カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
社内規程・規則
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

雇用調整規程

/1

会社の業績不振により雇用が過剰になったときの対策を定めた「雇用調整規程」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(雇用調整) 第3条(社員への説明義務) 第4条(一時休業 第5条(出向) 第6条(希望退職、退職勧奨) 第7条(整理解雇) 第8条(経営責任)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 顧客情報管理規程

    顧客情報管理規程

    顧客情報管理規程とは、企業や団体が顧客情報を適切に管理するために策定する内部規定のことです。顧客情報には、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、購入履歴、利用履歴などが含まれます。 顧客情報管理規程は、顧客情報の収集、利用、保管、提供、廃棄などの全ての過程について、適切な取り扱いを定めることで、個人情報保護法や関連法令に適合し、顧客のプライバシー保護や情報漏洩のリスクを最小限に抑えることを目的としています。 顧客情報管理規程は、顧客情報を管理するための重要な基盤となり、企業や団体の信頼性向上にもつながります。また、個人情報保護法や関連法令の遵守によって、情報漏洩による法的なリスクを回避することもできます。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(顧客情報の定義) 第3条(社員の義務) 第4条(利用目的の特定) 第5条(適正な取得) 第6条(取得しない顧客情報) 第7条(取得に際しての利用目的の明示) 第8条(内容の正確性の確保) 第9条(顧客情報管理責任者) 第10条(顧客情報の禁止事項) 第11条(閲覧等の手続き) 第12条(社外への持ち出しの禁止) 第13条(第三者への提供の制限) 第14条(本人への開示) 第15条(顧客情報の訂正等) 第16条(利用停止等) 第17条(苦情の処理) 第18条(管理責任者への通報義務) 第19条(事実関係の調査) 第20条(適切な措置の実施)

    - 件
  • 社有車の持ち帰りに関する規程

    社有車の持ち帰りに関する規程

    取引先へ早朝出発しなければならないときや取引先から会社への帰着が時間外に及ぶとき等、社員が社有車にて自宅まで帰宅せざるを得ない状況もあり得るかと存じます。 そのような状況において社内ルール無しでは、私的利用等をする社員も出てきてしまう可能性があります。 本書式は、上記のような社員の私的利用等の不正行為の防止その他必要な社内ルールを定めた「社有車の持ち帰りに関する規程」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(持ち帰りの条件) 第3条(許可取得手続き) 第4条(持ち帰り車の管理) 第5条(禁止事項) 第6条(車両の返還) 第7条(会社の免責)

    - 件
  • 資材等取扱規程

    資材等取扱規程

    資材とは施工をするに当たり使用する材料、部品及び消耗品を指し、それらの取り扱いについて定めた資材等取扱規程のテンプレート書式です。

    - 件
  • 従業員貸付規程

    従業員貸付規程

    病気等のやむを得ない事由による場合に会社から従業員に対して、貸し付けを行うための手続や基準を定めた「従業員貸付規程」の雛型です。 なお、災害や病気等で臨時に多額の生活資金が必要となった従業員に、合理的と認められる金額や返済期間で金銭を貸し付ける場合には、給与課税されないことになっています。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(貸付) 第3条(貸付対象者) 第4条(資金の使途) 第5条(貸付の限度額) 第6条(貸付期間) 第7条(利息) 第8条(返済期間) 第9条(返済方法) 第10条(一括返済の義務) 第11条(申請手続) 第12条(審査) 第13条(通知) 第14条(貸付実行)

    - 件
  • 社員食堂管理委員会規程

    社員食堂管理委員会規程

    会社の食堂を管理する委員会の規程とは、企業内の食堂運営に関するルールや取り決め、およびその運営を担当する委員会(食堂委員会)の役割や権限、責任を明確に定めた文書のことです。 食堂委員会の規程では、以下のような事項が定められることが一般的です。 1.委員会の目的:食堂の運営管理を円滑に行い、従業員の健康や労働環境の向上に寄与することを目的とします。 2.委員の選出方法と任期:委員は従業員から選出され、任期や選出方法が規定されます。 3.委員会の運営:定期的な会議の開催や議事録の作成、報告の手続きなど、委員会の運営方法が明記されます。 4.食堂の運営管理:食堂のメニュー決定、衛生管理、価格設定、利用者の意見や要望の収集・改善策の検討など、食堂の運営に関する具体的な取り組みが記載されます。 5.予算と費用管理:食堂運営に関する予算や費用管理の方法が定められます。 6.報告と連携:食堂委員会は、企業の経営陣や他部署と連携し、報告や情報共有を行います。 会社の食堂を管理する委員会の規程は、企業の規模や組織文化に応じて異なる場合があります。適切な規程を設定し、従業員に周知徹底させることで、食堂の運営がスムーズに行われ、従業員の満足度や労働環境の向上につながります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(機能) 第4条(構成) 第5条(委員の任命) 第6条(委員の任期) 第7条(委員長) 第8条(副委員長) 第9条(委員会) 第10条(議事録) 第11条(事務)

    - 件
  • (規程雛形)携帯電話管理規程

    (規程雛形)携帯電話管理規程

    携帯電話管理規程の雛形・サンプルです。社内規程を作成するときに参考にしてください。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×