【12】印刷してみよう

ビジネスに必要なエクセル(excel)の基本的な操作をまとめました。これだけでエクセルファイルの作成編集が可能です。

表の印刷をしてみましょう

作成した住所録を印刷してみましょう

① 「ファイル」タブをクリックします。

② 「情報」 の画面が表示されます。画面左側の 「印刷」 をクリックします。

③ 「印刷」 の画面が表示されます。プレビュー画面で確認しながら各種設定をしていきます。

④ 「ページ設定」 をクリックして、ページ数の有無やヘッダーフッターなどの設定をしていきます。

● 「ページ」タグ ・・・ 印刷の向きや、拡大率、用紙サイズなどを設定します。

● 「余白」タグ ・・・ 印刷時の余白や、ヘッダーフッターなどを設定します。

● 「余白」タグ ・・・ 印刷時の余白や、ヘッダー ・ フッターなどを設定します。

● 「シート」タグ ・・・ 枠線や行番号の有無などを設定します。

⑤ 設定が終わったら 「印刷」ボタン をクリックして、印刷をします。

グラフの印刷について

作成したグラフを印刷してみましょう。
グラフの印刷には、グラフだけを印刷する方法と、グラフの元データとなった表とグラフを一緒に印刷する場合方法とがあります。

通常は、同じExcelシート内のデータとグラフが一緒に印刷されますが、今回はグラフだけの印刷をしてみましょう。

グラフの印刷をしてみましょう   グラフだけの印刷方法

① 印刷するグラフの「グラフエリア」をクリックします。

② 「ファイル」タグをクリックします。

② 「情報」 の画面が表示されます。画面左側の 「印刷」 をクリックします。

③ 「印刷」 の画面が表示されます。

③ 「用紙の向き」 や 「余白」 「印刷部数」などの印刷する時の各種設定をします。

④ 「設定」から 「選択したグラフを印刷」 が表示されていることを確認し、「印刷」をクリックすると、印刷が開始されます。

グラフだけを印刷する時は、用紙の大きさに合わせて、グラフが自動的に縮小・拡大します。自動でグラフの大きさを調節するので、用紙からはみ出て印刷されることはありません。

印刷する時の便利な機能  印刷タイトルの設定

表を印刷すると複数のページになってしまうときに、何も設定せずに印刷すると、先頭ページにだけ表の項目行(見出し)があって、2ページ以降には表の項目行(見出し)が印刷されません。
これではとても見づらい表になってしまいます。
Excelでは指定した行や列を、全ページに印刷するように設定が出来ます。

① 「ページレイアウト」タブをクリックします。

② 「ページ設定」 の 「印刷タイトル」 をクリックします。

③ 「タイトル行」 にカーソルを合わせて カーソルの形が | に変わった後、シートに戻り、表の項目行(見出し)をクリックすると、行全体が選択され、緑色の点線枠で囲われます。

③ 「タイトル行」 のところに、選択した項目行の範囲が表示されます。
確認後、「OK」 をクリックします。

「 $1:$1 」 の意味

「 $1:$1 」は、「1行目から1行目まで」、つまり1行目全てが範囲指定になりますという意味です。

これで、全ページに表の項目行(見出し)が印刷されるようになりました。

印刷する時の便利な機能  印刷タイトルの設定時の注意点

印刷タイトルの設定は、印刷プレビュー画面の 「ページ設定」 をクリックして表示される、「ページ設定」ダイアログボックスでも表示されますが、「タイトル行」 や 「タイトル列」 が灰色になっており、編集することが出来ません。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
それは、印刷プレビューでは行番号や列番号の表示がないので、クリックやドラッグで、行や列を選択することができないからです。

ですので、印刷プレビュー画面から表示する「ページ設定」ダイアログボックスの、「印刷タイトル」は 印刷タイトルが設定してあるかどうかの確認だけにしましょう。

投稿日:2014年2月7日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
bizocean事務局

bizocean事務局

ミロク情報サービス
bizocean(ビズオーシャン)とは、日本の株式会社ミロク情報サービス(東証1部 9928)が運営する「仕事の面倒を失くして、新しいビジネススタイルを提案する」をモットーとしたビジネス情報サイト。主なサービスに「書式の王様」、「書式ガイド」、「incore」などがある。

この筆者の他の記事(全て見る)

« コラムの王様トップ
このページの上部へ