カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
英文ビジネス書類・書式(Letter)
その他(英文ビジネス書類・書式)
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

割引についての通知(英文文書)

/1

「割引についての通知(英文文書)」は、お客様からの割引率や割引条件に関するお問い合わせに対して、英語で返答するための文書です。この文書では、以下の点について説明します。 ・割引の種類と対象商品 ・割引の適用期間と方法 ・割引の上限と下限 ・割引のキャンセルや変更に関する規定 この文書は、お客様にとって有益な情報を提供するとともに、ビジネス上の礼儀や敬意を示すことを目的としています。作成する際には、以下の点に注意してください。 ・文章は、明確で簡潔に書く。 ・文法やスペルミスがないようにチェックする。 ・丁寧な言葉遣いや敬語を使う。 ・誤解や混乱を招かないように、割引の詳細を具体的に示す。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 商品名変更通知002

    商品名変更通知002

    商品名の変更を通知するテンプレート書式です。類似品を名乗る競争他社により、各種トラブルに見舞われております。との旨を伝え、商品名を伝えます。商品名の変更通知書テンプレートが無料でダウンロード可能です。

    - 件
  • 株主総会のみなし決議の同意書

    株主総会のみなし決議の同意書

    株主総会のみなし決議の同意書(通常は「みなし決議同意書」と呼ばれます)は、株主総会において実際の会議を開催することなく、株主の同意に基づいて特定の決議を行うための文書です。通常、株主総会は物理的な会場で開催されますが、特定の事項に関しては、株主全体の同意を得るためにみなし決議が採用される場合があります。 みなし決議同意書は、株主の同意を文書化し、代表者がその同意を代理として行使するための手続きを提供します。以下の要素を含む場合があります: 1. 決議の内容: みなし決議同意書には、実施されるべき具体的な決議事項が明記されます。例えば、特定の取締役の選任、株主資本の増減、株主権利の変更などが含まれる場合があります。 2. 株主の同意: 各株主がみなし決議に同意することを明示するため、株主の署名や電子署名が必要です。株主は同意を示すために同意書に署名し、それを企業や会議の主催者に提出します。 3. 代理人の任命: 同意書には、株主が代理人を任命し、その代理人が株主の意思を代理して行使することが明記されます。代理人は、株主の同意に基づいて特定の決議を行い、必要な手続きを進める権限を持ちます。 4. 期限: みなし決議の有効期限が示される場合があります。同意書には、決議の実施期限や期限を設定することで、株主の同意が一定の期間内に有効であることを明確にします。 みなし決議同意書は、株主総会の実施にかかる時間やコストを削減するために使用されます。しかし、この方法は法的な要件に従わなければならず、株主の同意が明確かつ正式に得られた場合にのみ有効です。企業法や株主契約などの適用される法律や規則に基づいて、 みなし決議の手続きが適切に行われる必要があります。

    - 件
  • 【内容証明用・改正民法対応版】「賃料増額請求書」

    【内容証明用・改正民法対応版】「賃料増額請求書」

    【内容証明用・改正民法対応版】「賃料増額請求書」の雛型です。 内容証明郵便に使用できるよう所定の字数設定を施しております。 適宜、ご編集の上でご利用いただければと存じます。 2020年4月1日施行の改正民法にも対応しております。

    - 件
  • 仮登記担保権実行

    仮登記担保権実行

    仮登記担保権を実行したことを伝えるための書類

    - 件
  • 着荷品破損のご通知

    着荷品破損のご通知

    「着荷品破損のご通知」テンプレートは、商品の受領時に破損が発生した場合に、その旨を通知するための書式です。商品の状態が予想と異なる場合、このテンプレートを使用して的確かつ円滑なコミュニケーションを図りましょう。品物の破損が補償や返品の対象となるかどうかをスムーズに判断し、お客様の満足度を確保します。商品の品質を保つために、このテンプレートをぜひご活用ください。

    - 件
  • 【改正民法対応版】(借地人から地主に対する借地権譲渡の承諾を求めるための)「通知書」

    【改正民法対応版】(借地人から地主に対する借地権譲渡の承諾を求めるための)「通知書」

    借地人が借地権を第三者に譲渡(または借地を転貸)するときは、地主の承諾を得る必要があります。借地人がこの義務に違反して無断で借地権を第三者に譲渡または転貸したときは、地主はその借地契約を解除することができます。 また、借地上の建物を譲渡したときは土地の借地権を譲渡したものとみなされます。したがって、借地人は借地上の建物を譲渡するときは、あらかじめ地主の承諾を得ることが必要です。 文例はその場合の承諾請求書です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

    - 件
  • 新着特集