【7】計算をしてみよう

ビジネスに必要なエクセル(excel)の基本的な操作をまとめました。これだけでエクセルファイルの作成編集が可能です。

計算式について

Excelは表を作成するだけではなく、「計算式」を使ってさまざまな計算をすることができるので「表計算ソフト」と呼ばれています。

計算式を見てみましょう

Excelはセルに直接 計算式を入力して計算をすることができます。
半角で等号「=」を入力した後に、数字と四則演算記号 ( + - * / ) を入力します。

セル内の数値を利用して計算を行う場合には、セル番地を指定して数式を入力します。

入力を確定するとすぐに計算が行われて、セルに計算結果が表示されます。

等号

計算式、または関数を使用した計算式には、必ず一番最初に「」 を入力します。
「=」 を最初に入力することで、計算式であることを判別し、計算の値をセルに表示します。

基本的な計算式 【1】足し算

セルのデータを使って、基本的な 足し算、引き算、掛け算、割り算 の方法を紹介します。
基本的な 足し算、引き算、掛け算、割り算 は、セルに数式を入れて計算します。

最初に計算式を使って足し算をしてみましょう。
例として、ここでは個人の4教科合計を計算します。

① 「G1」セルをクリックして、アクティブセルにしたら、表の行タイトルの 「4教科合計」 を入力します。

② 合計を表示させる 「G2」セルをクリックして、「=」 を入力します。
「=」 を入力することで計算式であることを判別させます。

③ 引数として使用する「C2」セル(引数)をクリックすると、「G2」セルに 「C2」が表示されます。

セルに 「」 を入力すると、計算式、または関数を使用した計算式と判別されます。計算式として判別されると、「=」 を入力したセルをアクティブセルにしたまま、引数として使用するセル(参照セル)をクリックして選択することができます。

④ 続けて「G2」セルに、 「+」 を入力します。 ②、③を繰り返し計算式を作成します。

⑤ キーボードの「Enter」キーを押すと計算式が確定となり、計算式の答えが表示されます。数式バーには、計算式が表示されます。

四則演算記号を使用すると基本的な計算が出来ます

投稿日:2014年2月7日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
bizocean事務局

bizocean事務局

ミロク情報サービス
bizocean(ビズオーシャン)とは、日本の株式会社ミロク情報サービス(東証1部 9928)が運営する「仕事の面倒を失くして、新しいビジネススタイルを提案する」をモットーとしたビジネス情報サイト。主なサービスに「書式の王様」、「書式ガイド」、「incore」などがある。

この筆者の他の記事(全て見る)

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ