カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
人事・労務書式
辞令・人事異動
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

人事異動取扱規程

/1

従業員の適材適所への配置を図り、業務の生産性向上や円滑・合理的な運営に役立てるための規程

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 顧客情報流出対策規程

    顧客情報流出対策規程

    「顧客情報流出対策規程」とは、企業が顧客の個人情報を適切に保護し、情報漏洩や不正利用を防止するために策定する規程のことです。 この規程では、個人情報の取扱いに関するルールや運用方法、情報漏洩時の対応手順などが定められます。また、従業員への教育や意識向上の取り組みも含まれることがあります。 このような規程を策定することによって、企業は個人情報保護法や関連法規に適合し、顧客の信頼を維持することができます。また、情報漏洩や不正利用によるリスクを最小限に抑え、万一のトラブルにも迅速かつ適切に対応することができます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(流出内容の調査) 第3条(被害届・紛失届の提出) 第4条(捜査への協力) 第5条(流出先の特定) 第6条(監視) 第7条(返還請求) 第8条(警告) 第9条(差止め訴訟) 第10条(顧客への説明・謝罪) 第11条(一般消費者への公表) 第12条(問い合わせへの対応) 第13条(不当な金銭請求への対応) 第14条(再発防止策) 第15条(懲戒処分) 第16条(警察への告発)

    - 件
  • 業務引継シート01(社内業務引継ぎ用)

    業務引継シート01(社内業務引継ぎ用)

    業務引継シート(社内業務引継ぎ用)とは、社内の業務引継ぎの際に、引継ぎ日とその業務を記入するための書類

    - 件
  • 【働き方改革関連法対応版】勤務時間規程(1年単位の変形労働時間制)

    【働き方改革関連法対応版】勤務時間規程(1年単位の変形労働時間制)

    1年単位の変形労働時間制とは、労働時間を1年単位で集計し、その期間中の労働時間を労働者が自由に変動させることができる労働時間制度のことです。 この制度では、1年間の総労働時間が決まっており、その範囲内で、月ごとの労働時間を自由に変更することができます。つまり、月ごとの労働時間が均等でないため、繁忙期には多く働き、閑散期には少なく働くことができます。 この制度は、企業の生産量の変動に合わせて労働時間を調整することができるため、企業側にとって柔軟性があり、労働者にとっては長期休暇の取得や副業など、生活の多様なニーズに合わせて働くことができる柔軟性があります。 本書式は、上記の1年単位の変形労働時間制を定めた「【働き方改革関連法対応版】勤務時間規程(1年単位の変形労働時間制)」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2019年4月1日施行の働き方改革関連法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(1年単位の変形労働時間制) 第3条(対象者) 第4条(変形期間) 第5条(休日) 第6条(1日の労働時間) 第7条(始業・終業時刻) 第8条(時間外・休日労働) 第9条(育児を行う者等への配慮) 第10条(休日振替)

    - 件
  • 【改正暴排条例対応版】コンプライアンス規程

    【改正暴排条例対応版】コンプライアンス規程

    法令順守を含む広義な意味での企業としてのコンプライアンスを定めた社内規程「【改正暴排条例対応版】コンプライアンス規程」の雛型です。 2019年10月1日施行の改正東京都暴力団排除条例に対応しております。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(ステークホルダーに対する責任) 第3条(投資判断) 第4条(企業倫理) 第5条(意思決定) 第6条(情報管理等) 第7条(健康・安全・環境) 第8条(地域社会) 第9条(公正な取引) 第10条(基本的人権・ハラスメント)

    - 件
  • 特定個人情報取扱記録簿

    特定個人情報取扱記録簿

    特定個人情報の取得や廃棄等の取り扱いを記録しておく用紙です。

    5.0 1
  • 解雇予告通知書(表形式版)・Word

    解雇予告通知書(表形式版)・Word

    従業員(労働者)にとって解雇はとても重大な影響があるため、法律に基づいて実施される必要があります。そのため、従業員を解雇する場合、事業主は30日前までに解雇予告を行わなければなりません。 これは正社員だけでなく、パートタイマーやアルバイトの解雇にも適用され、予告を行わないときには30日分の解雇予告手当を支払う必要があります。 この点、解雇予告の方法は法律に規定がなく、口頭で行っても問題はないとされます。しかし、明らかに解雇予告をしたという証拠となり、後にトラブルが発生するのを防ぐことができるため、「解雇予告通知書」という書面が用いられることも多いです。 そこでこちらに、Wordで作成した解雇予告通知書(表形式版)のテンプレートをご用意いたしました。本テンプレートのダウンロードは無料なので、自社でご活用いただければと思います。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×