カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

財形住宅融資規程

/1

財形住宅融資は、公的な住宅金融制度の一つで、財形貯蓄による住宅融資を提供する制度のことを指します。具体的には、財形貯蓄を行っている労働者が、自己の住宅購入や建築、改築に必要な資金を融資することができます。 財形住宅融資による融資は、低利率で、返済期間が長く、一定の限度額内で借り入れることができます。また、利子は財形貯蓄の利息と同じく、非課税であるため、節税効果も期待できます。 財形住宅融資を利用するためには、事前に財形貯蓄に加入しておく必要があります。また、財形住宅融資規程は、国や地方自治体が設置する住宅金融公庫、都市再生機構、地方住宅供給公社などが行っています。 本書式は、上記の財形住宅融資の制度を社内規程にて定めた「財形住宅融資規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2019年4月1日施行の働き方改革関連法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(適用範囲) 第4条(取扱銀行) 第5条(融資の対象事由) 第6条(立地上の制限) 第7条(融資の資格) 第8条(融資限度額) 第9条(利率) 第10条(会社の利率負担) 第11条(申請) 第12条(審査) 第13条(融資の順位) 第14条(通知) 第15条(提出書類) 第16条(融資の方法) 第17条(譲渡等の禁止) 第18条(抵当権の設定) 第19条(返済の原資) 第20条(返済期間) 第21条(即時返済)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 人件費適正評価規程

    人件費適正評価規程

    「人件費」とは、会社が算出する経費のうち、従業員にかける費用のことです。具体的には、給与や賞与、社会保険料などが人件費として計上されます。 経営の健全性・安全性を維持するため、定期的かつ組織的に、人件費支出の額が適正であるかを評価することが必要です。 本書式は、人件費の支出額が適正であるか委員会を設けて定期的に評価する仕組みを設けるための「人件費適正評価規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(人件費の適正評価) 第3条(人件費の範囲) 第4条(評価の体制) 第5条(評価の基準) 第6条(評価報告書の提出) 第7条(報告書の提出期限) 第8条(人件費の適正確保の措置)

    - 件
  • 【不動産会社用】稟議規程

    【不動産会社用】稟議規程

    「稟議規程」とは、企業内で意思決定や権限委譲を行う際のルールを示します。「稟議」とは上司や上級者に対して事柄を報告し、許可や指示を得る手続きのことを指す言葉です。 本「【不動産会社用】稟議規程」は、具体的に不動産会社の業務フローに適した稟議規程です。不動産会社では、物件の購入、販売、リース契約、管理業務など様々な業務があり、その各々における意思決定や承認の流れを明確にすることが求められます。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(定義) 第3条(稟議の原則) 第4条(稟議事項) 第5条(方針稟議) 第6条(プロジェクト稟議) 第7条(稟議事項の決定) 第8条(修正稟議) 第9条(稟議書の作成・提出) 第10条(起案責任者) 第11条(起案前合議) 第12条(合議) 第13条(意見ある場合の措置) 第14条(機密稟議) 第15条(持ち回り合議) 第16条(決済) 第17条(決済の通知等) 第18条(取消申請) 第19条(決済の効力) 第20条(報告事項) 第21条(報告書の作成・提出) 第22条(作成・提出の時期)

    - 件
  • 採用代行サービス利用規程

    採用代行サービス利用規程

    RPO(リクルーティング・プロセス・アウトソーシング)とは、企業の採用活動を外部の企業やサービスにアウトソースすることを意味する言葉で、ひいては採用代行サービスを指しています。 近年では小規模事業者から大手まで様々なサービスが存在し、募集要件の精査や求人媒体の管理、面接の手配、さらには選考に関するオペレーションまで、採用業務の大部分を採用代行サービスでまかなうことが可能になりました。 人材を求める企業に対し、求職中の人材を仲介する点においては、人材紹介サービスと役割に大きな違いはありません。ただし、人材紹介サービスが人材データを複数企業に向けて提供するのに対し、採用代行サービスは個別の企業に特化して業務を行う点で、両サービスには明確な差があると言えます。 そのため採用代行サービスの契約前に簡単なコンサルティングを実施する事業者も少なくありません。発注側(人材を求める企業)の個別の事情に寄り添い、よりその会社に適した採用活動を行うことができるのが特徴です。 本書式は、上記の採用代行サービスを利用する際の社内手続や利用基準を定めた「採用代行サービス利用規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(採用代行サービスの利用) 第3条(利用するサービスの範囲) 第4条(採用代行サービス会社の選定基準) 第5条(採用代行サービス会社の決定手続き) 第6条(契約の締結) 第7条(管理責任者) 第8条(管理責任者の責務)

    - 件
  • 人事異動取扱規程

    人事異動取扱規程

    従業員の適材適所への配置を図り、業務の生産性向上や円滑・合理的な運営に役立てるための規程

    - 件
  • 人事考課規程

    人事考課規程

    人事考課規程です。人事考課規程内容事例としてご使用ください。

    - 件
  • マイナンバー提出書(家族分)・Excel

    マイナンバー提出書(家族分)・Excel

    本人のほかに、家族や同居人などのマイナンバー(個人番号)を一括して提出する際に役に立つ書類が、こちらのマイナンバー提出書(家族分)です。 マイナンバーのほかに、氏名や生年月日、本人との続柄も記入できるようになっています。 税務署への提出が義務付けられている、法定調書の源泉徴収票や支払調書の作成には、マイナンバーの記載が必要になります。そのため、会社は従業員からマイナンバーを収集しなくてはなりません。 その際には、こちらのExcelで作成したマイナンバー提出書(家族分)をご活用ください。ダウンロードは無料です。

    - 件
  • 新着特集