カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
社内文書・社内書類
許可書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

副業許可申請書(副業・兼業許可申請書)・Excel

/1

「副業許可申請書(副業・兼業許可申請書)・Excel」は、副業が許可されている企業において、社員が提出する申請書のExcel書式事例です。 副業において、従業員が自社以外の組織で働く際には、社内の機密情報や個人情報などの漏洩リスクにも十分に留意が必要です。 申請書の提出によって、社員の外部への流出や人材の流出リスクを軽減する効果も期待できます。 また、従業員の過度な労働時間を抑制することも期待されます。 副業による追加の労働時間が増加することで、結果的に従業員の長時間労働が引き起こされることが懸念されます。 これによって従業員の健康が損なわれる可能性だけでなく、仕事への集中力や品質にも悪影響を及ぼすリスクが存在します。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
1人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【働き方改革関連法対応版】時間外勤務許可申請書・時間外勤務報告書

    【働き方改革関連法対応版】時間外勤務許可申請書・時間外勤務報告書

    36協定の締結及び届け出が行われている場合、会社は従業員に法定労働時間を超えて残業を行わせることができます。そのような場合において、会社としては従業員の残業時間を36協定に定められた時間に収める必要があり、それを超えた場合、会社が労働基準法違反として責任を問われることになってしまいます。 従業員の残業時間を会社がコントロールしようとする場合、事後にタイムカードを見て指導するのではすでに遅い場合が多く、原則残業禁止とし、会社が行った命令、または従業員に残業申請書を提出させ、許可を行ったもののみ承認し、後日に報告書を提出させる取り扱いが望ましいといえます。 本書式は、上記の取扱いを実行するための「【働き方改革関連法対応版】時間外勤務許可申請書・時間外勤務報告書」の雛型です。 「時間外勤務許可申請書」と「時間外勤務報告書」のセットです。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2019年4月1日施行の働き方改革関連法対応版です。

    - 件
  • 販売予測_01_建設業

    販売予測_01_建設業

    過去3年の実績から販売を予測するExcel(エクセル)システム。A4横(建設業向け)

    - 件
  • 出張申請書(罫線版)・Word

    出張申請書(罫線版)・Word

    出張申請書とは、業務において出張が必要となった場合に、その承認を得るための申請の際に提出する書類です。出張の期間や目的、訪問先などの詳細について、具体的に記載します。 原則として、出張は会社の業務命令によるものなので、上司や決裁権者の承認なしに行うことはできません。そして、業務命令による出張ではないと税務署に判断されると、出張費は経費として認められないなどの不利益があります。 この点、上司や決済者の承認を得た出張申請書があれば、正式な業務命令による出張の証拠となります。そのため、出張申請書を作成することは重要だと言えます。 こちらはWordで作成した、罫線版の出張申請書です。無料でダウンロードできるので、ご利用いただけると幸いです。

    - 件
  • マイカー通勤使用登録申請書

    マイカー通勤使用登録申請書

    マイカー通勤使用登録申請書とは、通勤に私有車を使用することを申請するための書類

    - 件
  • 療養補償給付たる療養の給付請求書_業務災害用(東京労働局配布版)

    療養補償給付たる療養の給付請求書_業務災害用(東京労働局配布版)

    業務上負傷し又は疾病にかかった被災者が、療養の給付を受けようとするときに提出する請求書式です。これは労災保険給付関係様式テンプレート(東京労働局配布版)です。 【本書式は登録時点の法令仕様に基づいています。】

    - 件
  • 【全建統一様式 第1号-甲-別紙】外国人建設就労者等建設現場入場届出書 改訂5版対応

    【全建統一様式 第1号-甲-別紙】外国人建設就労者等建設現場入場届出書 改訂5版対応

    全建統一様式第1号の甲の別紙のExcel版です。外国人就労関係が追加記載が義務付けられた、2021年4月改訂5版の対応内容となっています。 この届出書の対象者は、建設分野の技能実習を修了し、技能実習に引き続き国内に在留し、又は一旦本国へ帰国した後に再入国し、建設業務に従事する「外国人建設就労者(在留資格:特定活動)」の方だけが対象です。 例えば定住者や技能実習生の方については、本届出書を提出する必要はありません。

    5.0 1
  • 新着特集