カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
人事・労務書式
勤怠管理
時間外勤務申請書・時間外労働申請書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

時間外残業

/1

「時間外残業」は、仕事の時間を延長するために必要な手続きと理由を明確にする書類です。労働者が時間外に仕事を行う必要がある場合、この書類を使用して計画的かつ透明な方法で申請できます。時間外の作業を必要とする事例や、その理由を記入し、効率的な業務遂行をサポートします。時間外残業の申請を通じて、労働者と雇用主は円滑なコミュニケーションを図り、労働環境の改善に寄与します。計画的な時間外残業は、業務遂行の円滑さを保ちつつ、労働者の健康と労働条件のバランスを確保するための重要なステップです。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
2人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【働き方改革関連法対応版】専門業務型裁量労働に関する労使協定

    【働き方改革関連法対応版】専門業務型裁量労働に関する労使協定

    専門業務型裁量労働制とは、業務遂行の手段や方法、時間配分などを大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務につかせた場合に、実労働時間にかかわらず労使協定で定めた時間の労働があったものとみなす制度です。 また、専門業務型を導入する場合、企業は労働者に仕事の進め方や労働時間について指示をしてはならず労働者の裁量に任せなければなりません。 この制度は会社によってマッチする場合とそうでない場合がありますが、うまく導入できれば、さらなる業務効率化や生産性の向上、また、割増賃金(残業代)の削減などが期待できます。 検討の結果、専門業務型裁量労働制を導入すべきと判断すれば、従業員の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合、従業員の過半数で組織する労働組合がない場合には従業員の過半数を代表する者との間で、所定の労使協定を締結し、従業員に周知します。 本書式は、上記の労使協定の雛型である「【働き方改革関連法対応版】専門業務型裁量労働に関する労使協定」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2019年4月1日施行の働き方改革関連法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(適用対象業務) 第2条(専門業務型裁量労働制の原則) 第3条(裁量労働従事者の労働時間の取り扱い)  第4条(休憩) 第5条(休日) 第6条(休日労働) 第7条(深夜労働) 第8条(健康と福祉の確保) 第9条(適用の中止)  第10条(苦情の処理)  第11条(勤務状況等に関する記録の保存)  第12条(有効期間) 

    - 件
  • (業績が良好だった場合に特別に付与する)特別休暇規程

    (業績が良好だった場合に特別に付与する)特別休暇規程

    特別休暇とは、企業が自由に設定できる休暇のことです。福利厚生の一環として活用でき、付与する日数や休暇の内容については、各企業が任意に決定できます。 毎週与えられる法定休日や所定休日、有給休暇に加えて特別休暇を与えることで、以下のようなメリットが得られます。 ①従業員のワークライフバランスが向上する。 ②従業員のモチベーションがアップして生産性が向上する。 ③従業員からのエンゲージメントが向上して離職率が低下する。 ④企業のアピールポイントとなって求人応募が増える。 ⑤企業のイメージアップになる。 このように、特別休暇は企業にとっても従業員にとってもメリットが豊富な休暇です。 本書式は上記の特別休暇のルールを定めた「(業績が良好だった場合に特別に付与する)特別休暇規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(定義) 第3条(目的) 第4条(特別休暇の種類) 第5条(夏季特別休暇の日数) 第6条(夏季特別休暇の時期) 第7条(年末年始特別休暇の日数) 第8条(代休の付与)

    - 件
  • 私有車の業務上利用に関する規程

    私有車の業務上利用に関する規程

    私有車の業務上利用に関する規程とは、従業員が所有する乗用車を社用に利用する場合の取扱基準について定めた規程

    - 件
  • 通勤費支給規程

    通勤費支給規程

    通勤費支給規程とは、会社が従業員への通勤費の支給に関する規定をまとめたものを指します。これは、従業員が勤務地に通勤するための交通費の支給額、支給の対象となる人物、支給の条件、計算方法等を明確にするために設けられます。 〔条文タイトル〕 第1条: 目的 第2条: 適用範囲 第3条: 交通機関等の指定 第4条: 支給方法 第5条: 自転車通勤者 第6条: 利用交通機関の変更

    - 件
  • 労使協議会開催通知

    労使協議会開催通知

    労使協議会開催通知です。会社側より組合に対し労使協議会を開催する旨、通知する際にご使用ください。

    - 件
  • 事業場附属寄宿舎設置・移転・変更届

    事業場附属寄宿舎設置・移転・変更届

    事業場附属寄宿舎設置・移転・変更届の書類です。 常時10人以上の労働者を就業させる事業、又は危険な事業や衛生上有害な事業の附属寄宿舎を設置、移転又は変更しようとする場合において、これらに係る計画を工事着手14日前までに所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません。 【本書式は登録時点の法令仕様に基づいています。】

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×