カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
契約書
金銭消費貸借契約書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

金銭貸借契約書(無利子・一括弁済・無担保)(借用書)

/1

金銭貸借契約書:無利子・一括弁済・無担保 借用書書式

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須

43 件のレビュー (平均評価4.4

  • [業種] 飲食・宿泊 男性/50代

    2023.11.30

    わかりやすいです

  • [業種] 飲食・宿泊 男性/30代

    2023.11.01

    とても簡素で分かりやすく、つかいやすかったです。ありがとうございました。

  • [業種] 製造 男性/30代

    2023.06.28

    とても勉強になりわかりやすかった

  • [業種] サービス 男性/40代

    2022.03.24

    ありがとうございました。

  • [業種] 製造 男性/60代

    2021.10.03

    役に立ちました

  • [業種] サービス 女性/50代

    2021.09.30

    有難うございました。

  • [業種] 不動産 男性/50代

    2021.09.19

    有難う御座います。大変便利で助かります。

  • [業種] 教育・学習 男性/60代

    2021.09.05

    ありがとうございました。 助かりました。

  • [業種] 建設・建築 男性/60代

    2021.08.26

    従業員の前借用に使用します

  • 退会済み

    2021.08.24

    いつも使ってますが分かり易く便利 ━━━━━━━━ 2021/08/24 追記 ━━━━━━━━ いつも情報を頂いて重宝してます。

  • [業種] 建設・建築 女性/50代

    2021.08.22

    ダウンロードがややこしかった

  • [業種] 主婦・学生・働いていない 男性/60代

    2021.08.14

    よいと思う

  • [業種] 不動産 男性/60代

    2021.08.12

    とても良い

  • [業種] 運輸 男性/60代

    2021.07.30

    助かった。

  • [業種] サービス 男性/60代

    2021.07.29

    大変参考になりました。次回はグループ会社内での金銭貸借や子会社への貸付に対する契約書があれば参考にしたいです

facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
25人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正民法対応版】(主債務者の金銭消費貸借債務に関する)「連帯保証書」

    【改正民法対応版】(主債務者の金銭消費貸借債務に関する)「連帯保証書」

    主債務者が金銭消費貸借契約で負った金銭債務について、第三者に連帯保証をさせるために署名捺印させて差し入れさせるための『【改正民法対応版】(主債務者の金銭消費貸借債務に関する)「連帯保証書」』の雛型です。 連帯保証人は以下の催告・検索の抗弁権がありません。 (1)催告の抗弁権:債権者から支払いの請求を受けたら「先に債務者本人に請求せよ」などと主張する権利 (2)検索の抗弁権:主債務者に財産があるにもかかわらず、債権者から競売等の執行を受けたときに、「先に債務者の財産から執行せよ」などと主張する権利 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

    - 件
  • 金銭消費賃借契約書03(借用書)

    金銭消費賃借契約書03(借用書)

    金銭消費貸借契約書のテンプレート書式です。金銭の貸し借りに関して契約書を交わす際に用いるテンプレート書式です。利率や返済期限等について、取り決めを行っています。ダウンロードは無料です。

    4.4 10
  • 【改正民法対応版】(時効の完成猶予のための)「金銭債権に関する協議の合意書」

    【改正民法対応版】(時効の完成猶予のための)「金銭債権に関する協議の合意書」

    2020年4月1日に施行された改正民法で、「協議を行う旨の合意による時効の完成猶予」(改正民法第151条)という制度が設けられました。 「改正民法第151条(協議を行う旨の合意による時効の完成猶予)」の概要は以下の通りです。 1.権利についての協議を行う旨の合意が書面でされたときは、次に掲げる時のいずれか早い時までの間は、時効は完成しない。 (1)その合意があった時から1年を経過した時 (2)その合意において当事者が協議を行う期間(1年に満たないものに限る。)を定めたときは、その期間を経過した時 (3)当事者の一方から相手方に対して協議続行を拒絶する旨の書面通知がされたときは、その通知の時から6箇月を経過した時 つまり、当事者間で、協議を行う旨の合意が書面でされれば、上記の期間中は消滅時効は完成しないということです。 本書式は、上記1(2)に則り、1年未満の協議期間を定める内容の『【改正民法対応版】(時効の完成猶予のための)「金銭債権に関する協議の合意書」』の雛型です。 ただ、内容証明郵便などで債権者が債務者に支払いを請求したような場合(改正民法上「催告」といいます。)、改正改正民法第150条により6ヶ月間時効の完成が猶予されます。 この催告による猶予期間中に、協議を行う旨の書面による合意が成立したとしても、改正民法第151条に基づく猶予は効力がないとされていることに注意が必要です(改正民法第151条第3項)。 合意による時効の完成猶予期間中の催告も、同様に催告による猶予は効力がありません。 つまり、債権者としては、提訴する前段階として時効完成猶予の効果を得るためには、催告するか、協議を行う旨の書面による合意をするか、いずれかを選択するということになります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(合意内容) 第2条(協議期間) 第3条(協議終了) 第4条(訴訟提起)

    - 件
  • (契約書雛形)意匠権通常実施権設定契約書

    (契約書雛形)意匠権通常実施権設定契約書

    意匠権通常実施権設定契約書の契約書雛形・テンプレートです。

    - 件
  • 【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書

    【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書

    締結済みの契約に基づく支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための「準消費貸借契約書」の雛型です。 準消費貸借とは、既に金銭等の支払義務が発生している場合に、その金銭等を消費 貸借の目的とすることを合意することにより成立する消費貸借契約のことを言います。 債権者側のメリットは、(1)利息の徴収が可能となる(2)分割弁済により弁済可能性が高まる(3)消滅時効の延長(改正民法第166条)です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(既存債務の確認) 第2条(準消費貸借) 第3条(弁済の条件)  第4条(利息等)  第5条(反社会的勢力の排除) 第6条(協議事項) 第7条(管轄裁判所)

    - 件
  • 【改正民法対応版】借用書(連帯保証人あり)

    【改正民法対応版】借用書(連帯保証人あり)

    借主と連帯保証人が署名捺印して、貸主に差し入れる形式の「借用書(連帯保証人あり)」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×