カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

【保険会社用】個人情報のお取扱いについて

/1

保険会社が契約の際にお客様に書いていただく個人情報の取り扱いについて、お客様にご案内するための「【保険会社用】個人情報のお取扱いについて」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2022年4月1日施行の改正個人情報保護法に対応しています。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • (規程雛形)発明考案取扱規程

    (規程雛形)発明考案取扱規程

    発明考案取扱規程の雛形・サンプルです。社内規程を作成するときに参考にしてください。

    - 件
  • 海外研修規程

    海外研修規程

    海外研修規程は、ある会社や組織が従業員を海外の教育機関に派遣する場合の取り扱いについて定めた規則や規程のことです。この規程の目的は、グローバルな知識や技能の習得を促進することにあります。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(研修先) 第3条(研修期間) 第4条(対象者) 第5条(選考手続) 第6条(研修中の待遇) 第7条(研修の報告) 第8条(研修費用)

    - 件
  • メンタルヘルス規程

    メンタルヘルス規程

    職場におけるメンタルヘルス対策には、職場の雰囲気を高めるモチベーションアップの取り組みから、メンタルな問題が起きないようにするための対策、そしてうつ病などの精神障害が発生した場合の対応まで、多岐にわたります。これらを大別すると以下の対策があります。 一次対策は、精神障害やメンタルヘルス不調の発生を未然に防ぐための取り組みです。メンタルヘルスのリスクをできるだけ減らし、職場の活性化を図る対策です。 二次対策は、病気を早期に発見し、迅速に適切な対応を取るための取り組みです。病気の早期発見や早期の適切な治療も含みます。 本書式は、上記の対策を内容に含めた「メンタルヘルス規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(適用者の範囲) 第3条(社員の努力義務) 第4条(メンタルヘルス対策) 第5条(ストレスチェック) 第6条(メンタルヘルスの問診) 第7条(講習の開催) 第8条(専門医・専門カウンセラーの紹介) 第9条(配置転換等)  第10条(情報管理) 第11条(管理職の責務)

    - 件
  • 稟議規程

    稟議規程

    稟議規程は、会社内での稟議(上位の承認を受ける手続き)に関する範囲、起案手続、進達手続、審査手続、決裁手続、決裁後の手続などを明確に定め、業務の円滑化と能率化を目指すための規定です。 この規程の目的は、会社内での稟議事項の範囲を明確にし、起案から決裁までの手続きを効率的に行うことです。 規程では、まず「定義」が示されており、稟議とは、役職者が自身の権限を超えて業務を執行する際に、決裁者の承認を受けることや、業務分掌規程に定めのない事項を執行する際に社長の決裁を受けることを指すとされています。 また、「稟議の種類」についても記載されており、支払・購入稟議、契約稟議、交際費及び会議費稟議、出張申請稟議、投資稟議、その他の稟議項目に分類されることが示されています。 規程の中では、起案手続、回議手続、決裁手続、決裁後の手続などが具体的に定められています。稟議の起案は、稟議事項の担当者が行い、稟議提出責任者となります。また、稟議事項の範囲や決裁者は、業務分掌規程の「個別権限基準表」に基づいて定められます。 さらに、電子稟議システムの利用や回議手続、決裁手続の方法、決裁後の通知、決裁の効力などが規定されています。 〔条文タイトル〕 第1章 総則  第1条 目的  第2条 定義  第3条 稟議の種類  第4条 事前稟議の原則  第5条 分割稟議の禁止 第2章 起案手続  第6条 稟議者  第7条 稟議事項の範囲とその決裁者  第8条 起案前の準備  第9条 電子稟議システム 第3章 受理および回議手続  第10条 稟議管理担当部署および事務取扱者  第11条 受理および形式審査  第12条 回議手続  第13条 回議者の審査  第14条 審査への回答  第15条 回議の促進 第4章 決裁手続  第16条 決裁の方法  第17条 決裁の通知  第18条 決裁効力の原則 第5章 決裁後の手続  第19条 業務の執行  第20条 決裁事項の変更・報告稟議  第21条 実施の中止  第22条 実行報告・報告稟議  第23条 稟議書の保管  第24条 稟議書の閲覧  第25条 機密の保持

    - 件
  • (労働保険)確定保険料算定基礎賃金集計表

    (労働保険)確定保険料算定基礎賃金集計表

    労働保険確定保険料の計算基礎となる賃金の集計表

    - 件
  • 健康保険限度額適用認定申請書_記入例(全国健康保険協会版)

    健康保険限度額適用認定申請書_記入例(全国健康保険協会版)

    「健康保険限度額適用認定申請書_記入例(全国健康保険協会版)」は、医療費の支払い負担を軽減するために必要な書類のサンプルです。70歳未満の方々が医療機関で入院した際、窓口での支払い額を削減する手続きを理解するのに役立ちます。この記入例を使用することで、申請書の正確な記入方法を学び、スムーズな手続きを行うことができます。

    1.0 1
  • 新着特集