カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
契約書
金銭消費貸借契約書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

金銭貸借契約書(利子付・分割・元利均等・無担保・元利金等分割払の貸付)(借用書)

/1

金銭貸借契約書:利子付、分割、元利均等、無担保、元利金等分割払の貸付借用書書式

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須

17 件のレビュー (平均評価4.3

  • [業種] コンサル・会計・法務関連 女性/50代

    2021.09.01

    すごい便利です。

  • [業種] 建設・建築 男性/60代

    2021.08.19

    大変 役立っています。

  • [業種] 不動産 男性/60代

    2021.06.20

    文面に○○の入らないのは出ないですか。

  • [業種] 製造 男性/60代

    2020.10.17

    これから作成しようとおもっていたので、参考になりました

  • [業種] 小売・卸売・商社 男性/70代

    2020.05.23

    即利用出来て助かりました。 ありがとうございました。

  • [業種] 運輸 男性/50代

    2020.01.18

    有難う御座いました。

  • [業種] その他 男性/50代

    2020.01.15

    簡潔でわかりやすい

  • [業種] 不動産 男性/70代

    2019.10.15

    ありがとうございます。

  • [業種] 製造 男性/50代

    2019.09.17

    大変や役に立ちました。有難うございました

  • 退会済み

    2019.03.05

    参考にさせて頂きます。

  • [業種] 病院・福祉・介護 男性/50代

    2019.02.21

    ありがとうございました。

  • 退会済み

    2018.08.28

    助かりました!ありがとうございました。

  • [業種] その他 男性/60代

    2018.05.24

    シンプル版となっていますので、参考ひな形として使いやすかったです。 有難うございます

  • [業種] 建設・建築 男性/60代

    2017.10.04

    ありがとうございました。本当に助かりました。 感謝いたします。

  • 退会済み

    2017.10.03

    ありがとうございました

facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
4人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正民法対応版】(商品代金を消費貸借へ切り替えるための)準消費貸借契約書

    【改正民法対応版】(商品代金を消費貸借へ切り替えるための)準消費貸借契約書

    準消費貸借契約とは、例えば商品代金の未払債務など、金銭その他の支払義務について、債務者がお金を借りたことにして、これの返済を約束する事によって、従前の債務を消費貸借の契約に改める契約のことをいいます。 複数の取引や債務がある場合に、複雑化を避けるために、これらを一本にまとめて整理するなどという目的で利用されます。旧債務が存在していることを前提としているため、旧債務を特定して明記する必要があります。 効果として、準消費貸借契約によって旧債務が消滅し、新たに「貸金債務」が生じることになります。ただし、当事者の反対の意思が明らかでない限り、新旧債務の同一性を維持しつつ、消費貸借の規定に従うことに過ぎないものと推定されます。 そのため、同時履行抗弁権や担保は消滅せずに新債務に引き継がれます。一方、当事者の意思によって左右し得ないものは、新債務の性質によって決まります。 本書は、上記の性質を持つ準消費貸借契約に該当する「【改正民法対応版】(商品代金を消費貸借へ切り替えるための)準消費貸借契約書」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

    - 件
  • (契約書雛形)借用書

    (契約書雛形)借用書

    お金の貸し借りについて発生する借用書のテンプレートファイルです。ご活用ください。

    3.5 2
  • (契約書雛形)特許権譲渡契約書

    (契約書雛形)特許権譲渡契約書

    特許権譲渡契約書の契約書雛形・テンプレートです。

    - 件
  • 【改正民法対応版】特許権等譲渡契約書

    【改正民法対応版】特許権等譲渡契約書

    特許権は財産権であり、原則として自由に譲渡ができます。譲渡の効力は、登録により発生します。また、特許成立前の持許を受ける権利も譲渡可能ですが、出願前の特許を受ける権利の譲渡は、承継人が出願しなければ第三者に対抗できず、出願後の特許を受ける権利の譲渡は、特許庁長官への届出が効力発生要件となります。 特許権や特許を受ける権利の譲渡に際しては、対象となる特許発明を明確に特定して行うことが何よりも重要です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(対象特許) 第2条(対価及び支払方法) 第3条(登録申請手続及び費用の負担) 第4条(不争義務) 第5条(秘密保持) 第6条(協議)

    - 件
  • 【改正民法対応版】入会権譲渡契約書

    【改正民法対応版】入会権譲渡契約書

    本「【改正民法対応版】入会権譲渡契約書」は、入会権の譲渡人と譲受人の間で入会権を譲渡する際に使用する契約書の雛型です。 入会権の譲渡、譲渡対価、入会団体の承諾など、入会権の譲渡に関する基本的な事項を規定しています。また、譲渡人の表明保証事項を明確にし、表明保証に反する事実が判明した場合の譲受人の契約不適合責任を定めています。さらに反社会的勢力の排除条項を設け、反社会的勢力との関係を遮断する内容となっています。 本雛型は、入会権の譲渡に関する一般的な事項をカバーしていますが、実際の契約締結に際しては、具体的な状況に応じて必要な修正を加える必要があります。また、入会権の譲渡には、入会団体の承諾が必要となる場合が多いため、事前に入会団体との調整を行うことが重要です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(入会権の譲渡) 第2条(譲渡対価) 第3条(入会団体の承諾) 第4条(表明保証) 第5条(契約不適合責任) 第6条(危険負担) 第7条(譲渡完了手続) 第8条(協力義務) 第9条(契約不適合責任) 第10条(譲渡人の地位) 第11条(損害賠償) 第12条(反社会的勢力の排除) 第13条(秘密保持) 第14条(協議事項)

    - 件
  • 物品借用書【1点】(シンプル版)・Word

    物品借用書【1点】(シンプル版)・Word

    「物品借用書」とは、物品の貸し借りがあった際に作成・発行する書類です。 当事者間でお金や物の貸し借りの事実を証明する書類が「借用書」であり、何を貸し借りするかによって、主に金銭借用書と物品借用書に分かれます。 物品借用書を作成する主な目的は、物品の貸し借りがあったことを証明するためです。親しい間柄だからなどの理由で、口約束だけで貸し借りをしてしまうと、それについて後で口論になった際に、貸した物が戻ってこないリスクがあります。 いくら貸主が主張しても、貸したという証拠がなければ、借主は返済する義務を負わないことになるからです。 そのようなリスクを防ぐためにも、物品借用書を作成しておくことが重要です。 こちらはWordで作成した、シンプルなタイプの物品借用書です。無料でダウンロードできる本書類を、ご活用いただけると幸いです。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×