カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
経営・監査書式
取締役会議事録
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

取締役会議事録015

/1

「取締役会議事録015」は、取締役会で行われた討議や合意内容を精確に記録するための文書となります。これは、会社法に基づき、作成と保存が義務付けられているもので、経営に関わる重要な意思決定や議論の流れを詳細に捉えるためのものです。具体的な戦略変更や方針の確認時、さらには重要な投資判断の際に、過去の議論や合意の背景を明確にするために役立ちます。また、新たに就任した取締役が過去の決定履歴を速やかに把握するための情報源としても有用です。会社法によると、この文書は10年間の保存が要求され、不適切な管理や記載漏れがあると、取締役に法的な責任が発生する可能性があるため注意が必要です。この議事録は、経営の透明性向上や利害関係者との信頼構築に貢献する、企業運営における基石と言える文書です。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【改正会社法対応版】(代表取締役を増員選定する場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(代表取締役を増員選定する場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(代表取締役を増員選定する場合の)取締役会議事録」の雛型です。 取締役会議事録に押印する印鑑については、特に定めはありませんが、通例、代表取締役は会社の代表印を使用しています。他の取締役等については認印で差し支えありません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • (取締役宛の)取締役会のみなし決議の提案及び同意書

    (取締役宛の)取締役会のみなし決議の提案及び同意書

    「(取締役宛の)取締役会のみなし決議の提案及び同意書」とは、企業の取締役会が開催されない場合や物理的な会合が難しい場合に、取締役会の議決を代替する手続きのことです。通常、取締役会は法人の重要な意思決定を行うための機関であり、特定の事項に関する議決は取締役会で行われる必要があります。 しかし、緊急時や特殊な状況下では、取締役会の開催が困難な場合があります。そのような場合、取締役会のみなし決議が採用されることがあります。これは、取締役会が物理的に集まることなく、書面や電子メール、ファクシミリなどの手段で議決を行うことを意味します。 「取締役宛の取締役会のみなし決議の提案及び同意書」は、取締役や企業の管理者が、特定の問題や提案に関して他の取締役に議決を求めるための文書です。この文書には、提案事項の詳細、議決の根拠となる情報、議決を支持する理由などが含まれます。 同意書の役割は、他の取締役が提案された事項に同意し、その結果を承認することです。取締役会の議決がなされる前に、各取締役が同意書に署名することで合意が形成されます。これにより、取締役会のみなし決議が効力を持つことになります。

    - 件
  • 【改正会社法対応版】(合弁会社の設立を承認決議する場合の)取締役会議事録

    【改正会社法対応版】(合弁会社の設立を承認決議する場合の)取締役会議事録

    「【改正会社法対応版】(合弁会社の設立を承認決議する場合の)取締役会議事録」の雛型です。 取締役会議事録に押印する印鑑については、特に定めはありませんが、通例、代表取締役は会社の代表印を使用しています。他の取締役等については認印で差し支えありません。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。

    - 件
  • 新会社法モデル登記書式セット「資本減少」_委任状

    新会社法モデル登記書式セット「資本減少」_委任状

    代理人に資本減少による変更登記の申請手続きを任せることを記載するための書類

    - 件
  • 取締役の報酬

    取締役の報酬

    株主総会における、取締役の役員報酬を決定する議事録です。

    - 件
  • 取締役及び監査役選任決議書001

    取締役及び監査役選任決議書001

    「取締役及び監査役選任決議書001」は、1人の発起人が取締役および監査役を選任した場合に適用される公式書式です。この書式は、選任の過程、選任された個人の情報、選任の理由、選任期間、そしてその他の重要な情報を正確に記録するとよいでしょう。また、この書式は、会社の法的要件を満たし、選任プロセスの透明性を確保するために必要です。この文書は、選任された取締役および監査役が、その職務を適切に遂行するための根拠を提供します。

    - 件
  • 新着特集