カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
企画書
プレゼン資料・プレゼンテーション資料
調査・分析
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

現状調査(競合他社とのサービス比較)02(Red)

/1

「現状調査(競合他社とのサービス比較)02」のパワーポイントテンプレートは、ビジネスの現場での競合分析や市場調査の際に役立ちます。 主要な3つの項目を中心として(例:価格、品質、サポートなど)、各サービスの特長や違いを明確に示すことができるレイアウトで、自社のサービスと競合他社のサービスを整理・比較できます。 このような比較分析は、戦略の策定や提案の際に、強みや弱みを明確に示す上で欠かせない情報となります。 企画書や提案書の作成において、自社のサービスの位置付けや強み、競合との差別化要因を示すための参考フォーマットとしてご利用ください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • デザインテンプレート(パープル)04

    デザインテンプレート(パープル)04

    「デザインテンプレート(パープル)04」は、魅力的な紫色を基調としたパワーポイント用のテンプレートです。紫で彩られた周囲の表紙と、紫陽花をイメージしたコンテンツ部分で構成され、さらに2シート分のデザインテンプレートも含まれています。このテンプレートは無料でダウンロードできます。プロフェッショナルな外観と使いやすさを兼ね備え、プレゼンテーションや資料作成に最適です。新鮮なデザインで、プロジェクトを一層際立たせましょう。

    - 件
  • 組織図(横)01(Blue)

    組織図(横)01(Blue)

    こちらは、PowerPointで作成した「組織図」のテンプレート(ブルーVersion)になります。 横のレイアウトを採用したこちらの組織図は、役職・担当者名を記載するシンプルな構成となっています。 アクセントのブルーが目を引くこちらの組織図、無料でダウンロードをすることができます。自社の組織に合わせて、カスタマイズしてご利用いただければ幸いです。

    3.0 1
  • 本事業の概要01(Blue)

    本事業の概要01(Blue)

    「本事業の概要01(Blue)」は、青を主体とする清潔感のあるデザインのパワーポイントテンプレートです。このテンプレートを活用することで、事業の基本情報、例えば事業名やターゲット、メリットといった基本情報に加え、必要に応じて情報を追加して整理することが可能です。特に新事業の立ち上げや既存事業の再整備の際、関係者やチーム内でのアイディア共有、外部のステークホルダーへの説明会において、事業概要を一目で理解しやすい資料として役立ちます。

    - 件
  • Yes/Noチャート00(Navy)

    Yes/Noチャート00(Navy)

    施策を決定する際に用いる紺色を基調とした、パワーポイントのテンプレート書式です。行うべき施策が決定しない場合にお使いください。また、企画書等の資料作成時に参考としてお使いください。ダウンロードは無料です。

    - 件
  • オートシェイプ せん孔テープ (パターン角度) (ネイビー)

    オートシェイプ せん孔テープ (パターン角度) (ネイビー)

    「オートシェイプ せん孔テープ (パターン角度) (ネイビー)」は、特にデータの可視化が求められるシチュエーションで貴重なオートシェイプ素材です。たとえば、古いデータストレージメソッドを現代のテクノロジーと比較する際のプレゼンテーションや、テクノロジーの歴史に関するドキュメンタリー作成などに活用できます。また角度の調整が可能であり、視覚的なインパクトを高めることができるでしょう。ダウンロードは無料です。

    - 件
  • オートシェイプ 強調線吹き出し01(枠付き) (サイズ・線・透過性)(グレイ)

    オートシェイプ 強調線吹き出し01(枠付き) (サイズ・線・透過性)(グレイ)

    プレゼンテーションやドキュメント作成時に役立ちます。このツールは、異なるサイズや線の種類を使用して情報を強調表示することができます。さらに、透過性のある素材は、背景と一体化しながらも注目点を強調することができます。これは、視覚的な混雑を避けるための効果的な手段であり、読者が主要な情報に集中できるよう助けます。パワーポイント、エクセル、ワードなどのオフィスツールで利用でき、資料作成の効率と効果を向上させることが可能です。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×