カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
人事・労務書式
人事評価・人事考課
面談シート
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

退職者面談シート・Excel

/1

退職者面談とは、退職に伴う手続きを終えた後に実施する、文字どおり退職する社員と行う面談です。 こちらは、退職者面談を実施する際の質問(ヒアリング内容)などをまとめた、Excel版の「退職者面談シート」のテンプレートです。 退職者面談を実施する目的は、退職者の本音を引き出して退職する原因を知り、今後の人事施策につなげることにあります。 多くの企業では、多額のコストを費やして人材の確保や育成をします。 しかし、社員が1人退職することで、会社にとっては重大な損失につながります。自社の離職率を下げるためには、退職する原因が何か、分析をすることが重要です。 本テンプレートは無料でダウンロードすることができます。自社の人事施策に、ぜひお役立てください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 退職勧奨マニュアル

    退職勧奨マニュアル

    本「退職勧奨マニュアル」は、希望退職制度実施に際して、対象従業員に退職勧奨を行う担当者が、退職勧奨を実施するに際しての手順および留意事項を分かりやすくまとめたマニュアルです。 退職勧奨は、やり方を誤ると、退職の同意が得られたとしても無効となる上、不法行為として損害賠償責任が発生します。 退職勧奨を実施するに先立ち、本マニュアルをよく読み、本マニュアルに忠実に実施するように留意して頂ければ円滑に進めることが出来るかと存じます。 〔目次〕 1. 2人での実施 2. 対象者との面談スケジュール 3. 面談の流れ 4. 面談場所 5. 面談時間 6. 面談における姿勢 7. 対象者からの質問への対応 8. 「退職に応じない」旨を明示する者への対応 9. 挑発的・反抗的態度を示す者への対応

    - 件
  • 希望退職者募集要項002

    希望退職者募集要項002

    希望退職者募集要項です。希望退職者を募る際の通知書書式事例としてご使用ください。

    - 件
  • 雇用保険喪失手続依頼書・Excel

    雇用保険喪失手続依頼書・Excel

    従業員が会社へ提出する、雇用保険の被保険者資格を喪失するために必要な情報を記入する書類が、雇用保険喪失手続依頼書です。 雇用保険喪失手続依頼書は、離職や死亡などの理由で雇用保険の給付やサービスを受けることができなくなったときに提出する必要があり、会社は、この書類を基に雇用保険被保険者資格喪失届をハローワークへ提出し、従業員に離職票を交付します。 雇用保険の被保険者資格の喪失によって、従業員は失業や育児・介護などで給付を受けられなくなくなります。 こちらは無料でダウンロードすることができる、Excel版の雇用保険喪失手続依頼書です。ぜひ、ご活用ください。

    - 件
  • 人事査定に使える年次用目標設定シート

    人事査定に使える年次用目標設定シート

    人事査定面談にも活用できる目標設定用のシートとなります。 シートを元に、年の目標設定をメンバーにしてもらい それをもとに面談することで、人ごとにぶれなく 人事査定をすることが可能となります。

    4.0 1
  • 面談シート(今後のフィードバックのための質問項目を記載)

    面談シート(今後のフィードバックのための質問項目を記載)

    こちらの面談シートは、部下が上司に対して面談で伝えたい内容や、上司から部下に対して伝えたいフィードバック内容、質問項目などをまとめたシートです。 一人あたりの時間が限られているなか、面談シートに内容を記載しておくと、効率的な面談ができます。 また、面談シートを活用することで上司にとっては部下の成長がよく分かるし、部下にとっては上司から受けたフィードバックやアドバイスを後から振り返ることができるため、より成長しようという意欲が生まれる機会になります。 本テンプレートは無料でダウンロードが可能なので、ぜひお役立てください。

    5.0 1
  • 【中途採用】面接チェック表(評価基準ブランク版)

    【中途採用】面接チェック表(評価基準ブランク版)

    「【中途採用】面接チェック表(評価基準ブランク版) 」は、面接評価の基準や項目が明確に示されたシートです。 本テンプレートは「評価基準ブランク版」となり、評価基準の部分を空欄にしておりますので、自社の基準に合わせてカスタマイズすることが可能です。 こちらは、中途採用(経験者採用)時の利用を想定したものです。 面接チェック表があると、面接官の主観的・感覚的な評価を防ぐことが可能です。 また、質問するポイントが明確になりやすく、面接時間を短縮することにもつながります。 さらには、記録を残すことで評価の振り返りを行い、次回の採用面接では精度を高められます。

    - 件
  • 新着特集