カテゴリーを選択してください

Dialog

条件を指定して検索

書式検索

選択中の書式条件

大カテゴリー
カテゴリー
総務・庶務書式
危機管理
価格
ファイル形式
利用されやすい部署

危機管理規程02

/1

危機管理規程2とは、地震及び津波時の被害の軽減及び人命の安全を図るために定めた規程

レビューを投稿

■評価する(最高評価:5) 必須

必須
facebook twitter hatena line mail

カートに追加しました

カートを見る
過去24時間にこの書式は
0人がダウンロードしました

おすすめ書式テンプレート

  • 【マイナンバー対応】(販売業用の)就業規則

    【マイナンバー対応】(販売業用の)就業規則

    「【マイナンバー対応】(販売業用の)就業規則」とは、特定の販売業を営む会社において従業員の就業に関する規則を定める文書です。この就業規則は、会社の運営を円滑化し、従業員の雇用条件や勤務環境を明確にするために作成されました。 この就業規則には以下のような内容が含まれています: 第1章では、就業規則の目的と適用範囲についての規定が述べられています。 第2章では、従業員の採用に関する事項が取り扱われています。採用試験の選考方法や必要書類の提出についての規程が定められています。 第3章では、従業員の行動規範やセクシャルハラスメント・パワーハラスメントの防止に関する規定があります。 第4章では、就業時間や休暇制度に関する規程が述べられています。具体的には、就業時間の設定、休日や有給休暇の取得方法、試用期間の規定などが含まれています。 第5章では、個別休日や連続休日の付与に関する規定があります。 第6章では、欠勤や遅刻、早退、休職に関する規則が取り扱われています。 第7章では、退職や解雇に関する事項が規定されています。 第8章では、安全衛生に関する規程が述べられています。労働者の安全と健康の確保に向けた措置や健康診断の実施についての規定が含まれています。 第9章では、災害補償に関する規定があります。労働中や通勤中の事故に対する補償措置や報告義務についての規定が含まれています。 第10章では、表彰や懲戒処分に関する規定が取り扱われています。優れた業績や違反行為に対する措置についての規程が定められています。 最後の第11章では、給与や退職金に関する事項が取り扱われます。 この「【マイナンバー対応】(販売業用の)就業規則」は、従業員と会社の間の関係を明確化し、法的な要件や規制に適合するように作成された就業規則です。

    - 件
  • 社外取締役選任基準

    社外取締役選任基準

    社外取締役とは社外から雇う取締役員のこと。目的は社内情勢に左右されず客観的な視点から企業の経営向上を行うことです。 よってただ外部から来た取締役員というだけでなく、完全に社内情勢と関係のない、派閥や利害関係を度外視した客観的判断のできる人材でなくてはなりません。 社外取締役の役割として挙げられるのは、企業の経営指針や業績向上のための監督、企業のコーポレートガバナンス(企業統治)の改善など。コーポレートガバナンスが重要視されている近年、経営向上だけを考えて監督する社外取締役が注目されているのです。 会社法では企業の規模によって社外取締役の設置要件が定められています。それは最低限設置する社外取締役の人数と社外取締役の任期です。 2019年の会社法改正で、上場企業には社外取締役の設置が義務づけられました。要件は以下のとおりです。 (1)取締役が10人以上いる企業:最低2人の社外取締役の設置義務 (2)取締役が5人以上10人未満の企業:最低1人の社外取締役の設置義務 (3)取締役が4人以下の企業:社外取締役を設置しない相応の理由の開示が必要 本書式は、社外取締役の選任基準を定めた「社外取締役選任基準」の雛型です。適宜ご編集の上でご利用ください。2021年3月1日施行の改正会社法対応版です。 〔条文タイトル〕 第1条(目的) 第2条(員数) 第3条(法定の資格要件) 第4条(独立性) 第5条(多様性) 第6条(社外取締役選考委員会) 第7条(候補者の選定) 第8条(社外取締役候補者の申告事項) 第9条(社外取締役の申告事項) 第10条(特定関係事業者)

    - 件
  • 代休規程

    代休規程

    代休規程とは、労働者が労働時間外や休日に働いた場合、その労働時間を補償するために設けられた休暇制度のことです。これは、代わりの休暇(代休)として取得できるものであり、労働者の労働時間や休暇が適切に管理されることを目的としています。 労働基準法に基づく代休規程は、労働者が法定労働時間を超えて働いた場合や、法定休日・特別休暇に働いた場合に適用されます。また、企業ごとに独自の代休規程を設けることもあります。 代休は、労働者が働いた時間に応じて、時間外労働に対する代休(時間外労働代休)や休日労働に対する代休(休日労働代休)などがあります。通常、企業は労働者が代休を取得できる期間を設け、その期間内に労働者が代休を取得することが求められます。 適宜ご編集の上でご利用いただければと存じます。 〔条文タイトル〕 第1条(総則) 第2条(目的) 第3条(社員の責務) 第4条(管理職の責務) 第5条(取得期間) 第6条(代休取得届) 第7条(休日出勤手当の取り扱い) 第8条(時間外勤務手当の取り扱い) 第9条(代休の不就業時間)

    - 件
  • 【マイナンバー対応】就業規則(医療関連)

    【マイナンバー対応】就業規則(医療関連)

    「【マイナンバー対応】就業規則(医療関連)」とは、日本のマイナンバー制度に対応するために、医療関連の企業や施設が従業員の個人番号(マイナンバー)を適切に取り扱うためのルールや規定のことを指します。 第1章 総則:目的、定義、法令の適用に関する一般的な規定を含む章です。 第2章 採用:採用手続きや提出書類、試用期間、労働条件の明示など、職員の採用に関する規定が含まれています。 第3章 服務規程:職員の行動基準やセクシャルハラスメント、パワーハラスメントの禁止、出退勤の規定、携帯品の管理など、勤務態度や行動に関する規定が含まれています。 第4章 就業時間・休日・休暇:所定の就業時間や時間外勤務、休日の取り扱い、有給休暇や特別休暇の取得条件など、労働時間や休暇に関する規定が含まれています。 第5章 休職:休職事由や期間、復職に関する規定が含まれています。 第6章 退職・解雇:退職や解雇の理由や手続き、定年退職に関する規定が含まれています。 第7章 安全衛生:災害への対応や安全確保のための措置、健康診断の実施など、職場の安全衛生に関する規定が含まれています。 第8章 災害補償:職員が就業中や通勤中に災害に遭った場合の補償に関する規定が含まれています。 第9章 賞罰:職員の表彰や懲戒処分に関する規定が含まれています。 第10章 給与・退職金:給与や退職金に関する事項についての規定が含まれています。 各章では、医療関連の就業環境に特化した規定や法令の遵守、職員の権利と義務の明示、安全衛生への配慮、労働条件や休暇制度の確立などが取り扱われています。これらの規定は、医療機関における職員の業務運営と労働条件を明確化し、適切な管理・運営を促進するための基本的なルールとなります。

    - 件
  • 契約履行の督促状004

    契約履行の督促状004

    「契約履行の督促状004」は、合意した契約の条件や取り決めに基づいて、相手方に対して履行を求める文書の一例です。この文書は、細部まで注意深く作成されており、適切に履行を促すためのポイントを網羅しています。 相手方に対するリマインダーや確認として、このテンプレートをベースにカスタマイズすることができます。また、この督促状は、正確かつ明確にコミュニケーションを図るための助けとなることでしょう。一般的なビジネスシーンでの利用を考慮し、誤解を生む余地のないよう構築されています。

    - 件
  • 労災保険・賠償責任保険等の災害発生時の補償に関するアンケート

    労災保険・賠償責任保険等の災害発生時の補償に関するアンケート

    労災保険・賠償責任保険等の災害発生時の補償に関するアンケートとは、災害発生時の労災保険・賠償責任保険等の補償に関して調査するためのアンケート

    - 件
  • 新着特集

    ×
    ×