カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
業種別の書式
不動産・住宅
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

商談管理_04_不動産業

/1

商談内容、顧客別履歴を管理するためのExcel(エクセル)システムA4横(不動産業向け、法人顧客営業向け)

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 渉外係活動記録集計表

    渉外係活動記録集計表

    「渉外係活動記録集計表」とは、営業活動や渉外活動を行った記録を月次で集計するための雛型です。 各記載項目についての説明を以下に記します。 〔各記載項目〕 1. 日: その日に行われた活動を記録するための日付を表します。 2. 地区コード: 訪問が行われた地域や地区を識別するコードを記入します。 3. 訪問先軒数: その日に訪問した家庭や事業所の数を記録します。 4. 初回訪問: 初めて訪問した新規の潜在顧客に関する記録をします。 5. 既取引先深耕訪問: 既に取引のある顧客を再訪して、関係を深めたり、新たなビジネスの可能性を探るための訪問記録です。 6. 未取引先の再訪: 取引のない潜在顧客を再訪した記録です。 7. 面談結果: 面談の成果に関する詳細を記録します。例えば、有効な面談ができたか、訪問した際に相手が不在だったか、門前払いされたかなどです。 8. 面談者: 訪問時に面談を行った相手が誰であったかを記録します(例:主人、奥様、お子様、その他)。 9. 今後の予定: 訪問後のフォローアップや次回の訪問予定についての情報を記録します。 10. 紹介あり取引先の次回訪問約束: 紹介によって新規取引が期待できる顧客や、次回訪問を約束した顧客に関する記録です。 11. 取引契約あり: 取引契約が成立した場合に記録します。 12. 集金あり: 訪問によって集金を行った際の記録です。 13. 新規取引勧誘: 新規顧客への取引勧誘の成果を記録します。 14. 新規取引契約: 新規顧客との取引契約が成立した場合に記録します。 15. 情報の提供: 顧客に有益な情報を提供した記録です。 16. 一時訪問は中止する/今後引続き深耕する/大いに期待できる/今後再訪の要あり: 訪問を一時中止するか、引き続き深耕するか、大いに期待できるか、再訪の必要があるかなど、今後の訪問戦略に関する考えを記録します。 17. ほとんど見込みなし: 将来的に取引の見込みがほとんどない、または全くないと判断された場合の記録です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • 従業員名簿(社員・労働者用リスト形式版)・Google ドキュメント

    従業員名簿(社員・労働者用リスト形式版)・Google ドキュメント

    氏名や雇用年月日など、従業員に関する情報を記した書類が「従業員名簿」です。労働者名簿とも呼ばれます。 従業員名簿は賃金台帳と出勤簿と合わせた法定三帳簿の1つであり、労働基準法に基づき、企業の規模に関わらず作成が義務付けられています。 また、労働基準監督署のチェック対象となるため、正しく作成・整備しているかどうかは、企業の労務管理の評価につながります。従業員名簿を作成していない場合や、記載された情報に不備がある場合には、労働基準監督署から是正勧告が言い渡されるケースや、罰金を支払わなくてはならないケースもあるので、注意が必要です。 こちらはGoogleドキュメントで作成した、リスト形式の従業員名簿のテンプレートです。性別を選択できる仕様となっており、無料でダウンロードすることが可能です。

    - 件
  • 建物一時使用賃貸借契約書

    建物一時使用賃貸借契約書

    建物一時使用賃貸借契約書(賃貸契約書)のテンプレートです。

    5.0 1
  • 【内容証明用・改正民法対応版】(「借主」が期間の定めのある借家契約の契約条項に基づく解約申入れをする)「解約申入書」

    【内容証明用・改正民法対応版】(「借主」が期間の定めのある借家契約の契約条項に基づく解約申入れをする)「解約申入書」

    【内容証明用・改正民法対応版】(「借主」が期間の定めのある借家契約の契約条項に基づく解約申入れをする)「解約申入書」の雛型です。 内容証明郵便に使用できるよう所定の字数設定を施しております。 適宜、ご編集の上でご利用いただければと存じます。 2020年4月1日施行の改正民法にも対応しております。

    - 件
  • 【改正民法対応版】買戻特約付売買契約書

    【改正民法対応版】買戻特約付売買契約書

    不動産の買戻し特約付きの売買をするための「買戻特約付売買契約書」の雛型です。 旧民法では買戻しに必要な金額は強行規定として「売買代金及び契約費用」に限定されていましたが、改正民法では、別段の合意をした場合にあっては「売買代金」ではなく「合意により定めた金額」とすることも可能になりました。 但し、本雛型としては、旧民法の規定通り「売買代金及び契約費用」として起案しておりますので、適宜ご編集の上でご利用頂ければと存じます。2020年4月1日施行の改正民法対応版です。

    - 件
  • 【改正民法対応版】(不動産代金を支払ってくれない買主との)売買契約解除通知書

    【改正民法対応版】(不動産代金を支払ってくれない買主との)売買契約解除通知書

    旧民法では、債務不履行解除には原則として催告が必要であり(旧民法541条)、無催告解除ができるのは、定期行為の履行遅滞による解除(同542条)と履行不能による解除(同543条)にかぎられていました。 しかし、2020年4月1日施行の改正民法542条は、定期行為による解除(改正民法542条1項4号)と履行不能解除(同項1号)に加え、無催告解除ができる場合として、以下を明文化しました。 (1)債務者がその履行の全部を拒絶する意思を明確に表示したとき(同項2号) (2)債務の一部の履行が不能である場合または債務者がその債務の一部の履行を拒絶する意思を明確に表示した場合において、残存する部分のみでは契約をした目的を達することができないとき(同項3号) (3)前各号に掲げる場合のほか、債務者がその債務の履行をせず、債権者が改正民法541条の催告をしても契約をした目的を達するのに足りる履行がされる見込みがないことが明らかであるとき(同項5号) 本書式は、不動産を売却したが買主による代金債務履行の見込みがないことが明らかであるとき(上記(3)に該当)場合に、売買契約を解除するための「売買契約解除通知書」雛型です。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×