カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
英文ビジネス書類・書式(Letter)
その他(英文ビジネス書類・書式)
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

成果物管理表(英文文書)

/1

「成果物管理表(英文文書)」テンプレートは、プロジェクト内で効果的に成果物を追跡・管理するための実用的なツールです。このテンプレートは英文文書形式で提供され、プロジェクトにおける様々な成果物やドキュメントを整理し、迅速なアクセスと共有を可能にします。各成果物には進捗状況、担当者、期限などの情報を入力し、プロジェクトの進行に合わせてカスタマイズできます。柔軟でシンプルなデザインが、プロジェクトの成果物管理をスムーズかつ効果的にサポートします。プロジェクトメンバーとの連携を促進し、成果物の管理を効率的に行いましょう。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【英語】在庫管理表

    【英語】在庫管理表

    英語版の在庫管理表です。

    - 件
  • 予実管理_02_飲食店

    予実管理_02_飲食店

    月次の予算(目標)と実績を管理するExcel(エクセル)システムです。当月達成率、累積達成率を算出し、グラフも表示します。管理項目は事前に登録してあるものの他、自由に設定可能です。A4縦(飲食店向け)

    - 件
  • (常備材の在庫管理を効率化するための)常備材管理票

    (常備材の在庫管理を効率化するための)常備材管理票

    本雛型は、企業や工場などで使用する常備材の在庫管理を効率化するための管理票の雛型です。 〔主な特徴〕 1.品目コード、品名、仕入先、単位など、必要な情報を網羅 2.前月の使用量や在庫量等を記録し、適切な在庫管理が可能 3.設定・廃棄・変更理由欄を設け、変更履歴を追跡可能 4.安全在庫や最大在庫量を設定、過剰在庫や欠品リスクを軽減 5.各社の運用に合わせた調整・編集が容易 本雛型を活用することで、煩雑になりがちな常備材の在庫管理を簡素化し、業務効率の向上と在庫最適化を実現します。 在庫管理のデジタル化を検討中の方や、現在の管理方法に不便を感じている方に最適なツールです。 適宜ご編集の上でご利用頂ければと存じます。

    - 件
  • 備品管理台帳(備品管理表)・横・Word

    備品管理台帳(備品管理表)・横・Word

    備品管理台帳(備品管理表)とは、会社や組織が所有する備品の種類や数量、場所、使用状況などを記録した帳簿です。 情報を一覧で確認できることで、備品の購入や廃棄、移動や貸出、修理や点検などの業務をスムーズに行うことが可能です。また、備品の無駄が少なくなるので経費削減になる、備品の紛失や情報漏えいを防いでセキュリティ対策につながるなどのメリットもあります。 こちらは横のレイアウトで作成した、Word版の備品管理台帳(備品管理表)です。無料でダウンロードできるので、自社の備品管理にお役立ていただけると幸いです。

    - 件
  • クレーム対応管理表・横・Excel

    クレーム対応管理表・横・Excel

    「クレーム対応管理表・横・Excel」は、取引先やお客様などからのクレームが発生した際に、会社に提出し、共有する書類のことです。顧客からのクレームやフィードバックは、サービスや商品の改善のための重要な情報源となります。 クレームの迅速かつ効果的な対応は、顧客との信頼関係の維持やブランドの評価向上に繋がるため、非常に重要です。この無料のテンプレートを使用することで、企業は顧客からのクレームをより効果的に管理し、それをもとにサービスや商品の質を向上させることができます。本テンプレートは無料でダウンロードができますので、ぜひお役立てください。

    - 件
  • 水道光熱費等管理簿・縦・Excel

    水道光熱費等管理簿・縦・Excel

    水道光熱費とは、水道料金・電気料金・ガス料金などの経費のことです。水道光熱費等管理簿は、その水道光熱費を管理するための帳票になります。 水道光熱費等管理簿は、水道光熱費の管理や問題の早期発見などを目的として作成されます。月ごとにどれくらい使用したかの金額を記録して、前年度との比較をすることや、急激に金額が増えた月がないかといった、問題を発見することに役立ちます。 本テンプレートはExcelで作成した、縦のレイアウトの水道光熱費等管理簿です。各項目に金額を入力することで、月別や年度別のコストの合計を自動で算出できます。 無料でダウンロードが可能なので、ぜひご活用ください。

    - 件
  • 新着特集