【9】グラフを作成してみよう

ビジネスに必要なエクセル(excel)の基本的な操作をまとめました。これだけでエクセルファイルの作成編集が可能です。

グラフの作成について

Excelを使うと、表のデータでいろいろなタイプのグラフが簡単に作成できます。
棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフなど、いろいろなタイプのグラフが用意されています。

グラフを作成するときは、そのグラフの元となるデータが入力してあるセルが必要になります。
グラフの元となる表をあらかじめ作成しておくと、グラフも手早く簡単に作成することができます。

色々なグラフを作成しましょう  【1】 棒グラフ

個人成績表を棒グラフにしていきましょう。

① グラフを作成するセルの範囲をドラッグして選択します。

② 「挿入」 タブのリボン内の 「棒グラフの挿入」 ボタンをクリックする。すると、ダイアログボックスが出てくるので、「2-D 縦棒」 にある左端のグラフを選択します。

③ グラフが作成されて、グラフの元データになった表に色がつきます。

④ グラフが表示されると、「グラフツール」の「デザイン」タブが表示されます。

色々なグラフを作成しましょう  【2】 円グラフ

個人成績表を円グラフにしていきましょう。

① グラフを作成するセルの範囲をドラッグして選択します。

② 「挿入」 タブのリボン内の 「円グラフの挿入」 ボタンをクリックする。すると、ダイアログボックスが出てくるので、「2-D 円」 にある左端のグラフを選択します。

③ グラフが作成されて、グラフの元データになった表に色がつきます。

④ グラフが表示されると、「グラフツール」の「デザイン」タブが表示されます。

グラフの画像を詳しくみてみましょう

作成したグラフは、自分の好みの色に変更したり、分かりやすくするために、変更が可能です。
Excelには、グラフ全体の体裁を簡単に整えられるパターンがいくつも用意されています。

○ プロットエリア グラフそのものが描かれるエリア(内側枠)
○ グラフエリア プロットエリアや軸、凡例などが含まれる全体(二重線外枠)

グラフを整えましょう  【1】グラフのタイトルの入力

① 「グラフタイトル」をダブルクリックして、アクティブにします。

② もう一度 「グラフタイトル」 をクリックして、カーソルが | になったら、文字を入力してグラフタイトルを修正します。

③ グラフタイトルに「個人成績表」と入力します。これでタイトルが変更されました。

グラフを整えましょう  【2】目盛の最小値・最大値の変更

① 軸の目盛を「0~100 (点)」 から 「40~100 (点)」に修正をします。軸の数字あたりにカーソルをあわせてクリックすると、画面右側に、軸の書式設定が表示されます。

② 「軸のオプション」をクリックします。

③ 「軸のオプション」 の、「最小値」 「最大値」 に、数値を入力します。

④ 「最小値」 「最大値」 が変更されました。

グラフを整えましょう  【3】グラフのスタイルの変更

① グラフエリアをクリックすると 「グラフツール」 の 「デザイン」タグが表示されます。

② 「棒グラフ」のスタイルボタンの中から、「スタイル2」 をクリックします。

③ 「棒グラフ」のスタイルが変更されました。

グラフの種類を変更しましょう

グラフを作成した後でも、グラフの種類を変更することができます。
Excelには、グラフの種類を簡単に出来るような機能がいくつも用意されています。

① グラフエリアをクリックすると 「グラフツール」 の 「デザイン」タグが表示されます。

② 「グラフの種類の変更」ボタンをクリックします。

② ダイアログボックスの 「グラフの種類の変更」ボタンをクリックします。

④ 「積み上げ縦棒」グラフへ変更しました。

投稿日:2014年2月7日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
bizocean事務局

bizocean事務局

ミロク情報サービス
bizocean(ビズオーシャン)とは、日本の株式会社ミロク情報サービス(東証1部 9928)が運営する「仕事の面倒を失くして、新しいビジネススタイルを提案する」をモットーとしたビジネス情報サイト。主なサービスに「書式の王様」、「書式ガイド」、「incore」などがある。

この筆者の他の記事(全て見る)

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ