カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
社内文書・社内書類
申請書・届出書
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

所有権移転仮登記(2条1号)

/1

所有権移転仮登記とは、何らかの理由で移転登記を行うことが難しい時に一時的に仮登記するための申請書

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 手付けを倍額返し契約解除01(建物)(民法改正対応)

    手付けを倍額返し契約解除01(建物)(民法改正対応)

    不動産の売買契約を締結後、売主から買主へ、手付金を倍額にしての返すことにより契約の解除を通知する文書(2020年4月施行の民法改正に対応)

    - 件
  • 【改正民法対応版】プログラム著作権譲渡契約書

    【改正民法対応版】プログラム著作権譲渡契約書

    プログラムの著作権譲渡を実施するための「【改正民法対応版】プログラム著作権譲渡契約書」の雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(本件著作権の譲渡及び対価) 第3条(登録) 第4条(著作者人格権) 第5条(保証) 第6条(秘密保持) 第7条(協議事項) 第8条(合意管轄)

    - 件
  • 除籍通知書002

    除籍通知書002

    「除籍通知書002」は、従業員の除籍手続きを効果的にサポートするための優れた書式テンプレートです。どのような状況であれ、この書式を活用することで、専門的かつ適切な内容で除籍の通知を行うことができます。組織内のプロセスをスムーズに進めるためのツールとして活用できます。この書式は無料でダウンロード可能であり、手間をかけずに高品質な通知文書を作成できます。新しい状況にも対応可能な柔軟性と、専門的なフォーマットを備えたこのテンプレートは、組織の業務効率向上に一役買うことが可能です。

    - 件
  • (休眠口座とみなされることを防止するための)口座利用意思表明通知書

    (休眠口座とみなされることを防止するための)口座利用意思表明通知書

    2018年1月に施行された休眠預金等活用法によって、「最終異動日(≒入出金日)が2009年1月1日以降で、最後の異動日から10年間経過している」場合には、休眠口座とみなされ、預金保険機構に管理が移行されるべきものなりました。 したがって、2019年1月1日から、休眠口座が預金保険機構に管理が移行される場合が出てきています。10年以上、入出金されていない口座がありましたら、直ちに本書にて金融機関へ当該口座の利用意思を通知されることを推奨いたします。そのための「(休眠口座にされないための)口座利用意思表明通知書」の雛型です。 10年以上経過していても、金融機関も直ぐには休眠口座とはいたしませんが、意思表示は直ちに実施されることを重ねて推奨申し上げます。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • (著作権侵害をしている会社に対する)販売差止請求及び損害賠償予告書

    (著作権侵害をしている会社に対する)販売差止請求及び損害賠償予告書

    著作権侵害をしている会社に対する販売差止及び損害賠償の予告のための「販売差止請求及び損害賠償予告書」雛型です。適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • 【改正民法対応版】特許権専用実施権設定契約書

    【改正民法対応版】特許権専用実施権設定契約書

    専用実施権とは、設定行為により定めた範囲内で、業として特許発明を実施できる排他的独占権です。 通常実施権とは異なり、設定登録が発生要件であり、設定された範囲内において特許権の効力と同様の効力を有する強力な権利です。 専用実施権を設定した場合は、その範囲においては他者に実施権を設定することができないのみならず、特許権者自身も特許発明を実施できなくなりますので、専用実施権を安価に設定すると、これに見合ったロイヤルティ(実施料)が回収できないリスクが生じる可能性があります。これを回避するための方法として、 最低実施料 (ミニマム . ロイヤルティ)や、最低実施数量を設定することが考えられます。 専用実施権設定契約を締結する場合、許諾範囲(時間的·地域的·内容的限定)、ロイヤルティ(許諾料)などの基本的な内容の他、不争義務、改良発明の取扱い、第三者による侵害の際の対応などを定めることになります。専用実施権者は第三者による侵害に対して、 自ら差止請求、損害賠償請求等を行うことができるため、通常実施権許諾契約とは若干異なる内容となります。 (通常実施権を許諾するための「【改正民法対応版】特許権通常実施権許諾契約書」は、別途ご用意しております。) 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(実施許諾) 第2条(対価) 第3条(調査) 第4条(実施登録) 第5条(不争義務) 第6条(侵害の排除) 第7条(改良発明) 第8条(機密保持) 第9条(有効期間) 第10条(解除) 第11条(期限の利益の喪失) 第12条(権利義務の譲渡禁止) 第13条(協議) 第14条(管轄)

    - 件
  • 新着特集