カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
契約書
解約通知書・契約解除通知・契約解除合意書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

商品が偽物だった場合の契約解除(民法改正対応)

/2

「商品が偽物だった場合の契約解除(民法改正対応)」テンプレートは、契約した商品が偽物であることが明らかになったことを理由に、真正な商品との交換を要求するか、交換が難しい場合は契約を解除し、購入代金の返金を求めるために使用します。2020年4月の民法改正に基づき、適切な法的手続きを確保します。最新の情報や詳細については、弁護士等にご相談することをお勧めいたします。ご利用いただくことで、消費者の権利を保護し、公正な解決を促進できます。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • サービス終了のお知らせ(シンプル版)・Word

    サービス終了のお知らせ(シンプル版)・Word

    「サービス終了のお知らせ」とは、企業が特定のサービスを終了する際、事前に利用者にその旨を伝えるために作成する書類です。 サービスの終了を事前に伝えることによって、利用者は代替サービスへの移行やデータのバックアップなど、適切な対策を講じることができるため、影響を最小限に抑えられるというメリットがあります。 こちらはシンプルなレイアウトを採用した、サービス終了のお知らせのテンプレートです。無料でダウンロードすることができるので、お役立ていただけると幸いです。

    - 件
  • 【改正民法・改正意匠法対応】意匠権通常実施許諾契約書(非独占的許諾)

    【改正民法・改正意匠法対応】意匠権通常実施許諾契約書(非独占的許諾)

    通常実施権とは、登録意匠の実施許諾契約により定めた範囲内において、業として登録意匠を実施することのできる権利です。専用実施権とは異なり、独占的な通常実施権とするか非独占的な通常実施権とするかなど、実施権の具体的な内容を実施許諾契約において定めることができます。 本書式は、「非独占的許諾」の契約書です。(「独占的許諾」の書式は別途ご用意しております。) また、通常実施権は、実施許諾契約により発生し、登記は効力要件ではあリません。通常実施権許諾契約における注意点は、特許権に関する「通常実施権許諾契約」の場合とほぼ同様となリます。 なお、意匠権の専用実施権設定の場合と異なり、通常実施権の許諾の場合、関連意匠全てを対象とする必要はなく、本意匠のみ、関連意匠のみを実施許諾の対象とすることも、また一部の関連意匠のみ実施許諾の対象とすることもできます。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法及び改正意匠法に対応しております。 〔条文タイトル〕 第1条(定義) 第2条(実施許諾) 第3条(見本の提出) 第4条(製造の委託・下請) 第5条(実施対価) 第6条(ロイヤルティの計算及び報告) 第7条(帳簿等の保管・検査) 第8条(意匠の変更) 第9条(実施登録) 第10条(不争義務) 第11条(侵害の排除) 第12条(有効期間) 第13条(解除) 第14条(期限の利益の喪失) 第15条(権利義務の譲渡禁止) 第16条(協議) 第17条(管轄)

    - 件
  • 特許権専用実施権設定契約書

    特許権専用実施権設定契約書

    特許権専用実施権設定契約書を掲載しました。

    - 件
  • 【改正民法対応版】VAR契約書

    【改正民法対応版】VAR契約書

    VARとは、Value Added Reseller(付加価値再販売業務、付加価値再販業者)を省略した名称です。そして、VAR契約と言う場合、上記のVAR(付加価値再販売)を行うことを約する契約のことです。 例えば、基礎となるソフトウェアをベースに更に顧客のニーズに沿った開発を行った上で販売するといった契約がVAR契約に該当します。本書式は、当該「VAR契約書」の雛型です。 なお、プログラムはその特質としてバグといわれるプログラムミスが不可避的に発生するものですから、契約不適合責任の制限や被害の免責等について必ず定めてあります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(定義) 第3条(VARに関する甲の義務) 第4条(乙の義務) 第5条(納入責任) 第6条(プロダクトの提供方法) 第7条(報告) 第8条(技術サービス) 第9条(技術サービス料) 第10条(対価の支払) 第11条(遅延損害金) 第12条(租税公課) 第13条(秘密保持) 第14条(従業員に対する措置) 第15条(保証条項) 第16条(乙の責任の範囲) 第17条(解除) 第18条(契約期間) 第19条(返還) 第20条(契約の変更) 第21条(協議) 第22条(合意管轄)

    - 件
  • 【改正民法対応版】ネイルサロン運営業務委託契約書

    【改正民法対応版】ネイルサロン運営業務委託契約書

    この「【改正民法対応版】ネイルサロン運営業務委託契約書」の雛型は、ネイルサロンのオーナーが、個人事業主(フリーランス)のネイリストに店長としての業務を委託する際に使用できる契約書の雛型です。 この雛型は、ネイルサロンの運営形態に合わせて、柔軟にカスタマイズ可能です。必要に応じて条項の追加や修正を行って頂ければと存じます。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(委託業務の内容) 第3条(報告義務) 第4条(売上および顧客管理) 第5条(委託料) 第6条(契約期間) 第7条(解除) 第8条(反社会的勢力の排除) 第9条(協議事項)

    - 件
  • 金銭消費貸借予約契約書

    金銭消費貸借予約契約書

    予約契約書とは、後に本契約を締結する債務を生じさせる契約です。(金銭消費貸借契約自体が成立する訳ではありません。)

    3.0 1
  • 新着特集