カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

【改正労働安全衛生法対応版】健康情報取扱規程

/5

2019年4月1日、労働者の心身の状態に関する情報(以下、「健康情報」)に関し、改正労働安全衛生法(以下「改正法」)が施行されました。 また、この改正内容のうち、産業医・産業保健機能の強化策の一環として、健康情報保護に関する措置「健康情報取扱規程」の策定が事業者に義務づけられることとなりました。 本書式は、上記の「健康情報取扱規程」の雛型です。本雛型は厚生労働省が公表したモデル規程を基としながら、同モデル規程の過剰な内容を削除したり、引用法令の条文番号など今後の法改正によって変更可能性のある内容を汎用的な内容とすることで、簡単に、且つ、恒久的にご利用を可能とした内容となっております。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(健康情報) 第3条(健康情報の取扱い) 第4条(健康情報を取り扱う者及びその権限並びに取り扱う健康情報の範囲) 第5条(健康情報を取り扱う目的等の通知方法及び本人同意の取得方法) 第6条(健康情報の適正管理の方法) 第7条(健康情報の開示、訂正等及び使用停止等) 第8条(健康情報を第三者に提供する場合の取扱い) 第9条(第三者から健康情報の提供を受ける場合の取扱い) 第10条(事業承継、組織変更に伴う健康情報の引継ぎに関する事項) 第11条(健康情報の取扱いに関する苦情の処理) 第12条(取扱規程の従業員への周知の方法) 第13条(教育・啓発) 第14条(その他) 第15条(見直し) 第16条(実施日)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • [マイナンバー対応]特定個人情報利用に関する同意書及び本人確認の依頼状(顧客用)

    [マイナンバー対応]特定個人情報利用に関する同意書及び本人確認の依頼状(顧客用)

    「特定個人情報利用に関する同意書及び本人確認の依頼状(顧客用)」は、日本のマイナンバー制度に関連して、特定個人情報の利用や本人確認を目的とした書類です。 この書類は、特定個人情報を取り扱う事業者や機関が、個人情報を適切に利用するために、関係者に対して同意を得るために使用されます。顧客が特定個人情報を提供する場合、事業者はその情報を法的に許可された目的でのみ利用する必要があります。そのため、特定個人情報利用に関する同意書は、顧客から個人情報の利用に対する同意を得るための文書です。

    - 件
  • 【働き方改革関連法対応版】(資格等級別に行う)人事考課規程

    【働き方改革関連法対応版】(資格等級別に行う)人事考課規程

    「働き方改革関連法対応版」というフレーズから、この質問は日本の働き方改革に関連しています。「【働き方改革関連法対応版】(資格等級別に行う)人事考課規程」とは、働き方改革に関連する法律に準拠した、資格や等級別に行われる人事評価のルールや手順を示す規程のことを指します。 働き方改革関連法とは、労働時間の短縮や働き方の多様化を推進し、労働者の健康や生産性向上を目指すために日本政府が制定した一連の法律です。これに対応する人事考課規程は、企業が従業員の働き方を改善し、働きやすい環境を整備する上で重要な役割を果たします。 資格等級別に行う人事考課とは、従業員の役職や能力、経験などのレベルに応じて評価基準が異なる評価制度を指します。この制度では、従業員の能力や業績を客観的に評価し、適切な待遇やキャリアアップの機会を提供することが目的となります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2019年4月1日施行の働き方改革関連法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(人事考課の種類) 第4条(活用用途と種類との関係) 第5条(種類のウエイト) 第6条(考課基準) 第7条(考課者) 第8条(考課対象期間) 第9条(人事考課表) 第10条(考課者の心得) 第11条(再考課) 第12条(考課結果の調整)

    - 件
  • メンタルヘルス規程

    メンタルヘルス規程

    職場におけるメンタルヘルス対策には、職場の雰囲気を高めるモチベーションアップの取り組みから、メンタルな問題が起きないようにするための対策、そしてうつ病などの精神障害が発生した場合の対応まで、多岐にわたります。これらを大別すると以下の対策があります。 一次対策は、精神障害やメンタルヘルス不調の発生を未然に防ぐための取り組みです。メンタルヘルスのリスクをできるだけ減らし、職場の活性化を図る対策です。 二次対策は、病気を早期に発見し、迅速に適切な対応を取るための取り組みです。病気の早期発見や早期の適切な治療も含みます。 本書式は、上記の対策を内容に含めた「メンタルヘルス規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(適用者の範囲) 第3条(社員の努力義務) 第4条(メンタルヘルス対策) 第5条(ストレスチェック) 第6条(メンタルヘルスの問診) 第7条(講習の開催) 第8条(専門医・専門カウンセラーの紹介) 第9条(配置転換等)  第10条(情報管理) 第11条(管理職の責務)

    - 件
  • 匿名加工情報等保護指針

    匿名加工情報等保護指針

    「匿名加工情報等保護指針」は、株式会社●●●●が個人情報保護法や関連する法令に基づき、匿名化された個人情報やその加工方法等の適正な取り扱いを確保するために策定したガイドラインです。 「匿名加工情報等保護指針」は、匿名化された個人情報の適切な取り扱いとプライバシー保護を確保するために重要な役割を果たす指針となります。これにより、組織や個人情報を取り扱う関係者は、法的要件に従い、匿名加工情報の保護に努めることが期待されます。

    - 件
  • (契約書雛形)製造委託契約書

    (契約書雛形)製造委託契約書

    製造委託契約書の契約書雛形・テンプレートです。

    5.0 1
  • 【改正民法対応版】(デジタルコンテンツを販売する)インターネットショッピングモール店舗運営契約書

    【改正民法対応版】(デジタルコンテンツを販売する)インターネットショッピングモール店舗運営契約書

    インターネット上のショッピングモールにおいてデジタルコンテンツを販売する店舗運営者に対して、販売用のデジタルコンテンツを納品し、店舗運営者が販売を行う際の取引条件を定めた「(デジタルコンテンツを販売する)インターネットショッピングモール店舗運営契約書」の雛型です。 店舗運営者はインターネットショッピングモール上で委託者より預かった商品を販売し、販売代金の回収責任を負います。徴収した代金から当該店舗の運営費用と代金決済費用を控除して、残代金をデジタルコンテンツの納品者に対して支払う条件となっています。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(甲・乙の役割) 第2条(販売代金徴収) 第3条(顧客販売データ、販売ノウハウの知的財産権の帰属) 第4条(販売促進費の分担) 第5条(契約期間) 第6条(反社会的勢力の排除) 第7条(協議事項) 第8条(合意管轄)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×