カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
人事・労務書式
労務管理
従業員管理
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

(規程雛形)通信教育取扱規程

/1

通信教育取扱規程の雛形・サンプルです。社内規程を作成するときに参考にしてください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
1人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • (役職定年年齢を職位毎に決める)役職定年規程

    (役職定年年齢を職位毎に決める)役職定年規程

    「(役職定年年齢を職位毎に決める)役職定年規程」とは、企業や組織が役職や地位に就いている従業員に対して、職位ごとに異なる年齢で役職から退くことを求める規定のことを指します。この規定では、各職位に応じた定年年齢が設定され、それぞれの役職や地位で異なる基準が適用されます。 この制度の目的は、職位ごとに求められる能力や経験に応じて役職定年を設定することで、組織内の人事異動や昇進の機会を適切に管理し、組織の活性化や効率化を図ることです。また、各職位に応じた定年年齢を設定することで、組織内での人材育成やノウハウの継承が円滑に行われることも期待されます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(適用対象者の範囲) 第4条(役職定年) 第5条(役職離脱日) 第6条(離脱後の呼称) 第7条(離脱後の所属・職務) 第8条(業務の引継)

    - 件
  • バリュー評価制度規程

    バリュー評価制度規程

    バリュー評価とは、企業が設定する「バリュー」をどの程度達成できたかという基準で評価を行う人事評価手法です。 バリューとは、企業の経営方針に基づいて従業員に求められる価値観や行動規範のことで、 従来の日本企業では、勤続年数が重視される年功序列制度や業務成績で評価を行う成果主義が採用されてきました。 しかし、バリュー評価はこれらの評価姿勢とは全く異なる、新概念です。 本規程は、バリュー評価制度を定めた「バリュー評価制度規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(結果の活用) 第4条(対象者の範囲) 第5条(行動基準) 第6条(バリュー評価シート) 第7条(評価者) 第8条(評価の時期) 第9条(結果の開示)

    - 件
  • (出向先を限定した内容の)出向規程

    (出向先を限定した内容の)出向規程

    「(出向先を限定した内容の)出向規程」は、出向先が特定の組織や事業所に限定されている出向規程のことを指します。 本規程は、社員の出向に関するルールを定めたものです。主要なポイントは以下の通りです。 1.出向先は特定の関係会社に限定されます。 2.出向者は人事部に所属し、出向先の規則を遵守します。 3.労働条件は出向先の就業規則に従い、賃金・賞与は会社が支給します。 4.社会保険は会社で継続加入し、労災保険は出向先で加入します。 5.出向期間は勤続年数に通算され、福利厚生制度が適用されます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(定義) 第3条(出向先) 第4条(出向者の心構え) 第5条(所属) 第6条(労働条件) 第7条(労働時間差の補償) 第8条(賃金、賞与) 第9条(社会保険) 第10条(労災保険) 第11条(年次有給休暇) 第12条(勤続年数の取り扱い) 第13条(福利厚生制度) 第14条(福利厚生施設) 第15条(表彰・懲戒) 第16条(復帰) 第17条(復帰後の所属) 第18条(赴任・帰任旅費)

    - 件
  • マイカー通勤規程

    マイカー通勤規程

    従業員が通勤に使用する乗用車の管理に関する事項を定めたマイカー通勤規定の書式テンプレート。

    - 件
  • 献立表(一日の食事) 7日用 PDF 無料

    献立表(一日の食事) 7日用 PDF 無料

    一週間分の三食の献立表、行事が記入できるPDFを作成しました。 どうぞお使いください。

    - 件
  • Pマーク研修を円滑にするプライバシーマーク

    Pマーク研修を円滑にするプライバシーマーク

    新人研修や定期研修に使えるプライバシーマークについて記載した社内取扱説明書の書式テンプレートの雛形です。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×