カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
経営・監査書式
会社設立・法人登記
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

新会社法モデル登記書式セット「定時役員変更」_定時株主総会議事録

/1

定時株主総会の開催された日時・場所、経過および結果について記録しておくための書類

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正会社法対応版】(発行可能株式総数の変更をする場合の)臨時株主総会議事録

    【改正会社法対応版】(発行可能株式総数の変更をする場合の)臨時株主総会議事録

    「【改正会社法対応版】(発行可能株式総数の変更をする場合の)臨時株主総会議事録」の雛型です。 発行可能株式総数の全部の株式が発行されている場合、またその大部分の株式が発行されている場合に、募集株式の発行による増資をするときは、前もって株主総会の特別決議で発行可能株式総数枠を確保しておく必要があります。 変更後の発行可能株式総数は、当該定款変更が効力を生じた時における発行済株式の総数の4倍を超えることはできません。ただし、株式譲渡制限会社については、この上限規制は適用されませんので、4倍を超えて定めることが可能です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • NPO法人主たる事務所移転登記申請書1(管轄登記所外移転)

    NPO法人主たる事務所移転登記申請書1(管轄登記所外移転)

    「NPO法人主たる事務所移転登記申請書1(管轄登記所外移転)」は、特定非営利活動法人(NPO法人)が主たる事務所の所在地を管轄外に移転する際に使用する書類です。この書類は、移転後の新しい住所の正確な記録と、公の記録を更新するために必要不可欠です。 特定非営利活動法人制度は、ボランティア活動などの市民の自由な社会貢献活動の健全な発展を促進することを目的としています。法人格を持つことで、団体の信頼性が高まり、法人の名の下で取引を行うことが可能になります。一方で、所在地の変更などの重要な変更事項は適切に登記されるべきであり、そのためにはこの「NPO法人主たる事務所移転登記申請書1(管轄登記所外移転)」の役割が不可欠です。 事務所の移転はNPO法人の運営に大きな影響を及ぼします。事務所の位置は、関係者とのコミュニケーション、活動の拠点、そして地域社会との関わりに直接関連します。そのため、移転後の新しい住所を正確に登記することは、団体の信頼性維持にとって重要です。 この申請書を適切に記入し、提出することで、NPO法人は社会と連携し、更なる活動展開を可能とします。移転は新たなスタートを意味しますが、それは同時に公の信頼と期待に応えるための適切な手続きを必要とします。この「NPO法人主たる事務所移転登記申請書1(管轄登記所外移転)」は、そのプロセスを正式にし、公的な信頼を維持するための重要な手段です。

    - 件
  • 発起人決定書

    発起人決定書

    発起人決定書です。一人会社設立による決定書としてご使用ください。

    - 件
  • (株主総会議事録)取締役解任

    (株主総会議事録)取締役解任

    株主総会の議事について作成する議事録の作成フォーマットです。取締役解任の雛形・例文となっています。

    5.0 1
  • 払込があったことを証明する書面01(記入例)

    払込があったことを証明する書面01(記入例)

    払込があったことを証明する書面の記入例が記されています。書面を作成する際には記入例を参考にしてください。

    - 件
  • 裁判所に対する届出:裁判所に対する財産目録、貸借対照表の提出

    裁判所に対する届出:裁判所に対する財産目録、貸借対照表の提出

    裁判所に対する財産目録、貸借対照表の提出とは、裁判所に財産目録、貸借対照表を提出したことを記載するための書類

    - 件
  • 新着特集