カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
社外文書
お礼状
未選択
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

注文のお札口

/1

「注文のお札口」の文例テンプレートです。無料ダウンロードしてご利用ください。

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 受講終了報告書

    受講終了報告書

    受講終了報告書は、研修やセミナーを受講した後に、その内容と結果を報告するための書式です。 この書式は、受講した内容の概要、得た知識やスキル、受講の期間、研修中の感想、そしてその知識をどのように活用するかのプランなど、必要に応じてご調整のうえご利用ください。この書式を使用することで、受講した研修の内容を整理し、その知識やスキルを将来の業務にどのように適用するかを考慮し、その方針を明示することができます。

    - 件
  • 【改正労働基準法対応版】(事業譲渡に伴う)従業員の承継に関する覚書

    【改正労働基準法対応版】(事業譲渡に伴う)従業員の承継に関する覚書

    特定事業の事業譲渡に伴って当該事業に携わる従業員を転籍させることを目的として、譲渡人である会社と譲受人である会社との間で取決めをする場合があります。 本書は、そのような取り決めを覚書形式にした「【改正労働基準法対応版】(事業譲渡に伴う)従業員の承継に関する覚書」の雛型です。 本雛型の特徴は、以下の通りです。 1.転籍には本人の同意が必要ですが、転籍に同意した従業員は譲渡実行日に譲受人へ転籍し、同意しなかった従業員は、最大3年間譲受人である会社に出向します。 2.また、転籍後、転籍に同意した従業員は譲渡実行日の直前に譲渡人で得ていた労務と同等の労務を提供する条件下で、同額以上の賃金が支払われることになります。さらに未消化の年次有給休暇は転籍後も保持し、勤続年数は譲受人で通算されます。 3.最後に、退職金ですが、月額給与の3カ月分を特別一時金として加算した上で支払います。転籍後の退職金は、譲受人での他の中途採用従業員と同等金額となります。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。2021年4月1日施行の改正労働基準法に対応しております。

    - 件
  • 支払延期依頼002

    支払延期依頼002

    「支払延期依頼002」は、取引先や関係者にお支払いの延期を交渉するための依頼書テンプレートです。この依頼書は、予期せぬ状況や急な資金繰りの問題など、さまざまな事情で支払いが難しい場面での円滑なコミュニケーションをサポートします。Word形式のため、例えば資金計画の見直しや、事業計画の調整など、様々なシチュエーションでの利用に合わせ編集いただけます。取引の持続や信頼関係の維持は、ビジネスの成り立ちにとって不可欠です。相手方に状況を正確に伝え、理解を求める一助としてお役立てください。

    - 件
  • 社屋落成祝賀会ご臨席礼状005

    社屋落成祝賀会ご臨席礼状005

    遠路はるばる社屋落成式に出席頂いたことに、お礼を述べるテンプレート書式です。祝辞も頂き、心を感謝している旨も述べています。社員一同、努力していく所存であることを伝えます。社屋落成式に関する書式です。

    - 件
  • 【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書

    【改正民法対応版】(既存の支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための)準消費貸借契約書

    締結済みの契約に基づく支払債務を金銭消費貸借債務に切り換えるための「準消費貸借契約書」の雛型です。 準消費貸借とは、既に金銭等の支払義務が発生している場合に、その金銭等を消費 貸借の目的とすることを合意することにより成立する消費貸借契約のことを言います。 債権者側のメリットは、(1)利息の徴収が可能となる(2)分割弁済により弁済可能性が高まる(3)消滅時効の延長(改正民法第166条)です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(既存債務の確認) 第2条(準消費貸借) 第3条(弁済の条件)  第4条(利息等)  第5条(反社会的勢力の排除) 第6条(協議事項) 第7条(管轄裁判所)

    - 件
  • 【改正民法対応版】建築工事下請契約書

    【改正民法対応版】建築工事下請契約書

    建設業者(元請業者)が請けた建築工事を下請業者に再委託するための「建築工事下請契約書」の雛型です。材料費は元請業者が支給する内容となっております。汎用的な内容としているため、何をどこまで下請業者に発注するかを明確にされたい場合は、適宜ご編集の上でご利用くださいませ。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(基本合意) 第2条(材料の調達) 第3条(労働者の雇用) 第4条(工期) 第5条(余剰の材料) 第6条(報酬) 第7条(違約金) 第8条(契約不適合責任) 第9条(反社会的勢力の排除) 第10条(協議)

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×