カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
営業・販売書式
取引文書・取引書類
依頼文書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

契約終了後、供託金受取

/1

契約終了後、供託金受取は、賃貸契約が満了したにもかかわらず、家賃を支払わずに物件を占有し続ける賃借人に対して、供託金の返還を拒否し、物件の明け渡しを求めるための文書です。契約終了後、供託金受取は、賃借人に対する強いメッセージを伝えることができる文書です。賃借人に対して契約の履行を促すことができるように作成しましょう。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正民法対応版】(土地所有者が、借地権者の建物を買い取る場合の)建物売買契約書

    【改正民法対応版】(土地所有者が、借地権者の建物を買い取る場合の)建物売買契約書

    本書式は、土地所有者が、借地権者の所有名義である建物を買い取る場合の「【改正民法対応版】(土地所有者が、借地権者の建物を買い取る場合の)建物売買契約書」の雛型です。 本書式の場合、土地所有名義と建物所有名義が同一となるため、当初の借地権設定のための土地賃貸借契約は自然消滅します。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的及び売買代金) 第2条(売買対象面積) 第3条(手付金) 第4条(残代金の支払期日) 第5条(所有権移転登記等) 第6条(所有権の移転及び引渡し) 第7条(抵当権等の抹消) 第8条(危険負担) 第9条(公租公課等の負担) 第10条(手付解除) 第11条(契約違反時の解除及び違約金) 第12条(土地賃貸借契約の終了) 第13条(契約締結費用の負担) 第14条(協議事項) 第15条(合意管轄)

    - 件
  • 商談管理_04_不動産業

    商談管理_04_不動産業

    商談内容、顧客別履歴を管理するためのExcel(エクセル)システムA4横(不動産業向け、法人顧客営業向け)

    - 件
  • 青い鳥のイラストが入った「インコ」探していますの貼り紙/張り紙

    青い鳥のイラストが入った「インコ」探していますの貼り紙/張り紙

    青い鳥のイラストが入った「インコ」探していますの貼り紙/張り紙のテンプレートです。ペットを探したい時に、ペットショップや動物病院の掲示板などに張り出してもらうためのチラシの雛形です。ワード形式なので文言を書き換えて、犬、猫、ウサギ、亀、鳥、ヘビ、トカゲ、ハムスターなど、いろんなペットにご利用できます。「里親募集」としてもご利用いただけます。A4でプリントアウトしてお使いください。

    - 件
  • 取引条件変更の依頼書002

    取引条件変更の依頼書002

    「取引条件変更の依頼書002」は、ビジネスパートナーへの取引条件の変更を明確に伝えるための依頼書のテンプレートです。取引の流れや契約の中で発生するさまざまなシチュエーションにおいて、この文書を基に条件変更の詳細や理由を伝えることができます。 Word形式になっておりますので、自身のビジネスに合わせて編集して使用することができます。無料でダウンロードしてお使いいただくことが可能です。

    - 件
  • 社内設備・社内システムに関する作業依頼申請書

    社内設備・社内システムに関する作業依頼申請書

    LANやポータルサイト、電話(交換機)など社内設備およびシステムに対する作業依頼を行う申請書。

    - 件
  • 【改正民法対応版】(土地の賃借を普通借地権で実施する場合の)「土地賃貸借契約書(普通借地権)」

    【改正民法対応版】(土地の賃借を普通借地権で実施する場合の)「土地賃貸借契約書(普通借地権)」

    本件土地の賃借を普通借地権で実施する場合の「土地賃貸借契約書(普通借地権)」の雛型です。 普通借地権とは、定期借地権以外の借地権であり、契約の更新をすることができるものです。普通借地権の存続期間は、当事者が契約で30年以上の存続期間を定めた場合には、その期間とされています。逆に、特約がなければ、存続期間は30年となり(借地借家法第3条)、30年より短い期間の定めは無効とされます(借地借家法第9条)。 普通借地権については、契約の更新が可能です。更新後の借地権の存続期間は、最初の更新後は20年、それ以降は10年とされています。もっとも、当事者がこれよりも長い存続期間を定めることも可能であり(借地借家法第4条)、逆に、これよりも短い存続期間の定めは無効とされます(借地借家法第9条)。 ただし、普通借地権の存続期間が満了する前に建物が滅失した場合で、借地権者が残存期間を超えて存続する建物を再建築し、その再建築について地主の承諾がある場合には、承諾の日、または再建築の日のいずれか早い日から20年間、借地権が存続するものとされています(借地借家法第7条)。 このように、普通借地権の場合には、当初の契約で定めた借地権の存続期間によっても、必ずしも契約関係が終了しないという特徴があります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的・普通借地権) 第2条(使用目的) 第3条(賃貸借期間と契約の更新等) 第4条(賃料) 第5条(保証金) 第6条(土地の適正な使用) 第7条(禁止制限事項) 第8条(費用の負担) 第9条(賃貸借期間中の解約) 第10条(契約解除) 第11条(原状回復義務等) 第12条(立退料等の不請求) 第13条(合意管轄) 第14条(協議)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×