カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
人事・労務書式
退職・辞職
進退伺
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

「進退伺」の書式テンプレート・フォーマット一覧

価格:全て ファイル形式:全て 利用されやすい部署:全て

進退伺の書式、雛形、テンプレート一覧です。進退伺とは、職務上過失があったとき、本人が責任を負って職を辞するか否かについて上司の処置を仰ぐことを記載した文書のことです。過失の原因究明が行われ、誰の責任になるのかが明白になった時点ですぐに提出します。一般的に、進退伺いを提出する際には、退職届や辞表とともに提出する場合が多いようです。進退伺は自分の進退に関わるものなので、言い訳がましい文章にならないよう注意し、丁寧かつ簡潔な言葉で、慎重に作成するようにしましょう。

40件中 1 - 20件

  • 進退伺01

    進退伺01

    部署内での不祥事により、その責任を取り、自分の進退を上長に任せるときに提出する書類

    - 件
  • 進退伺006

    進退伺006

    「進退伺006」は、従業員が自分のキャリアパスや役職についての判断を会社側に伝えるための書式として提供されています。これは、個人が直面する職業上の選択や取り組みに関して、自らの意向を組織に正確に伝えるツールとして機能します。この文書は、個人の立場や意見、そして組織の方針や考え方との間でのクリアなコミュニケーションをサポートするものです。 この文書を使用することで、その意思や考えを適切に組織に伝達することが可能となります。効果的なコミュニケーションは、組織内の円滑な運営や関係性の構築に不可欠です。この進退届書式を通じて、そのようなコミュニケーションを促進し、より良い結果を追求することが期待されます。

    - 件
  • 進退伺002

    進退伺002

    進退伺とは、自身の行動が組織に悪影響を及ぼした場合に、その責任を全うし、自身の立場を再評価するための手続きを指します。自身の過失により問題が発生した場合、自ら進退伺を行うことで、自己のミスを認め、その結果に対する責任を全うしようとする意思を示すことができます。 自身の過ちを深く反省し、その原因となった行動を改める決意を固めることが求められます。また、組織内の他のメンバーに対して、自己のミスがもたらした混乱や迷惑に対する謝罪の意を明確に示すことも重要です。 組織の信頼を回復し、その一員として再び働くためには、自身の過失に対する深い認識と、それに対する真摯な態度が必要となります。こちらの文例は無料でダウンロードできるので是非お役立てください。

    - 件
  • 管理責任を取る進退伺

    管理責任を取る進退伺

    管理責任を取る進退伺です。管理職が部下に対する管理責任を取る際の進退伺書式事例としてご使用ください。

    - 件
  • 進退伺004

    進退伺004

    「進退伺004」は、自身のキャリアの方向性を組織内で正式に伝えるための文書として提供されています。組織や会社における役割や責任の再確認、あるいは変更を希望する場合に、その意向や状況を適切に示すことが可能です。 この文書を利用することで、組織内での進退の意思を正確かつ効率的に伝達できます。個人の状況やキャリアパスの見直しは、組織の成長や変化に伴って時々必要とされます。この進退伺は、そのような節目において、意向や考えをしっかりと組織に示すためのサポートツールとして使用できます。

    - 件
  • 進退伺003

    進退伺003

    進退伺は、自己の失策が組織に損害を与えた際に、その責任を認識し、自分の行動を再評価するための手段です。この行為は、自己のミスを自覚し、その結果に対する責任を取る意志を示すことができます。また、他のメンバーに対し、自分のミスによって生じた混乱や不便に対する謝罪を行います。組織への信頼を回復し、再びその一部として働くためには、自身の過失に対する深い理解と、それに対する誠実な態度が必要です。 こちらは無料でダウンロードできるので、ぜひお役立てください。

    - 件
  • 進退伺009

    進退伺009

    「進退伺009」は、誤った判断により会社や関連者に迷惑や損害を与えた場合、謝罪の意を表明するテンプレートです。特定の事態や状況下で、自らの過ちを真摯に認め、謝罪の意を正式に伝える際に役立つものです。その内容を効果的に伝えるための構成と文面が考慮されており、誤解を招かずに、心のこもった謝罪の意を正確に伝えることができます。状況に応じて文例を編集してご利用ください。

    - 件
  • 進退伺008

    進退伺008

    進退伺いです。過失に対して自社よりの進退を伺う際にご使用ください。 進退伺は、自身の失策が組織に問題を引き起こした際に、その責任を認識し、自己の行動を再評価するための行為です。この行為により、自身のミスを認識し、その結果に対する責任を全うする決意を表明できます。自身のミスを反省し、その原因となった行動を改善する意志を示すことが期待されます。 こちらの文例はWord形式で、無料でダウンロードできるので是非お役立てください。

    - 件
  • 進退伺005

    進退伺005

    「進退伺005」は、従業員や関係者が自らの役職や位置に関する決断を組織に通知する際のドキュメントとして設計されています。一人一人が直面する職業生活の選択や課題に応じて、この文書を活用することで、自らの意向や希望を適切に組織へと伝達することが可能となります。 この書式は、状況や希望を明確にし、オープンなコミュニケーションを推進するための有用な手段となり得ます。進退の選択は、個人のキャリアにおいて大きな意味を持つ重要なステップです。この文書を通じて、個人の考えや背景を理解しやすくし、組織とのより良い関係構築の一助とすることができます。

    - 件
  • 事故による進退伺い

    事故による進退伺い

    「事故による進退伺い」の文例テンプレートです。無料ダウンロードしてご利用ください。

    - 件
  • 部下の事故犯罪による進退伺い

    部下の事故犯罪による進退伺い

    「部下の事故犯罪による進退伺い」の文例テンプレートです。無料ダウンロードしてご利用ください。

    - 件
  • 進退伺001

    進退伺001

    進退伺は、自身の過失による問題発生時に、責任を認め、今後の自身の行動を見直すための行為です。この行為を通じて、自分の過ちを認識し、その結果に対する責任を負う決意を示すことができます。これは、組織内の他のメンバーへの謝罪と自己改革の表明でもあります。自身の過失による組織へのダメージを修復し、再びその一部として活躍するためには、自己のミスを深く理解し、誠実に対処する必要があります。 こちらの文例は無料でダウンロードできるので是非お役立てください。

    - 件
  • 進退伺003

    進退伺003

    「進退伺003」は、自身のキャリアパスにおける進退を組織や会社に伝えるための書式を提供しています。組織の中で自身の役割や立ち位置を再評価したい、または変動があった場合に、その旨を明確にし、会社に伝達することが求められる場面があります。 この文書は、そういった状況において適切な手段として活用できるようデザインされています。自らの意向や状況を率直に伝えることは、職場において重要なコミュニケーションの一部です。この書式は、明確で理解しやすいコミュニケーションを促進するためのツールとして、多くのプロフェッショナルに選ばれています。

    - 件
  • 進退伺007

    進退伺007

    進退伺は、自身の過失による組織への影響に対し、その責任を全うし、自分の立場を再考するための行為です。この行為は、自己の過ちを認め、その結果に対する責任を引き受ける意志を示すものです。自身のミスを深く反省し、その行為を修正する決意を固めることが求められます。また、自身の過失による組織内の混乱に対する謝罪も行います。組織の信頼を回復し、再びその一員として活動するためには、自身の過失に対する深い理解と、それに対する誠実な対応が必要となります。

    - 件
  • 賠償請求の責任を取る進退伺

    賠償請求の責任を取る進退伺

    賠償請求の責任を取る進退伺です。他社との賠償責任問題が生じ、起因従業員による進退伺書式事例としてご使用ください。

    - 件
  • 始末書・縦・Word

    始末書・縦・Word

    「始末書」とは、自分の行動や結果について上司や関係者に報告するための書類です。主に、職場でミスやトラブルが発生した場合に使用されます。 始末書を作成する目的は、ミスやトラブルの原因や経緯を明確にするだけでなく、自分の責任を認め、反省や改善策を示すことにあります。これにより、上司や関係者との信頼関係を築くことができます。 また、反省の言葉や改善策を具体的に示すことで、再発防止や能力向上への意欲を示せます。 こちらのテンプレートは、縦書きのレイアウトの始末書です。無料でダウンロードすることができる本テンプレートを、自社でお役立ていただければと思います。

    - 件
  • 部下の失態による進退伺い

    部下の失態による進退伺い

    部下の失態による進退伺いです。自分の部下が失態をしてしまった際の進退伺書式事例としてご使用ください。

    - 件
  • 進退伺02

    進退伺02

    進退伺とは、部署内での不祥事により、その責任を取り、自分の進退を上長に任せるときに提出する書類

    - 件
  • 進退伺005

    進退伺005

    進退伺は、自身の失敗が組織に負の影響を及ぼしたとき、その責任を認め、自分の地位を再評価するための過程です。この行為により、自分のミスを認識し、その結果に対する責任を全うする意思を表すことができます。また、他の組織のメンバーに対して、自分のミスがもたらした問題に対する謝罪を明確に行います。組織への信頼を再建し、再びそのメンバーとして働くためには、自身のミスに対する深い認識と、それに対する誠実な態度が求められます。

    - 件
  • 進退伺004

    進退伺004

    「進退伺004」は、会社や近隣住民に対する謝罪と責任取りの意を表明する際のテンプレート書式となっています。特定の事象や問題に対して、自らの行為や判断の結果、他者に不利益を及ぼした場合に使用することが適しています。このテンプレートを用いることで、心からの謝罪とその後の手続きについて、明確に伝えることが可能となります。Word形式で無料ダウンロードが可能ですので、適宜編集してご利用ください。

    - 件

カートに追加しました

カートを見る

新着特集

×
×