カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
マーケティング・販促・プロモーション書式
ポスター
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

強風対策のためこちらのドアを閉鎖しています(A4縦)

/1

台風や年々脅威を増す悪天候時の防災対策にご活用ください。 見えやすい位置に掲示し、ドアを閉鎖していることを内外に周知してください。 上部に進入禁止マークと下部に英語訳を表記しています。 用紙サイズはA4です。 こちらの書式は縦向きです。横向きタイプもご用意していますので、使いやすい方をダウンロードしてください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 特別加入申請書02(中小事業主等)

    特別加入申請書02(中小事業主等)

    「特別加入申請書02(中小事業主等)」は、中小事業主が特別加入の承認申請をする際に提出する必要がある書類です。この申請書は、中小事業主の方々が特別加入の承認を得るために必要な手続きを行う際に使用されます。この書類には、申請者の情報や事業内容などが詳細に記載されており、承認を受けるために必要な情報を提供する役割を果たします。この書類を適切に記入し、必要な書類と共に提出することで、中小事業主の方々は特別加入の申請をすることができます。

    - 件
  • 管理職多面評価規程

    管理職多面評価規程

    管理職の勤務態度、心構え、職務遂行能力などをその上司、同僚および部下が評価し、その評価結果を本人に知らせ、本人の自己開発と能力向上に役立てる「管理職多面評価制度」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(定義) 第3条(被評価者の範囲) 第4条(評価者の範囲) 第5条(評価項目) 第6条(評価の方法) 第7条(評価者の人数と選定) 第8条(評価者の心構え) 第9条(被評価者への通知) 第10条(昇給・賞与との関係) 第11条(実施頻度) 第12条(制度運用の手順)

    - 件
  • 定休日お知らせのイラスト

    定休日お知らせのイラスト

    定休日のイメージ画像です。Webサイトや店舗にて定休日のお知らせを行う際にこの画像素材をぜひご活用ください。ダウンロードは無料。すぐにお使い頂けます。

    - 件
  • 規程管理規程

    規程管理規程

    この規程管理規程は、その目的は業務運営の正常化と合理化を図ることにあります。これは、諸規程(会社の様々な規定や規則)の制定(新たに作ること)、改廃(改めることや無くすこと)、および公布(社内に広く知らせること)に関して必要な事項を定めることを通じて達成されます。 規程管理規程の主な役割は、以下の通りです。 ①規程の制定: 新たな規程を作成する際の基準や手順、誰が作成するのかなどを定めます。規程は会社の運営をスムーズにするための重要なガイドラインであるため、その作成は慎重に行われるべきです。 ②規程の改廃: 既存の規程が時代や状況の変化に適応できるように、その改訂や廃止の手順を定めます。これは規程が古くなったり、もはや必要でない場合に対応するためのものです。 ③規程の公布: 作成や改廃が行われた後、新たな規程や変更された規程を全社員に通知する手続きを定めます。これにより、社員全員が最新の規程を理解し、それに従うことが可能になります。 ④規程の整備と運用管理: 規程が体系的に整理され、適切に管理されることを保証します。これは規程が守られ、その目的が達成されるために不可欠なプロセスです。 規程管理規程は、全社員が理解し遵守するべき会社の方針や規定を明確にし、それらが適切に運用・管理されることを確認するためのものであり、組織全体の生産性と効率を向上させるための重要なツールとなります。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(定義) 第3条(遵守義務) 第4条(周知徹底) 第5条(処理基準の規程化) 第6条(規程の種類、主管部門及び統括管理部門) 第7条(内規扱) 第8条(制定、改廃の手続き及び権限) 第9条(例外取扱) 第10条(立案の方法) 第11条(公布) 第12条(保存年限) 第13条(規程集) 第14条(諸規程集の保管) 第15条(公表の禁止) 第16条(諸規程の効力) 第17条(諸規程の運用・管理) 第18条(疑義の解釈) 第19条(改廃)

    - 件
  • 店舗~詳細

    店舗~詳細

    「店舗~詳細」クリップアートは、店舗の各種サービスや商品の具体的な情報を緻密に伝える際の視覚要素となります。アイコンを使用することで、情報の要点や重要なメッセージを効果的に伝え、顧客の理解を深める手助けをすることができます。例えば、新商品の特徴やサービス内容、キャンペーンの詳細など、緻密で詳細な情報を効果的に伝える必要がある場面での活用が考えられます。このクリップアートを用いることで、顧客への情報提供などに役立てることができます。

    - 件
  • (規程雛形)規程類管理規程

    (規程雛形)規程類管理規程

    規程類管理規程の雛形・サンプルです。社内規程を作成するときに参考にしてください。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×