カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

MBA留学規程

/1

MBA留学を希望する社員に対して、学費や生活費等を貸与する形式で留学をさせる際のルールを定めた「MBA留学規程」の雛型です。 貸与形式ではありますが、留学後、復職して所定年数を経過した際には、返還を免除するという内容を定めております。 なお、憲法が認める「職業選択の自由」の制約があるため、MBA留学終了後の転職を永久的に制限するような定めは出来ないため、本書式では、判例を鑑みて「3年間」の制限としております。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(適用者の範囲) 第3条(留学先) 第4条(留学期間) 第5条(休職) 第6条(給与の取り扱い) 第7条(勤続年数の取り扱い) 第8条(留学社員の心得) 第9条(復職) 第10条(帰国命令) 第11条(申し出の方法) 第12条(入学金・生活費等の貸与) 第13条(貸与金の返還・免除)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • フリーアドレス制度規程

    フリーアドレス制度規程

    フリーアドレス制度とは、対象となった社員は固定席を持たず、フロア内で自由に場所を選んで仕事をすることができるスタイルのことです。 同制度の利点は、固定のデスクだと毎日同じ風景でいつも同じ人との関わりになってしまい、リフレッシュできないといった課題がありますが、フリーアドレスはあらゆる部署が一緒になって働くことが可能です。 また、例えば営業社員は、直行直帰も多く必ずしも固定のデスクを保有する必要性に乏しいため、同制度を導入することでオフィススペースをより有効に使える点もメリットといえます。 本書式は、同制度のルールを定めた「フリーアドレス制度規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(対象者の範囲) 第4条(ワークステーション) 第5条(対象者の心得)

    - 件
  • 役員規程

    役員規程

    「役員規程」は、企業において役員の就任、勤務、退任に関する規定を定めるものです。以下にその要点を要約して説明します。 目的: この規程は、役員の就任、勤務、退任に関する規定を定めるものであり、役員報酬や退任慰労金については別途規定されます。また、この規程に明記されていない事項については、法令や会社の定款、株主総会、取締役会の決議に従うこととされます。 定義: この規程において、役員とは株主総会で選任された取締役および監査役のことを指します。 役員の種類: この企業の役員には、取締役社長、取締役副社長、専務取締役、常務取締役、取締役、常勤および非常勤の監査役が含まれます。また、相談役や顧問は役員待遇として扱われます。 退任: 就任期間が満了した役員や辞任・解任・死亡により役員の地位を失った者は、退任とされ、役員の資格を失います。 解任: 株主総会の決議により、役員を解任することができます。 欠格: 役員が会社法で定められる欠格の事由に該当する場合は、役員の資格を失います。また、取締役が監査役に、監査役が取締役に就任する場合は、就任と同時に前職の資格を失います。 就業および出張: 役員の就業時間や休日は、従業員の就業規則に準じます。また、役員が出張する場合は社長の承認を得て出張し、出張終了後は社長に報告する必要があります。 責務: 役員は法令や定款、取締役会の決議に従い、会社のために忠実に職務を遂行する義務があります。役員は会社の機密情報を外部に漏らしてはならず、会社の業績向上と利益拡大に努めるべきです。役員は自身の地位を利用して個人的な取引を行い、不当な利益を得てはなりません。また、内部情報を利用して株式を取得し利益を得た場合は、その利益を会社に返還する必要があります。 損害賠償: 役員が責務を怠り、会社に損害を与えた場合は、該当する役員は損害賠償責任を負うとともに解任されることがあります。 改定: この規程の改定は、取締役会の決議によって行われます。

    - 件
  • 【製造業用】(自社の社会的存在意義を示す)パーパス〔日本語・英語〕

    【製造業用】(自社の社会的存在意義を示す)パーパス〔日本語・英語〕

    企業のパーパスとは、企業が存在する理由や目的、その企業が追求する価値や意義を指します。パーパスは企業のビジョンやミッションと密接に関連し、組織の戦略や文化に影響を与える重要な要素です。企業が明確なパーパスを持つことで、従業員のモチベーション向上や顧客の信頼獲得、持続可能な成長に繋がることが期待されます。 本書式は【製造業用】の会社用の同書式です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • 懲戒規程

    懲戒規程

    本「懲戒規程」は、従業員が会社の諸規程に違反した場合に適用される制裁手続きを定めたものです。本「懲戒規程」の概要は以下の通りです。 1. 目的と適用範囲 この規程は懲戒手続きと適用事由を定めるもので、会社に勤務するすべての従業員に適用されます。 2. 懲戒の種類 懲戒には譴責、減給、出勤停止、降格、諭旨退職、懲戒解雇の6種類があり、それぞれの条件と手続きが定められています。 3. 懲戒の事由 無断遅刻や早退、無断欠勤、職場秩序の乱れ、安全規則の違反、法令違反、業務命令違反、不誠実な勤務態度、ハラスメント行為、事故や災害の引き起こし、会社の信用や名誉の毀損、業務の秘密漏洩などが懲戒の対象です。 4. 関連事項 他の社員が違反行為に関与した場合の処分、上長の責任、事情聴取と資料提出の義務、懲戒処分の決定プロセスが規定されています。 本「懲戒規程」は、会社の秩序を維持し、不適切な行動を予防及び制裁する目的に用いられます。また、公正かつ透明な手続きを通じて従業員のモラルを向上する役割も果たします。 適宜ご編集の上でご利用頂ければと存じます。

    - 件
  • マイナンバー提出書(家族分)・Excel

    マイナンバー提出書(家族分)・Excel

    本人のほかに、家族や同居人などのマイナンバー(個人番号)を一括して提出する際に役に立つ書類が、こちらのマイナンバー提出書(家族分)です。 マイナンバーのほかに、氏名や生年月日、本人との続柄も記入できるようになっています。 税務署への提出が義務付けられている、法定調書の源泉徴収票や支払調書の作成には、マイナンバーの記載が必要になります。そのため、会社は従業員からマイナンバーを収集しなくてはなりません。 その際には、こちらのExcelで作成したマイナンバー提出書(家族分)をご活用ください。ダウンロードは無料です。

    - 件
  • マイナンバー提供書

    マイナンバー提供書

    従業員に個人番号(マイナンバー)を求める際の書式です。 両面印刷で使用するように作成してありますが,ご自由に変更しお使いください。

    - 件
  • 新着特集