会員) 第4条(目的) 第5条(事業) 第6条(理事会) 第7条(開催) 第8条(成立) 第9条(議長) 第10条(決定) 第11条(決議事項) 第12条(議決権行使の委任) 第13条(役員) 第14条(任務) 第15条(選出) 第16条(任期) 第17条(欠員補充) 第18条(会計年度) 第19条(会計) 第20条(会費) 第21条(会社補助金) 第22条(会計報告)

    - 件
  • 【改正民法対応版】所有権留保付動産売買契約書(連帯保証人あり版)

    【改正民法対応版】所有権留保付動産売買契約書(連帯保証人あり版)

    【改正民法対応版】所有権留保付動産売買契約書(連帯保証人あり版)の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的物) 第2条(代金支払) 第3条(所有権留保特約) 第4条(引渡し) 第5条(瑕疵担保) 第6条(危険負担) 第7条(保管義務) 第8条(質権設定) 第9条(処分等禁止・所有権明示) 第10条(所有権移転) 第11条(期限の利益喪失) 第12条(解除) 第13条(商品返還) 第14条(清算手続) 第15条(連帯保証) 第16条(合意管轄) 第17条(協議事項)

    - 件
  • 手付けを倍額返し契約解除02(土地)(民法改正対応)

    手付けを倍額返し契約解除02(土地)(民法改正対応)

    「手付けを倍額返し契約解除02(土地)(民法改正対応)」は、土地の売買契約解除時に売主から買主へ手付金の倍額を返却する旨を通知するための法的な文書です。2020年4月に施行された民法の改正に対応しており、法律の変更により必要とされる新しい規定や条項が含まれています。 この文書テンプレートは、買主への通知に必要な情報や条項があらかじめ記載されているため、特定の情報の入力やカスタマイズを行い、すぐに使用することが可能です。無料でダウンロードしていただけます。

    - 件
  • 身元保証人に対する通知状001

    身元保証人に対する通知状001

    「身元保証人に対する通知状001」は、身元保証人に対する通知状の書式事例です。 従業員や職員、社員などが勤務先や配属先を変更し、新しい場所での仕事を始める任地移動の際、身元保証人に通知する通知状の書式事例としてご使用いただけます。 関連する契約や法的事項について不明点がある場合、法的アドバイスを受けることが重要です。詳しくは弁護士等にご相談ください。 ダウンロード無料となっておりますので、すぐにお使いいただけます。 どうぞ、お気軽にご利用ください。

    - 件
  • 【改正民法対応版】マンション売買契約書

    【改正民法対応版】マンション売買契約書

    まず、売買契約は、買主には代金の支払義務と目的物を引き渡してもらう権利があり、売主には代金を受け取る権利と目的物を引渡す義務があります。 そして、マンションは区分建物であるため、区分所有法により、土地と建物を一体として売買の対象とすると定められておりますので、土地と建物を切り離して売買することができません。 本書式は、上記に基づきマンションを売買するための「【改正民法対応版】マンション売買契約書」の雛型書式です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 なお、契約に定める基本的項目は、次のとおりしており、また本書式では、住宅ローンの承認を得られない場合、自動的に売買契約が解除されると定めています。 (1)売買金額、その支払の時期及び方法 (2)引渡し時期 (3)所有権移転登記申請の時期 (4)契約の解除に関する定め (5)損害賠償額の予定又は違約金に関する定め (6)公租公課の負担に関する定め。 条文タイトルは以下の通りです。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(売買代金及び支払い) 第3条(手付金) 第4条(所有権等移転の時期) 第5条(引渡し) 第6条(所有権等移転登記の申請) 第7条(付帯設備の引渡し) 第8条(消除義務) 第9条(印紙代の負担) 第10条(公租公課の負担) 第11条(収益の帰属・負担金の分担) 第12条(手付解除) 第13条(引渡し前の滅失・損傷) 第14条(契約違反による解除) 第15条(ローン特約) 第16条(契約不適合責任) 第17条(諸規約の承継) 第18条(手数料) 第19条(協議事項) 第20条(合意管轄) 第21条(特約条項)

    - 件
  • 連続休暇規程

    連続休暇規程

    「連続休暇規程」とは、企業が定める規則やガイドラインで、社員の連続休暇に関する取り扱いを明確にするものです。これにより、社員が休暇を計画しやすくなり、労働者の健康や安全を保護し、休暇を有意義に過ごすことができるようになります。 同規程では、休暇の実施時期、連続休暇の初日および最終日の決定方法、連続休暇の構成要素(週休日、国民の祝日、特別休日、年次有給休暇など)、休暇の具体的な実施時期の発表、出勤命令の扱い、年休の特別付与、連続休暇の活用方法などが含まれます。規程は、労働者と企業双方にとって明確な指針を提供し、労働環境の改善に寄与することを目的としています。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(実施時期) 第3条(初日、最終日) 第4条(連続休暇の構成) 第5条(実施時期) 第6条(出勤命令) 第7条(年休の特別付与) 第8条(連続休暇の活用)

    - 件
  • 新着特集