カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
経営・監査書式
会社設立・法人登記
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

別紙(登記申請)

/1

登記申請における添付資料に必要な別紙です。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • (取締役1名のみの株式会社の設立時における)定款

    (取締役1名のみの株式会社の設立時における)定款

    定款とは、株式会社の設立時に設立者が定める、会社の組織・運営に関する規約のことです。 株式会社の設立にあたっては、必ず定款を作成し、公証人に認証してもらう必要があります。定款には、会社名、本店所在地、目的、資本金、株式数、取締役の任期や権限、株主総会の開催方法や議決権の割合、監査役の有無や任期、株主の権利や義務など、会社の運営に必要な事項が記載されます。 取締役1名のみの株式会社の場合、定款にはその取締役の氏名や住所、就任時期、権限範囲、報酬、解任手続きなどが明記されます。また、取締役が欠けた場合の後任者の選任方法についても定められることがあります。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(商  号) 第2条(目  的) 第3条(本店の所在地) 第4条(公告方法) 第5条(発行可能株式総数) 第6条(株券の不発行) 第7条(株式の譲渡制限) 第8条(相続人等に対する株式の売渡し請求) 第9条(株主名簿記載事項の記載等の請求) 第10条(質権の登録及び信託財産の表示) 第11条(株主の住所等の届出) 第12条(株式の割当てを受ける権利等の決定) 第13条(基 準 日) 第14条(招  集) 第15条(招集手続の省略) 第16条(招集権者及び議長) 第17条(決議の方法) 第18条(取締役の員数) 第19条(取締役の選任) 第20条(取締役の任期) 第21条(取締役及び社長) 第22条(報 酬 等) 第23条(事業年度) 第24条(剰余金の配当等) 第25条(設立に際して出資される財産の最低額) 第26条(成立後の資本金の額) 第27条(最初の事業年度) 第28条(設立時の役員) 第29条(発起人の氏名又は名称及び住所、割当てを受ける設立時発行株式の数等) 第30条(規定外事項)

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(発起設立による株式会社の基本的事項を合意する場合の)発起人全員の同意書

    【改正会社法対応版】(発起設立による株式会社の基本的事項を合意する場合の)発起人全員の同意書

    「【改正会社法対応版】(発起設立による株式会社の基本的事項を合意する場合の)発起人全員の同意書」の雛型です。 原則、会社成立後の株式会社の資本金及び資本準備金の額について定める必要があります。また、発起人同意書に押印する印鑑についての定めはありませんので認印を使用してかまいません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 新会社法モデル登記書式セット「商号変更(本支店一括登記)」_臨時株主総会議事録

    新会社法モデル登記書式セット「商号変更(本支店一括登記)」_臨時株主総会議事録

    臨時株主総会の開催された日時・場所、経過および結果について記録しておくための書類

    - 件
  • 定款06

    定款06

    「定款06」は、株式会社の基本的な方針や取り決めを明文化した公式文書の一つです。このドキュメントには、会社の名前、目的、本店の所在地、資本金の額、取締役の数や任期、株主総会の開催方法といった基礎情報が詳細に記載されています。これは、企業が社会的責任を果たすための基盤となる重要な書類であり、会社を運営する上でのガイドラインとして機能します。簡易版として提供されるこの「定款06」は、特に新しく事業を始める企業や小規模な会社にとって、必要最低限の情報のみをシンプルにまとめた形で存在しており、わかりやすく効率的な内容が特徴です。これにより、スムーズな事業運営や経営判断の補助となります。

    - 件
  • 新会社法モデル定款「非公開会社(取締役会非設置)」_定款モデル

    新会社法モデル定款「非公開会社(取締役会非設置)」_定款モデル

    非公開会社(取締役会非設置)の組織や運営方法など会社の基本的なルールを定めた書類

    - 件
  • NPO法人清算結了登記申請書

    NPO法人清算結了登記申請書

    「NPO法人清算結了登記申請書」は、特定非営利活動法人(NPO法人)の清算が結了した際に、清算人が提出する必要がある公的な書類です。特定非営利活動促進法によって設けられたNPO法人は、市民による自由な社会貢献活動を健全に発展させるための制度であり、清算結了登記はその活動終了の手続きとして不可欠です。 法人格の有無が団体の取引の有効性や信頼性に影響を与えるため、その終了も適切に公に通知することが求められます。そのために「NPO法人清算結了登記申請書」が必要となるのです。具体的には、NPO法人の活動が何らかの理由で終了し、その財産の分配や清算が完了した際、最後のステップとしてこの申請書を提出します。 提出することで、NPO法人の存在が法的に終了し、その結果が公に記録され、必要な場合には誰でも確認することができます。この申請書は、NPO法人が組織としての義務を完全に終えるための重要なツールであり、公正さと透明性を保証します。したがって、「NPO法人清算結了登記申請書」の適切な使用は、市民に対する信頼性を維持し、法人の終了を円滑に進めるために重要です。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×