カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
契約書
利用規約
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

【改正民法対応版】セミナー受講規約

/3

セミナーを開催する際、受講者との間で契約条件となる「セミナー受講規約」雛型です。 損害賠償義務を受講料を上限とすること等、開催者側に可能な限り有利な内容としております。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(契約の成立) 第2条(拒否事由) 第3条(役務の提供及び対価の支払) 第4条(本セミナーの実施場所・形態) 第5条(セミナー期間) 第6条(キャンセル時の返金不可) 第7条(代替セミナーの取り扱い) 第8条(損害賠償) 第9条(申込者の遵守義務) 第10条(知的財産権) 第11条(保証) 第12条(債務不履行による契約解除) 第13条(不可抗力による免責事項) 第14条(協議事項) 第15条(管轄条項)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正民法対応版】講義等の業務委託及びその映像等の使用に関する同意契約書(委託者有利版)

    【改正民法対応版】講義等の業務委託及びその映像等の使用に関する同意契約書(委託者有利版)

    「講演イベント・講義・対談」を業務委託すること、また、その成果物としての肖像権を含む映像も使用すること。この2点に関する合意及び受託者の同意を得るための「【改正民法対応版】講義等の業務委託及びその映像等の使用に関する同意契約書(委託者有利版)」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(契約内容) 第2条(報酬) 第3条(有効期間) 第4条(著作権等) 第5条(保証等) 第6条(譲渡の禁止) 第7条(再委託) 第8条(秘密保持) 第9条(損害賠償責任) 第10条(反社会的勢力の排除) 第11条(契約解除) 第12条(肖像権) 第13条(存続事項) 第14条(協議事項) 第15条(管轄裁判所)

    - 件
  • 取材依頼書

    取材依頼書

    「取材依頼書」は、取材を依頼する際の書式としてお使いいただけます。このテンプレートを使用することで、取材の目的、日時、場所などの詳細を明確に伝えることができます。 依頼書テンプレートを使うことで、求める情報や内容を具体的に伝えることができ、相手方も準備を整えやすくなります。また、双方の期待値を明確にすることで、取材結果の質を向上させることが期待できます。無料ダウンロード可能なので、取材を希望する際に是非とも活用してください。

    5.0 1
  • 事務所移転の通知002

    事務所移転の通知002

    「事務所移転の通知002」のご案内です。新しい事務所への移転をお知らせするための通知書をご提供いたします。営業事務所の移転に関する重要な情報を簡潔に伝える書式をご提供いたします。移転の詳細や影響について的確な情報を提供することで、円滑なプロセスとお客様との連絡を確保するお手伝いができます。このテンプレートを使用して、大切なお知らせを的確に伝える手段としてご活用いただければ幸いです。

    - 件
  • 嘱託パート雇用契約書

    嘱託パート雇用契約書

    嘱託・パート社員雇用契約書のテンプレート書式です。雇用期間や基本給、業務内容、就業時間等の取り決めを細かく行う契約書です。事前にきちんと確認して齟齬のない契約内容にしてください。嘱託・パート社員雇用契約書のテンプレート書式です。

    - 件
  • 出荷通知書001

    出荷通知書001

    「出荷通知書001」は、取引先へ出荷された商品情報を伝達する文書としての役割を持っています。この通知書は納品書の代替品としてではなく、取引先に出荷の連絡を行うための独自の書類です。具体的には、ビジネスの中で複数の取引が行われる際や、出荷の状況を明確に伝える必要があるシーンで使用されます。出荷の情報をきちんと伝達することで、取引の混乱を防ぎ、取引先との関係をより円滑にすることができます。また、似た目的で使われる着荷通知書は、受け取った商品の確認を取引先へ伝えるための書類です。これらの通知書を適切に使用することで、取引における信頼と透明性が増します。この文書の書式を活用し、確実なコミュニケーションを目指しましょう。

    - 件
  • 【改正民法対応版】マンション売買契約書

    【改正民法対応版】マンション売買契約書

    まず、売買契約は、買主には代金の支払義務と目的物を引き渡してもらう権利があり、売主には代金を受け取る権利と目的物を引渡す義務があります。 そして、マンションは区分建物であるため、区分所有法により、土地と建物を一体として売買の対象とすると定められておりますので、土地と建物を切り離して売買することができません。 本書式は、上記に基づきマンションを売買するための「【改正民法対応版】マンション売買契約書」の雛型書式です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 なお、契約に定める基本的項目は、次のとおりしており、また本書式では、住宅ローンの承認を得られない場合、自動的に売買契約が解除されると定めています。 (1)売買金額、その支払の時期及び方法 (2)引渡し時期 (3)所有権移転登記申請の時期 (4)契約の解除に関する定め (5)損害賠償額の予定又は違約金に関する定め (6)公租公課の負担に関する定め。 条文タイトルは以下の通りです。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(売買代金及び支払い) 第3条(手付金) 第4条(所有権等移転の時期) 第5条(引渡し) 第6条(所有権等移転登記の申請) 第7条(付帯設備の引渡し) 第8条(消除義務) 第9条(印紙代の負担) 第10条(公租公課の負担) 第11条(収益の帰属・負担金の分担) 第12条(手付解除) 第13条(引渡し前の滅失・損傷) 第14条(契約違反による解除) 第15条(ローン特約) 第16条(契約不適合責任) 第17条(諸規約の承継) 第18条(手数料) 第19条(協議事項) 第20条(合意管轄) 第21条(特約条項)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×