【改正民法対応版】(貸金債権を相続したことを通知するための)貸金債権相続通知書 | テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルのダウンロードは【書式の王様】

【改正民法対応版】(貸金債権を相続したことを通知するための)貸金債権相続通知書

書式・テンプレート情報
ファイル形式Word(docx)
ダウンロード数4
更新日2020/05/19
評価
価格¥638(税込)
カテゴリー
部門
総務・庶務・法務部門
作者
WHITE COLLAR(経営コンサルタント)

貸金債権は、原則として相続対象になります。そして、当該債権を相続した者は当該債権について債務者に対して自己宛てに返済を請求することが出来ます。本書は、そのための「(貸金債権を相続したことを通知するための)貸金債権相続通知書」雛型です。

改正民法のうち相続関係については、2019年7月1日に施行されており、改正民法909条の2は、「各共同相続人は、遺産に属する預貯金債権のうち相続開始時の債権額の3分の1に当該払戻しを求める共同相続人の法定相続分を乗じた額(ただし、同一の金融機関に対する権利行使は、法務省令で定める額(150万円)を限度とする。)については、他の共同相続人の同意がなくても単独で払戻しを請求することができる。」と規定されています。

しかし、債権については旧法時と同じく遺産分割協議により当該債権に関する相続人を確定することが必要ですので、お気をつけください。

適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

レビュー/コメント/評価

レビュー/コメントはまだ投稿されていません。
皆さまのレビュー/コメントをお待ちしています。

スポンサード

≫広告掲載について

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

【改正民法対応版】(貸金債権を相続したことを通知するための)貸金債権相続通知書 ページ トップへ