カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
経営・監査書式
取締役会議事録
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

【改正会社法対応版】(取締役が取引相手会社の代表取締役に就任し競業取引をした場合の)取締役会議事録

/1

「【改正会社法対応版】(取締役が取引相手会社の代表取締役に就任し競業取引をした場合の)取締役会議事録」とは、会社法の改正に対応した特定の会社の取締役会が行った議事録のことを指します。具体的には、取締役が自社が取引を行っている別の会社の代表取締役に就任した場合に、競業取引や利益相反などの問題が生じる可能性があるため、その状況について取締役会で議論した際の議事録を指します。 取締役が取引相手会社の代表取締役に就任する場合、特に競業取引に関連する企業間の関係が発生します。これは、自社が取引を行っている企業と競合するような業務を新たな役職に就いた取締役が行うことになる可能性を指します。このような状況は、潜在的な利益相反や業務遂行における倫理的な問題を引き起こす可能性があります。 なお、営業上の取引が発生している取締役会設置会社間で、一方の会社の取締役が、他方の会社の代表取締役に就任して競業取引を行なった場合、当該取締役は、競業取引を行なった旨、遅滞なく取締役会に報告する義務があります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正会社法対応版】(取締役が取引相手会社の代表取締役に就任し自己取引(間接取引)をした場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(取締役が取引相手会社の代表取締役に就任し自己取引(間接取引)をした場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(取締役が取引相手会社の代表取締役に就任し自己取引(間接取引)をした場合の)取締役会議事録」の雛型です。 取締役が他の会社代表取締役を兼務している場合、代表取締役に就任している会社の債務等を取締役に就任している会社が保証するについて、両者の利益が相反する(間接取引)ことから、当該取締役は、間接取引を行なった旨、遅滞なく取締役会に報告する義務があります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 有限会社本店移転登記申請書02(新登記所)

    有限会社本店移転登記申請書02(新登記所)

    有限会社本店移転登記申請書(新登記所)とは、会社の本店が移転するときに提出する申請書

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(中間配当を決議した場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(中間配当を決議した場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(中間配当を決議した場合の)取締役会議事録」の雛型です。 取締役会議事録に押印する印鑑については、特に定めはありませんが、通例、代表取締役は会社の代表印を使用しています。他の取締役等については認印で差し支えありません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(上半期貸借対照表及び損益計算書の承認を決議した場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(上半期貸借対照表及び損益計算書の承認を決議した場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(上半期貸借対照表及び損益計算書の承認を決議した場合の)取締役会議事録」の雛型です。 取締役会議事録に押印する印鑑については、特に定めはありませんが、通例、代表取締役は会社の代表印を使用しています。他の取締役等については認印で差し支えありません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • NPO法人解散及び清算人就任登記申請書

    NPO法人解散及び清算人就任登記申請書

    「NPO法人解散及び清算人就任登記申請書」は、特定非営利活動法人(NPO法人)の解散及び清算人の就任を登記するために必要な書類です。この書類の重要性は極めて高く、正確な記入が要求されます。 特定非営利活動法人(NPO法人)制度とは、特定非営利活動を行う団体に法人格を付与し、その活動の健全な発展を促すものであり、市民の社会貢献活動を支えています。NPO法人は法人格を持つことにより、信頼性が高まると共に、法人名で取引を行うことが可能となります。 しかし、その一方で、NPO法人が解散を決定した場合、正式な手続きが求められます。その際には、この「NPO法人解散及び清算人就任登記申請書」が必要となります。清算人の就任は、その後の財産の分配や債務の清算など、複雑な業務を円滑に進行させる上で不可欠な役割を果たします。 NPO法人がその活動を終える時、本書類は終了の過程を適法かつスムーズに進行させるための重要な文書のひとつです。解散の通知、財産の清算、そして関係者への適切な報告等を行うためには、この書類の正確な記入が求められます。

    - 件
  • NPO法人設立登記申請書

    NPO法人設立登記申請書

    「NPO法人設立登記申請書」は、特定非営利活動促進法に基づき、新たな特定非営利活動法人(NPO法人)を設立するための重要な手続きの一部です。この法人制度は市民の自由な社会貢献活動を推進するため、平成10年12月に施行され、法人の名の下に取引等を行うことができるようになり、団体に対する信頼性が高まるという利点があります。 新しいNPO法人を設立する際、あるいは既存の団体がNPO法人としての法人格を取得する際に、「NPO法人設立登記申請書」が必要となります。これは、団体の目的、活動内容、運営体制などを明記し、その公開を通じて市民やステークホルダーからの信頼を獲得するための手段のひとつです。 以上のような理由から、「NPO法人設立登記申請書」は、新しいNPO法人の設立や既存の団体の法人化において重要な役割を果たす公式文書と言えます。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×