カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

社内ビジネススクール規程

/1

社内ビジネススクール規程とは、企業や組織が社員の教育・研修の一環として設置する社内ビジネススクールの運営に関するルールや手順を定めた規程のことです。 この規程は、企業や組織のビジネス戦略や人材育成戦略に基づき、社員の能力向上やキャリアアップ支援を目的に策定されます。また、社内ビジネススクールが定着し、社員の教育研修が積極的に実施されることで、企業文化の発展や人材定着率の向上にもつながることが期待できます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(社内ビジネススクールの趣旨) 第3条(社内ビジネススクールの目的) 第4条(テーマの選定基準) 第5条(講師) 第6条(開講のスケジュール) 第7条(開催時間帯) 第8条(定員) 第9条(参加費) 第10条(所管) 第11条(受講者の募集) 第12条(受講者の資格) 第13条(受講の申込み)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • (役職定年年齢を職位毎に決める)役職定年規程

    (役職定年年齢を職位毎に決める)役職定年規程

    「(役職定年年齢を職位毎に決める)役職定年規程」とは、企業や組織が役職や地位に就いている従業員に対して、職位ごとに異なる年齢で役職から退くことを求める規定のことを指します。この規定では、各職位に応じた定年年齢が設定され、それぞれの役職や地位で異なる基準が適用されます。 この制度の目的は、職位ごとに求められる能力や経験に応じて役職定年を設定することで、組織内の人事異動や昇進の機会を適切に管理し、組織の活性化や効率化を図ることです。また、各職位に応じた定年年齢を設定することで、組織内での人材育成やノウハウの継承が円滑に行われることも期待されます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(適用対象者の範囲) 第4条(役職定年) 第5条(役職離脱日) 第6条(離脱後の呼称) 第7条(離脱後の所属・職務) 第8条(業務の引継)

    - 件
  • 飲酒運転予防規程

    飲酒運転予防規程

    社員が業務中に交通事故を起こすと、事故を起こした本人に法的責任が問われますが、会社も法的責任を問われる可能性があります。 例えば、会社が社員に対して、飲酒で正常な運転ができないおそれがある状態と認識していながら運転をさせたり、またはそのような運転を容認していたような場合には、飲酒運転のおそれのある者へ車両の提供をした刑事責任として、会社代表者などに対して5年以下の懲役又は100万円以下の罰金(酒気帯びの場合は3年以下の懲役または50万円以下の罰金)が科されるおそれがあります。(もちろん刑事責任だけではなく民事上の責任や行政上の責任も問われる可能性もあります。) 本書式は、社員の飲酒運転を予防するための「飲酒運転予防規程」の雛型です。 なお、このような規程を備えているだけでも万が一の際にも会社としての姿勢が情状酌量に考慮される可能性があります。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(適用者の範囲) 第3条(飲酒運転の禁止) 第4条(黙認等の禁止) 第5条(教育義務) 第6条(懲戒処分) 第7条(研修)

    - 件
  • (職種別に実施する)人事考課規程

    (職種別に実施する)人事考課規程

    「人事考課規程」とは、企業や組織が従業員の業務成績や能力、態度などを評価し、その結果を昇給や昇進、賞与、研修などの人事施策に反映させるための基準や手続きを定めた規程です。「職種別に実施する」とは、異なる職種ごとに評価基準や手続きが設けられていることを意味します。 職種別に実施する人事考課規程を導入する際には、各職種の特性を理解し、適切な評価基準や手続きを設定することが重要です。また、評価の透明性を確保し、従業員が納得できるような制度作りが求められます。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(人事考課の種類) 第4条(活用用途と種類との関係) 第5条(種類のウエイト) 第6条(考課基準) 第7条(考課者) 第8条(考課対象期間) 第9条(人事考課表) 第10条(考課者の心得) 第11条(再考課) 第12条(考課結果の調整)

    - 件
  • 転籍規程

    転籍規程

    転籍規程とは、従業員が一つの会社から別の会社に移る際に遵守しなければならない手続きやルールのことです。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(定義) 第3条(目的) 第4条(転籍先) 第5条(対象者) 第6条(承諾) 第7条(雇用の斡旋) 第8条(身分等) 第9条(労働条件) 第10条(退職金) 第11条(社会保険) 第12条(福利厚生制度)

    - 件
  • 就業規則(変更)届07

    就業規則(変更)届07

    就業規則(変更)届とは、就業規則(の変更)を労働基準監督署に申請する際に提出するための書類(

    - 件
  • マイカー通勤管理規程サンプル

    マイカー通勤管理規程サンプル

    マイカー通勤管理規程とは、従業員が所有する車両を通勤のために使用するときの管理について定めた規程

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×