【1】Excelはどんな時に使うのか?

ビジネスに必要なエクセル(excel)の基本的な操作をまとめました。これだけでエクセルファイルの作成編集が可能です。

Excelとは何でしょうか?

Excelは、マイクロソフト社が提供しているオフィス製品の中の1つで、【表計算ソフト】 と呼ばれるソフトウェアの一種です。表を作成したり、作成した表の集計や分析も行うことができるので、ビジネスシーンだけでなく、家庭でもよく使われており、アイデア次第で使い方が無限に広がる便利なソフトです。

Excelでどんなことができるのでしょうか?

Excelを使用すると、見栄えのよい表を簡単に作成することができます。
また作成した表を元に、計算式を使用したデータの集計や各種グラフの作成など、様々な便利機能が用意されています。
表の作成だけでなく、他のソフトで得られたデータの表示機能もあるので、データベースとして使用することも出来ます。

では具体的に例を挙げてみましょう。

・予定表の作成
・住所録の作成
・家計簿やお小遣い帳などの作成
・集計表の作成     など

■予定表
■住所録
■家計簿
■集計表

Excelを使ってみましょう  【起動と終了】

それではExcelの起動させてみましょう。
① キーボードの Windows ロゴ () キーを押して、[スタート] メニューを表示します。
② スタートメニューを表示させたら、画面の一番したにあるスクロールバーを右に移動させます。

③ 「Excel」 をクリックします。

④ Excelが起動されます。

⑤ 「空白のブック」をクリックすると、新しい「空白のブック」が作成されます。

⑥ 「空白のブック」が作成されました。

⑦ 画面右上の閉じるボタン「×」をクリックしてExcelを終了します。

⑧ Excelが終了しました。Excelが終了すると、タスクバーのExcelボタンも消えます。

投稿日:2014年2月7日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
bizocean事務局

bizocean事務局

ミロク情報サービス
bizocean(ビズオーシャン)とは、日本の株式会社ミロク情報サービス(東証1部 9928)が運営する「仕事の面倒を失くして、新しいビジネススタイルを提案する」をモットーとしたビジネス情報サイト。主なサービスに「書式の王様」、「書式ガイド」、「incore」などがある。

この筆者の他の記事(全て見る)

コラムの王様トップ »
このページの上部へ