【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書 | テンプレート、雛形、フォーマット、サンプルのダウンロードは【書式の王様】

【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書

書式・テンプレート情報
ファイル形式Word(docx)
ダウンロード数1
更新日2020/05/19
評価
価格¥1,078(税込)
カテゴリー
部門
総務・庶務・法務部門
作者
WHITE COLLAR(経営コンサルタント)

締結済みの契約に基づく支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための「準消費貸借契約書」の雛型です。

準消費貸借とは、既に金銭等の支払義務が発生している場合に、その金銭等を消費 貸借の目的とすることを合意することにより成立する消費貸借契約のことを言います。

債権者側のメリットは、(1)利息の徴収が可能となる(2)分割弁済により弁済可能性が高まる(3)消滅時効の延長(改正民法第166条)です。

適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。
2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

〔条文タイトル〕
第1条(既存債務の確認)
第2条(準消費貸借)
第3条(弁済の条件) 
第4条(利息等) 
第5条(反社会的勢力の排除)
第6条(協議事項)
第7条(管轄裁判所)

レビュー/コメント/評価

レビュー/コメントはまだ投稿されていません。
皆さまのレビュー/コメントをお待ちしています。

スポンサード

≫広告掲載について

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書 ページ トップへ