カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
社外文書
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

【改正民法対応版】有価証券担保差入証

/2

取引相手に対する債務の担保のために、所有している有価証券を担保として差し入れるための「【改正民法対応版】有価証券担保差入証」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • リース物件借受証

    リース物件借受証

    リース取引の一般的な手順は以下の通りです。 1.リース取引は、借受手と販売会社の間での物件選定から始まります。この段階ではリース会社は関与せず、借受手は希望する物件を選定し、販売会社は物件見積書を発行します。 2.借受手は物件見積書をもとにリース会社に見積依頼をします。物件見積書に記載された物件に対し、借受手とリース会社間でリース期間やリース料を交渉し、リース会社はリース見積書を発行します。 3.リース見積書をもとに借受手はリース契約の締結を意思決定し、リース契約を申し込みます。契約が締結されると、リース会社は販売会社に物件を発注し、販売会社は物件を借受手のもとに納入します。借受手は納入された物件が発注した通りの種類・数量・使用であり、問題なく使用できるか確認します。 4.物件は、リース契約上の借受日までは販売会社に所有権があるので、借受手は物件を検収・保管し、物件に問題がなければリース会社に対して「リース物件借受証」を発行します。この物件借受証に記載された借受日をもって、物件の所有権がサプライヤーからリース会社に移転すると同時に、リース期間の開始日となり、この日から借受手はリース物件を使用できるとともに、リース料の支払いが始まります。 本「リース物件借受証」は、上記4の通り、ユーザーがリース物件の品質等の検査を完了したうえで、その物件を借り受けることの意思を表示する文書で、リース会社が物件借受証を受け取ったときに、物件借受証記載の借受日をもってリース会社からユーザーへの物件の引渡しが完了し、リースが開始することになります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • 株券提出不能に対する異議申述公告

    株券提出不能に対する異議申述公告

    本「株券提出不能に対する異議申述公告」とは、株券を紛失したり、破損して提出できない場合に、その株券に関する権利を主張するために行う法的手続きのための雛型です。 この公告は、株券を失った人が新しい株券を発行してもらうために、失われた株券の無効化を求める際に必要になります。 具体的には、株式会社や金融機関が公的な告知を行い、株券の紛失に関する異議がある者に対して、一定期間内にその異議を申し立てる機会を提供するものです。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • 手術・麻酔・検査に関する説明書兼承諾書

    手術・麻酔・検査に関する説明書兼承諾書

    本「手術・麻酔・検査に関する説明書兼承諾書」は、医療機関が患者またはその親族に対して、手術や麻酔、検査を行う前に、それらの必要性、危険性、合併症の可能性などを説明し、その上で同意を得るための文書です。 この文書は、医療行為を受ける際の患者の権利を守り、透明性を確保することを目的としています。

    - 件
  • 【改正民法対応版】(動産に設定されている質権付)債権譲渡契約書

    【改正民法対応版】(動産に設定されている質権付)債権譲渡契約書

    「【改正民法対応版】(動産に設定されている質権付)債権譲渡契約書」とは、改正された民法に対応した債権譲渡契約書の一種で、動産に設定されている質権(担保権)が付与されているものを指します。 これは、ある債権(例えば、金銭の貸付)を他の人(譲受人)に譲渡する際に使用される契約書です。質権は、債務者が債務の履行を保証するために動産を担保として提供する権利を示します。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法に対応しております。 〔条文タイトル〕 第1条(債権譲渡) 第2条(通知・承諾) 第3条(本件譲渡対象債権に関する保証事項) 第4条(解除) 第5条(質権の移転) 第6条(合意管轄) 第7条(協議)

    - 件
  • 【改正民法対応版】集合債権譲渡担保設定契約書

    【改正民法対応版】集合債権譲渡担保設定契約書

    「【改正民法対応版】集合債権譲渡担保設定契約書」とは、改正された民法に準拠した、集合債権の譲渡担保を設定するための契約書のことです。これは、複数の債権を担保にする場合に利用される契約です。 本雛型は適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法に対応しております。 〔条文タイトル〕 第1条(本件債権譲渡) 第2条(対抗要件の具備) 第3条(譲渡対象債権の取立て) 第4条(保証) 第5条(譲渡対象債権に関する報告) 第6条(合意管轄) 第7条(協議)

    - 件
  • 【国連持続可能な開発目標 (SDGs)対応版】サステナビリティ方針

    【国連持続可能な開発目標 (SDGs)対応版】サステナビリティ方針

    サステナビリティ方針(Sustainability Policy)は、組織や団体が持つ持続可能な運営や活動に関する基本的なガイドラインや原則のことを指します。これは、組織が環境、社会、経済の三つの側面すべてにおいて長期的な持続可能性を追求し、その運営や活動が将来の世代にも影響を与えないようにするための方針です。 組織がサステナビリティ方針を採用することで、短期的な利益追求だけでなく、長期的な持続可能性を考慮した運営が実現されることを目指します。特に国際的な枠組みとして、国連の持続可能な開発目標(SDGs)が、組織や国家がサステナビリティ方針を策定する際の重要な指針となっています。 〔タイトル〕 1. 環境への責任 2. 社会的な責任 3. 倫理と透明性 4. イノベーションと持続可能な商品開発 (注)本説明文はchatgptにて生成した文章を作者が一部修正したものです。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×