カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
経営・監査書式
会社設立・法人登記
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

合同会社設立登記申請書

/1

合同会社を設立する際に申請する登記

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 取締役会規程

    取締役会規程

    「取締役会規程」とは、株式会社などの企業において、取締役会の運営に関するルールや規則を定めたものです。具体的には、取締役会の開催方法や議決のルール、取締役の任期や報酬、取締役会の委員会の設置方法や役割、取締役会に提出する書類の種類や提出期限、取締役会の決議内容を記録する議事録の作成方法などが定められます。 本規程は、会社法や会社の定款に基づいて策定され、取締役会が円滑に運営されるための基本的なルールとなります。取締役会規程は、取締役会の委員や社員に対しても遵守が求められ、違反した場合には法的な責任を問われることがあります。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(取締役会の種類) 第3条(開催) 第4条(開催スケジュール等の決定) 第5条(構成) 第6条(議長) 第7条(監査役) 第8条(招集通知) 第9条(議題) 第10条(決議方法) 第11条(指名・報酬委員会) 第12条(取締役会の権限) 第13条(緊急処理) 第14条(報告) 第15条(議事録の作成) 第16条(議事録の備置)

    - 件
  • 新会社法モデル登記書式セット「商号変更(本支店一括登記)」_OCR用申請書

    新会社法モデル登記書式セット「商号変更(本支店一括登記)」_OCR用申請書

    OCR(光学式文字読取装置)用の登記申請書

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(弁護士に顧問を委嘱する場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(弁護士に顧問を委嘱する場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(弁護士に顧問を委嘱する場合の)取締役会議事録」の雛型です。 弁護士、公認会計士、税理士及び社会保険労務士等との顧問委嘱に関する規程を定めている場合は、その規程に準じた手続き行う必要があります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(四半期決算短信の承認をした場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(四半期決算短信の承認をした場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(四半期決算短信の承認をした場合の)取締役会議事録」の雛型です。 決算短信とは、株式を証券取引所に上場している企業が、証券取引所の適時開示ルールに則り決算発表時に作成・提出する、共通形式の決算速報です。年次報告は通期決算短信、四半期毎の報告は四半期決算短信であるのに対し、決算公告は会社法の法定開示、有価証券報告書は金融商品取引法の法定開示となっています。 取締役会議事録に押印する印鑑については、特に定めはありませんが、通例、代表取締役は会社の代表印を使用しています。他の取締役等については認印で差し支えありません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(募集設立による株式会社の基本的事項を合意する場合の)発起人全員の同意書

    【改正会社法対応版】(募集設立による株式会社の基本的事項を合意する場合の)発起人全員の同意書

    「【改正会社法対応版】(募集設立による株式会社の基本的事項を合意する場合の)発起人全員の同意書」の雛型です。 原則、会社成立後の株式会社の資本金及び資本準備金の額について定める必要があります。 発起人同意書に押印する印鑑についての定めはありませんので認印を使用してかまいません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 所有権更正登記申請書(単有を共有とする)

    所有権更正登記申請書(単有を共有とする)

    所有権更正登記申請書とは、登記の際に誤った申請をした場合に更正を依頼するための申請書

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×