カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
グラフ・チャート
円グラフ
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

円グラフ+棒グラフ[横](割合)01(Red)

/1

「円グラフ+棒グラフ[横](割合)01(Red)」は、赤色(レッド)をベースカラーとした、PowerPoint版のテンプレートです。 このテンプレートは、業界内の各企業のシェアと売上データを可視化するために使用可能です。 各企業の項目の分析や、データから読み取れる自社と他社の特徴などを記入することで、業界の動向や市場シェアの把握、自社の位置づけなどを明確化することができます。企画書や提案書の作成時に役立つ、テンプレートとして活用することが可能です。 ぜひ本テンプレートを利用して、データを分かりやすく整理し、的確な分析を行いましょう。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 棒グラフ[横](相対)01(Navy)

    棒グラフ[横](相対)01(Navy)

    「棒グラフ[横](相対)01(Navy)」は、鮮やかなネイビーカラーを取り入れたパワーポイントテンプレートです。このテンプレートは、各国の商品の保有率を表と横棒グラフで視覚的に示すのに最適です。データ全体の説明や、自社の特徴をデータから明示的に導き出すのに役立ちます。企画書や提案書を作成する際に、効果的なフォーマットとしてご利用いただけます。

    - 件
  • 円グラフ+棒グラフ[縦](割合)01(Navy)

    円グラフ+棒グラフ[縦](割合)01(Navy)

    このテンプレートは、鮮やかな紺色(ネイビー)を用いた「円グラフ(割合)」と「棒グラフ[縦](割合)」のパワーポイントテンプレートです。業界内の企業のシェアと売上を視覚的に把握しやすく、データの詳細な分析や自社と他社の特徴を明確に示すのに最適です。企画書や提案書の作成において、シンプルで効果的なビジュアル表現を活用しましょう。データの力を最大限に引き出すこのテンプレートをぜひご活用ください。

    - 件
  • 自社商品現状分析シート02(Navy)

    自社商品現状分析シート02(Navy)

    紺色(ネイビー)を使用した「自社商品現状分析シート」のパワーポイントテンプレートです。分析対象となる項目を評価項目別に分析し(例:自社商品の機能はターゲットとなる顧客のニーズをつかんでいるのか等)、そこから自社商品の強み・弱み・可能性を記入する書き方になっています。企画書・提案書の作成時に、サンプルフォーマットとしてご利用ください。

    - 件
  • NPSアンケートのための回答促進ツール

    NPSアンケートのための回答促進ツール

    接客業におけるNPSアンケートの回答促進ツールです。NPSとは、「Net Promoter Score(ネット・プロモーター・スコア)」の略で、「あなたは○○を友人にすすめたいと思いますか?」と質問し、0〜10点をつけるものです。批判者を減らし、推奨者を増やすことでファンを作る取り組みといえます。サンキューコールを含めて回答促進を図ることで、回答率の上昇に寄与し、幅広く様々な意見を集めることを目的とします。自店の収益改善とロイヤルカスタマーを増やす一助となることを期待します。

    - 件
  • 現状調査(自社サービスレベル分析)02(Blue)

    現状調査(自社サービスレベル分析)02(Blue)

    こちらは、パワーポイントで作成した「現状調査(自社サービスレベル分析)」のテンプレートです。自社サービスのレベルを分析するときに役立ちます。 5つの項目について0~100%の値で評価する5角形のグラフと、分析結果を記載する枠と表から構成されています。本テンプレートの5角形のグラフでは、評価の値を明るめのブルーで表します。 こちらの現状調査のテンプレートは、無料でダウンロードをすることができます。ぜひ、ご活用ください。

    - 件
  • 5フォース分析パワーポイント)

    5フォース分析パワーポイント)

    ビジネスマンが知っておくべき、基本的なフレームワークの一つになります。  5フォース分析とは、外部環境分析のうち「事業環境」の分析を行うためのフレームワークです。史上最年少で、ハーバード・ビジネススクールの教授になった、マイケル・E・ポーターは、経営戦略を考えるうえで、「業界の競争状態」=「競争要因」を知ることが重要であると説いています。その「競争要因」には、以下の5つの競争要因(5フォース)があり、これが業界の収益性を決めることになるのです。 新規参入者の脅威 売り手(サプライヤー)の交渉力 買い手(顧客)の交渉力 代替品や代替サービスの脅威 既存企業同士の競争(競争業者)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×