カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
法務書式
示談書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

刑事事件示談書(暴行・傷害等)

/1

暴行や傷害など刑事事件についての示談書テンプレートです。示談金の支払い及び告訴等の取り下げについて記載しております。Wordで作成した基本フォーマットです。被疑事件概要などは自由に編集してお使いください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須

1 件のレビュー (平均評価3.0

  • [業種] 小売・卸売・商社 男性/30代

    2019.05.24

    第2条最後の「甲は受領した。」は「乙は受領した。」ではないですか? 甲が支払い、甲が受領しているように取れますが

facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正民法対応版】(加害者用)交通死亡事故示談契約書

    【改正民法対応版】(加害者用)交通死亡事故示談契約書

    死亡事故の場合、示談の当事者を確定する必要があります。 まず、被害者の配偶者と子供の場合は、法定相続人ですから当事者となり得ます。また、被害者の両親も慰謝料を請求する権利がありますので、当事者となり得ます。 自動車事故証明書については、自動車安全運転センターが交付しますが、人身事故については事故発生から5年を経過したものについては原則交付されませんので、ご注意願います。 本書式は、第6条に被害者側の当事者の「刑事免責への協力」義務(例:刑事上の罪の軽減・免責のための嘆願書等の作成義務)を規定している点で加害者側の方用の書式となっております。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(合意事項) 第2条(損害賠償責任) 第3条(損害賠償金) 第4条(遅延損害金) 第5条(保険金手続への協力) 第6条(刑事免責への協力) 第7条(清算条項)

    - 件
  • 【改正著作権法対応版】著作権侵害示談書(4者間契約)

    【改正著作権法対応版】著作権侵害示談書(4者間契約)

    この文書は、著作権侵害に関する示談書と詫状(謝罪状)です。概要は以下の通りです。 ​​〔概要〕 1. 著作者(甲)、出版社(乙)、及び他の二者(丙と丁)が示談を行ったことを記載。 2. 丙と丁が、甲の著作「□□」を無断で引用し、別の作品「■■」を出版して、甲の著作権と乙の出版権を侵害したと説明。 3. 丙と丁が甲に対して謝罪し、損害賠償金を支払うことを決める。 4. 丙と丁が乙に対しても損害賠償金を支払うことを決める。 5. 丙と丁は「■■」の在庫を破棄し、印刷に関連する物を乙に送ることを決める。 6. 甲と乙は受け取った印刷物を廃棄することを決める。その費用は丙と丁が負担する。 7. 丙と丁が義務を履行した場合、甲と乙は刑事告訴しないことを決める。 8. 示談に関連する債権債務について、甲・乙と丙・丁間でないことを確認する。 9. 示談の確認として、各当事者が署名捺印を行い、各自が書類のコピーを保持する。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2023年4月1 日施行の改正著作権法対応版です。 ※ 本説明文はchatgptで生成し、一部編集

    - 件
  • 売渡証書

    売渡証書

    不動産を売買したことを証明するための書類

    5.0 1
  • 集団スト-カ-行為に関する示談書

    集団スト-カ-行為に関する示談書

    集団スト-カ-行為により精神的損害を受けた事件に関しての示談内容をまとめた「集団スト-カ-行為に関する示談書」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(集団ストーカーの事実) 第2条(誓約) 第3条(損害賠償) 第4条(刑事不処分) 第5条(秘密保持) 第6条(債権債務の不存在)

    - 件
  • 贈与証書

    贈与証書

    不動産を無償で贈与したことを証明するための書類

    - 件
  • 【改正民法対応版】死因贈与契約書(公正証書用)

    【改正民法対応版】死因贈与契約書(公正証書用)

    死因贈与とは、贈与する側の死亡を条件として、相手に特定の財産を贈与する旨の契約です。したがって、贈与する側と贈与を受ける側との合意の上で行われます。贈与契約は、口約束でも成立しますので、契約書を作成していないからといって死因贈与が成立しないわけではありません。 しかし、財産を譲り渡すことは重大な意思表示であるため、口約束の場合、亡くなった人の真意と認められないリスクがあります。また、そもそも口約束だと、死後に死因贈与の約束をしたことの証明が困難になるでしょう。 このため、死因贈与をする際には贈与契約書を作成するべきです。また、後からトラブルが起きないよう、公正証書の形式とすることがおすすめです。 例えば、不動産の死因贈与では、生前に始期付所有権移転仮登記を行うことができます。公正証書でこれを定めた場合には、贈与を受ける側が単独で仮登記申請ができるようになります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(仮登記申請手続) 第3条(執行者)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×