カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
法務書式
内容証明郵便
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

建物の増改築の承諾を申し入れる場合の内容証明

/1

建物の増改築の承諾を申し入れる場合の内容証明とは、借地人が、地主に対して、建物の増改築の承諾を申し入れる場合の内容証明

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 期間満了後、更新請求

    期間満了後、更新請求

    土地の賃貸期間は、賃貸契約の重要な条件の一つです。短期間から数年間、長期間にわたる契約までさまざまな期間が選択されます。 「期間満了後、更新請求」は、期間満了後、更新請求土地の賃貸期間の満了後に更新を希望することを伝えるための書類です。 この書類は、土地の賃貸期間が満了した後に、更新を希望することを伝えるために使用します。期間満了後、土地の賃貸契約を更新するためには、この書類をご活用いただけます。

    - 件
  • 予実管理_02_不動産業

    予実管理_02_不動産業

    月次の予算(目標)と実績を管理するExcel(エクセル)システムです。当月達成率、累積達成率を算出し、グラフも表示します。管理項目は事前に登録してあるものの他、自由に設定可能です。A4縦(不動産業向け)

    - 件
  • 【改正民法対応版】内容証明郵便(「一部代金未払いに対する支払督促」)

    【改正民法対応版】内容証明郵便(「一部代金未払いに対する支払督促」)

    販売代金を一部回収出来たものの、残代金が残っている場合に当該残代金を支払うよう督促する内容証明の案文です。 なお、2020年4月1日施行の改正民法へ対応させた内容となっております。 ワード形式で納品させて頂きます。

    - 件
  • 請求書(軽減税率・インボイス制度)ソフトウェア業界用

    請求書(軽減税率・インボイス制度)ソフトウェア業界用

    「請求書(軽減税率・インボイス制度)ソフトウェア業界用」テンプレートは、ソフトウェア業界向けの請求書作成をサポートする便利なテンプレートです。請求書は、購入した商品の金額を顧客に請求するための重要な書類です。このテンプレートは、軽減税率8%と新税率10%の自動計算に対応しており、適格請求書等保存方式(インボイス制度)の要件にもしっかり準拠しています。特にソフトウェア業界に合ったフォーマットとなっており、税率ごとに合計金額を正確に算出できる機能を提供しています。このテンプレートを活用して、効率的で正確な請求書の作成を行い、ビジネスの運営をスムーズに進めましょう。

    - 件
  • 請求書(軽減税率・インボイス制度)グレー・デジタル教科書体

    請求書(軽減税率・インボイス制度)グレー・デジタル教科書体

    グレー・デジタル教科書体の請求書フォーマットです。適格請求書等保存方式(インボイス制度)の要件に準拠しており、軽減税率8%と新税率10%それぞれの合計金額の自動計算に対応しています。

    - 件
  • 【確定申告用】事務所賃貸借契約書

    【確定申告用】事務所賃貸借契約書

    自宅の一部をご自身の法人が使用する事務所として、賃貸し賃料等を確定申告にて経費として課税対象額から控除することが可能です。但し、これには要件を満たした「賃貸借契約書」が資料として必要となります。 本書式は、上記の目的のための個人(ご自身)と設立した法人との間の「【確定申告用】事務所賃貸借契約書」の雛型です。 【ポイントのご説明】 (1)第1条の物件表示ですが、家屋番号がご不明であれば所在だけで確定申告には足ります。また、床面積も正確にわからない場合は、家屋の図面を添付し、対象部分(部屋)をマーカーで色付けするなどの方法で対応可能です。 (2)賃料設定ですが、対象物件の全維持費を、全床面積のうち賃借している部分の割合で乗じて算出するのが一般的です。 (3)確定申告のための控除金額を増やすため、管理費や冷暖房費も契約書に追記しておきました。管理費は、家賃の10分の1~10分の2が一般的です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(使用目的) 第3条(賃貸借期間) 第4条(賃料等及び付加使用料) 第5条(賃料等の改定) 第6条(敷金) 第7条(使用上の注意) 第8条(立入り) 第9条(譲渡・転貸等の禁止) 第10条(修理等) 第11条(損害賠償) 第12条(契約解除) 第13条(任意解除) 第14条(明渡し等) 第15条(信義則) 第16条(合意管轄)

    - 件
  • 新着特集