カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
企画書
フレームワーク
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

「フレームワーク」の書式テンプレート・フォーマット一覧

価格:全て ファイル形式:全て 利用されやすい部署:全て

フレームワークのテンプレート一覧です。ビジネスにおけるフレームワークとは、分析や課題解決、意思決定や経営戦略などを考える際に役立つ、考え方や思考の枠組みを指します。代表的な例として、思考整理して問題解決策を導き出す「ロジックツリー」や「SWOT分析」などがあります。

206件中 181 - 200件

  • 3C分析表・Google ドキュメント

    3C分析表・Google ドキュメント

    「3C分析」とは以下の3つの視点を軸として、さまざまな事柄を導き出すフレームワークのことを言います。 ・顧客(Customer):市場と顧客のニーズはどのように変化しているのか ・競合(Competitor):競合は環境の変化に対して、どのように応じているのか ・自社(Company):顧客と競合の動きを踏まえ、自社が成功できる要因はどこにあるのか 3C分析により、どのような事業展開が市場や顧客に合っているのかが分かり、競合他社との差別化や優位性のポイントを見つけることができます。 また、自社と外的要因の関係性を明らかにして、自社の強みや弱みを把握すれば、効率的なマーケティング戦略の組み立てや事業の成功要因(KSF)の発見にも役立ちます。 このような分析をする際に役立つのが、こちらの「3C分析表」です。 本テンプレートはGoogleドキュメントで作成しており、無料でダウンロードすることができます。自社の戦略の策定に、本テンプレートをご活用いただければと思います。

    - 件
  • 4C分析表【グリーン】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・PowerPoint

    4C分析表【グリーン】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・PowerPoint

    4C分析表【グリーン】PowerPoint版は、ビジネスにおける戦略の洞察を得るための効率的なツールです。この手法は、自社の「顧客価値(Customer Value)」「コスト(Cost)」「利便性(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」の4つの要素を考慮して自社を評価します。新規プロジェクトや既存ビジネスの見直しを行う際に、4C分析は重要な基準となるフレームワークです。 この分析法は、顧客の視点から商品やサービスの開発に取り組むことを強調します。4C分析を活用することで、まずは顧客のニーズを把握し、それに基づいて自社が提供できる範囲内での解決策を検討します。これにより、新規開発の成功率を高め、企業全体の確度を向上させることが可能となります。 さらに、新規開発のみならず、付加価値の提案にも利用できます。市場環境の変化に対応するためには、既存の商品やサービスのアプローチを逐次更新し、進化させることが求められます。また、競合他社との差別化を図る際にも、この分析法は有効です。 グリーンを基調にしたこのPowerPoint版の4C分析表は、視覚的に理解しやすく、清々しい印象を与えます。 このテンプレートは無料でダウンロードできますので、是非ご活用ください。

    - 件
  • PEST分析_2

    PEST分析_2

    ・PEST分析のデザインテンプレートです。 ・当該企業の関連する業界のメガトレンドを記述する際に使用します。 ・・Politics/政治:法規制や、関税・貿易協定の状況など ・・Economy/経済:景気動向や為替の強弱、経済成長(、GDP)成長率など ・・Society/社会:年齢構成や文化・社会慣習、ライフスタイルなど ・・Technology/技術:現在注力している技術分野や特許取得状況、技術提携の状況など ※既にご提供しているテンプレートの別スタイルバージョンとなります。

    - 件
  • オズボーンのチェックリスト法・Excel

    オズボーンのチェックリスト法・Excel

    次の9つの視点に基づいてアイデアを生み出す思考方法(フレームワーク思考)を、「オズボーンのチェックリスト法」と言います。 ・転用できないか(例:ほかに使い道はないか) ・応用できないか(例:ほかからアイデアを借りることはできないか) ・変更できないか(例:意味や色、動きなどを変えられないか) ・拡大できないか(例:より高く、または長くしたらどうか) ・縮小できないか(例:より低く、または短くしたらどうか) ・代用できないか(例:ほかの素材や材料は使えないか) ・再配置できないか(例:ほかのレイアウトや順序にできないか) ・逆転できないか(例:役割を逆にしたらどうか) ・結合できないか(例:作業を組み合わせたらどうか) オズボーンのチェックリスト法は、ゼロから物事を考えるよりも、効率的にアイデアを生み出すことが可能で、アメリカの実業家であり、ブレインストーミングを編み出したことで知られる「アレックス・F・オズボーン」が考案したと言われています。 こちらは無料でダウンロードすることができる、オズボーンのチェックリスト法の利用時に役立つ、Excel版のテンプレートです。自社でアイデア出しが必要なときなどに、ご活用ください。

    - 件
  • PPM分析(バブル)・Word

    PPM分析(バブル)・Word

    PPM分析(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント分析)とは、経営戦略を立てる際に利用されるフレームワークであり、どの事業活動に投資をするのかを判断する際に役立ちます。 市場成長率と相対的マーケットシェア(市場占有率)から、事業活動、自社の商品やサービスを4つのポジション(花形・金のなる木・問題児・負け犬)に分類し、事業活動の将来性を判断します。 こちらはWordで作成した、バブルチャートを採用したPPM分析のテンプレートです。 本テンプレートは無料でダウンロードすることができるので、自社のビジネスにお役立ていただけると幸いです。

    - 件
  • 4C分析表【グリーン・グレー】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・PowerPoint

    4C分析表【グリーン・グレー】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・PowerPoint

    4C分析表【グリーン・グレー】Excel版は、自社の戦略を客観的に見直すための有効なツールです。「顧客価値(Customer Value)」「コスト(Cost)」「利便性(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」の4つの視点から自社を評価することで、新規事業や既存事業の改良の方向性を見つけることが可能です。 4C分析を使用することで、顧客ニーズに基づいた商品・サービスの開発が可能になります。具体的には、まず顧客ニーズを深堀りし、それに対応するために自社が提供可能な解決策を検討します。これを新規開発の原点とすることで、事業成功の確度を上げることが期待できます。 さらに、新規開発だけでなく、既存商品・サービスの付加価値提供にも役立ちます。市場の変動や競合状況の変化に対応して、事業のアプローチを時々見直す必要があります。その際にも、4C分析は価値ある意見を提供します。 本書式は、安定感のあるグリーンと落ち着いたグレーの色合いが特徴的な、4C分析表のExcel版です。 このテンプレートは無料でダウンロード可能です。ぜひ活用してみてください。

    - 件
  • 4C分析表【グリーン・グレー】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・Excel

    4C分析表【グリーン・グレー】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・Excel

    4C分析表【グリーン・グレー】Excel版は、マーケティング戦略の策定に非常に有効なツールです。4Cとは、「顧客価値(Customer Value)」「コスト(Cost)」「利便性(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」の頭文字を表しており、これを用いて自社を全面的に評価するためのフレームワークを提供します。特に新規事業の立ち上げや既存事業の改善の際に活用されます。 4C分析を利用すれば、商品・サービス開発を顧客視点から進めることが可能となります。まずは顧客のニーズを詳細に分析し、それに基づいて自社が取り組むことが可能なアイディアを選定し、それを新規開発につなげることで、成功の可能性を向上させることが可能です。 また、新商品やサービスの開発だけでなく、既存の商品やサービスの付加価値を考える際にも役立ちます。商品やサービスがリリースされた後の経過時間に伴い、取り組み方を変えていくことが求められます。このような場面で4C分析を活用すれば、競合他社との差別化を図るための視点を見つけ出すことができます。 本書式は、落ち着きのあるグリーンを基調に、クールなグレーをアクセントとした4C分析表のExcel版です。 このテンプレートは無料でダウンロードが可能です。是非ともご利用ください。

    - 件
  • 4C分析表【グレー】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・Excel

    4C分析表【グレー】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・Excel

    4C分析は、マーケティング戦略の立案に使われる分析手法であり、 「顧客価値(Customer Value)」「コスト(Cost)」「利便性(Convenience)」「コミュニケーション(Communication)」の頭文字を取った用語です。新規事業を始める際や、既存事業の見直しの際に、自社を客観的に判断できるフレームワークとして活用されています。 4C分析では、顧客視点の商品・サービス開発に重点が置かれます。4C分析でまず顧客のニーズを分析した後に、自社で実現可能な範囲のアイディアを採用し、新規開発に結びつけることで、成功率や確度を高めることができます。 また、商品やサービスの新規開発だけではなく、付加価値の検討にも活用できます。既存商品やサービスはリリースからの時間の経過に伴い、アプローチの方法を変化させていく必要があるからです。さらに、競合他社との差別化ポイントを見つける際にも役立ちます。 本書式は、グレーをベースカラーにした4C分析表のExcel版です。 テンプレートは無料でダウンロードが可能なので、ぜひご利用ください。

    - 件
  • 重点事業領域の転換(PPM:プロダクトポートフォリオマネジメント)

    重点事業領域の転換(PPM:プロダクトポートフォリオマネジメント)

    複数の事業を持つ企業において、事業を成長率と占有率の観点から分類するテンプレートです。 企業の重点事業領域を提案する際にご活用いただけます。 応用編として、個人や組織(企業に限らず)の得意分野と苦手分野の取捨選択を行う場合にも ご活用いただけます。

    - 件
  • SMARTの法則【目標設定】・Word

    SMARTの法則【目標設定】・Word

    Specific(具体的な)・Measurable(測定可能な)・Achievable(達成可能な)・Relevant(関連した)・Time-bound(期限を定めた)の5つの要素に基づいて目標設定を行うフレームワークを「SMART(スマート)の法則」と言います。「SMART」は、5つの要素の頭文字から取ったものです。 従業員の人事評価においては、目標がどの程度達成しているのかが重視される傾向がありますが、その基準があいまいな場合、評価者の主観が反映されてしまう恐れもあります。この点、SMARTの法則に基づいて目標設定を行えば、達成までの行動が具体的になり、客観的な評価ができるようになります。 また、客観的な評価ができる目標を設定することにより、従業員が高いモチベーションを持って、主体的に仕事に取り組めるようにもなります。 こちらは、Wordで作成したSMARTの法則のテンプレートです。無料でダウンロードすることができるので、自社での目標設定時にご活用ください。

    - 件
  • 4P分析表【グリーン】(商品やサービス、価格などの4つの視点から自社商品やサービスの現状を分析するための書式)・PowerPoint

    4P分析表【グリーン】(商品やサービス、価格などの4つの視点から自社商品やサービスの現状を分析するための書式)・PowerPoint

    ビジネスの4つの要素「製品・サービ」「価格」「流通」「販売促進」を核とした4P分析を具現化します。グリーンカラーで統一されたこの4P分析表は、製品計画、価格戦略、配布ネットワーク、プロモーション活動の評価と最適化に資するものです。4C分析とは異なり、4P分析は製造者やサービス提供者の視点からの検討を促し、効果的なマーケティングプラン作成に役立ちます。PowerPointテンプレート版ですので、無料ダウンロードをご利用ください。

    - 件
  • 4C分析表【オレンジ】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・Excel

    4C分析表【オレンジ】(顧客価値、コストなどの4つの視点から自社を判断するための書式)・Excel

    4C分析表【オレンジ】Excel版は、企業の内外を総合的に把握し、自社の立場を明確にするのに便利なツールです。顧客価値、コスト、利便性、そしてコミュニケーションの4つの視点から自社を判断し、戦略を描くのに必要な情報を整理することができます。 Excelの操作性の良さを活かし、個別のデータを容易に追加、修正することができるのがこのテンプレートの主なメリットです。その結果、より柔軟かつ高度な分析が可能になり、ビジネス戦略の精度を向上させることができます。 また、商品やサービスの新規開発はもちろん、既存のサービスや商品の価値付加の検討、さらには競合他社との差別化を図るための洞察を得るのにも使えます。 オレンジを基調とした視覚的に魅力的なデザインは、情報を直感的に理解しやすくします。この分析表を用いることで、自社の戦略立案やビジネスモデルの改善に新たな視点をもたらすことでしょう。 今すぐ無料でダウンロードして、4C分析表【オレンジ】Excel版を活用してみてください。

    - 件
  • 3C分析

    3C分析

    ・標準的な3C分析のテンプレートです。 ・経営企画、マーケティング、事業提案のプレゼンの際に活用できるのみならず、ビジネスを3C観点でブレインストーミングしたたい際などにも効果を発揮します。 ・例えば、毎週土日に必ず1企業について本テンプレートを作成するといった特訓をすると、企業や所属業界を戦略的に見る視座が身に付きます。

    - 件
  • 新商品開発フレームワーク(ディスカッション・進捗管理)

    新商品開発フレームワーク(ディスカッション・進捗管理)

    新商品開発を 事業開発フレームワークに準じてロジカルに進めるためのフレーム枠です。 進捗が構造化されているため、以下のメリットがあります。 ・チームメンバーで分担して進めることができる ・新規メンバー参画時も、迅速にキャッチアップできる ・スケジュール管理が容易 ・これまでの議論を構造的に残しつつ、積み上げ式でスケジュールを着実に進めていくことが可能

    - 件
  • オズボーンのチェックリスト法・PowerPoint

    オズボーンのチェックリスト法・PowerPoint

    オズボーンのチェックリスト法とは、次の9つの項目に答える形でアイデアを生み出すフレームワーク(思考方法)のことを言います。 ・転用できないか(例:ほかに使い道はないか) ・応用できないか(例:ほかからアイデアを借りることはできないか) ・変更できないか(例:意味や色、動きなどを変えられないか) ・拡大できないか(例:より高く、または長くしたらどうか) ・縮小できないか(例:より低く、または短くしたらどうか) ・代用できないか(例:ほかの素材や材料は使えないか) ・再配置できないか(例:ほかのレイアウトや順序にできないか) ・逆転できないか(例:役割を逆にしたらどうか) ・結合できないか(例:作業を組み合わせたらどうか) オズボーンのチェックリスト法は、ブレインストーミングを編み出したことで有名なアメリカの実業家である「アレックス・F・オズボーン」が考案したと言われています。 このフレームワークを利用することで、ゼロから物事を考えるよりも、効率的にアイデアを生み出せるというメリットがあります。 こちらはPowerPointで作成した、オズボーンのチェックリスト法を利用するときに役に立つテンプレートです。無料でダウンロードすることができるので、自社で何か企画をする際などに、ご利用いただければと思います。

    - 件
  • PMI法・PowerPoint

    PMI法・PowerPoint

    「PMI法」とは、アイデアを評価(分析)する際に役立つフレームワークであり、「メリット(PLUS)」「デメリット(MINUS)」「気になること(INTEREST)」の3つの観点で評価を行います。なお、「PMI」とは3つの観点の頭文字を取ったものです。 PMI法は新たにアイデアを出すときに利用されるフレームワークというよりは、ブレインストーミングやディスカッションを重ねて出たアイデアを評価する際に利用されるものになります。そのため、PMI法自体がアイデアを発想するためのものではない点には、注意が必要です。 ただし、場合によってはすでに出ているアイデアを評価する過程で、新たなアイデアが出てくるという効果も期待できます。 こちらはPowerPointで作成した、PMI法を利用する際に役に立つテンプレートです。無料でダウンロードすることができるので、自社内で既存のアイデアを評価(分析)する際にご利用ください。

    - 件
  • SWOT分析表【クロス】・Google ドキュメント

    SWOT分析表【クロス】・Google ドキュメント

    事業計画やマーケティング計画を立てるにあたって、自社の現状を把握するためのフレームワークがSWOT分析です。そして、SWOT分析を行う際に役に立つのが「SWOT分析表」です。 SWOTとは、「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4つの要素の頭文字を取ったものです。4つの要素はさらに、強みや弱みといった「内部環境(要因)」と、機会や脅威といった「外部環境(要因)」に分けられます。 SWOT分析により、視覚的に自社の現状把握が可能になり、事業計画やマーケティング計画の策定を行うことができます。また、既存事業の改善点や、新規事業の将来的なリスクを見つけることにも役に立ちます。 こちらは、Googleドキュメント版のSWOT分析表のテンプレートであり、4つの要素を掛け合わせたクロス分析が可能です。 自社の事業戦略やマーケティング計画に、無料でダウンロードできる本テンプレートをご活用ください。

    - 件
  • 外資系コンサルのスライド作成術【マトリクスで複数要素の時間軸の変化を表現する】

    外資系コンサルのスライド作成術【マトリクスで複数要素の時間軸の変化を表現する】

    IBMのガースナー改革を概観する際に使用されたスライドです ■活用ケース:複数の要素の時間軸での変化を明確に示したい場合 ■活用テクニック:縦横のマトリクス

    - 件
  • PMI法・Excel

    PMI法・Excel

    「メリット=良い点(PLUS)」「デメリット=悪い点(MINUS)」「気になること=興味深い点(INTEREST)」の3つの観点から、既存のアイデアを評価するフレームワークが「PMI法」です。 PMI法はブレインストーミングやディスカッションを経て出た、アイデアを評価する際に主に利用され、それ自体がアイデアを発想するためのものではないという点には注意が必要です。 ただし、既存のアイデアを評価する過程で、新しいアイデアを発見するという効果も期待できるので、役に立つフレームワークと言えます。 こちらはPMI法を利用する際に役立つ、Excel版のテンプレートです。自社内でアイデアを評価する際には、無料でダウンロードすることができる本テンプレートをお役立てください。

    - 件
  • 外資系コンサルのスライド作成術【複数の面積図を組み合わせて全体像を可視化する】

    外資系コンサルのスライド作成術【複数の面積図を組み合わせて全体像を可視化する】

    組織診断の結果を伝達する際に使われたスライドです ■活用ケース:二つの指標の組み合わせ結果を、並列で示したい場合 ■活用テクニック:面積図のマトリクス配置

    - 件

カートに追加しました

カートを見る

新着特集