【2】Excelを使ってみよう

ビジネスに必要なエクセル(excel)の基本的な操作をまとめました。これだけでエクセルファイルの作成編集が可能です。

Excelを始めてみよう

Excelを起動すると テンプレート が並んでいる画面が表示されます。
ここで、自分が作りたい形式のテンプレートを選びます。
テンプレートを使用せずに、自分でデザインして作成する場合は、「空白のブック」を選びます。

※テンプレートとは?・・・ あらかじめ数式や書式、レイアウトなどが設定されているフォームのことです。あとは数字や項目などを入力するだけでいいので、書類や表作成の時間を短縮することが出来ます。

Excelの画面を見てみよう

Excelのファイル、またはテンプレートを開くと、編集画面が表示されます。
Excelはマス目で構成されているのが特徴です。
この画面にデータやグラフを作成していきます。

それでは「空白のブック」をクリックして開いた時の状態で見ていきましょう。
Excelの画面は大きく分けて3つの要素で構成されています。

【A】 機能や操作方法を選択する場所 リボンを含む画面の上部分
【B】 データの入力や表示を行う場所 数式バーやセル(マス目)ある画面の中央部分
【C】 現在の作業状態を示す場所 ステータスバーを含む画面の下部分

Excelの画面の名称を見てみよう

それではExcelの画面をもっと詳しくみていきましょう。
画面の名称は覚えておくと、とても便利です。

① クイックアクセルツールバー
[保存]、[元に戻す] など、頻繁に使うコマンドが表示されます。
自分のお気に入りのコマンドを追加することもできます。

② タイトルバー
開いているブックの名前が表示される場所。
名前をつける前は「Book1」 「Book2」・・・などの仮の名前が表示されます。

③ ファイルメニュー
作業の種類によって「タブ」でボタンが分類されています。
基本的な機能がボタン登録されています。
[ファイル] や [ホーム] などのタブを切り替えて、必要な機能のボタンをクリックして使います。

④ リボン
作業の種類によって分類された「タブ」の中身です。
作業をしやすくするための機能ボタンを集めた領域です。
自分のお気に入りのコマンドを追加することもできます。

⑤ ユーザー名
Officeにサインインしているユーザー名が表示されます。
Officeにサインインしていないときは 「サインイン」 と表示されます。

⑥ 編集ウィンドウ
編集中のワークシートが表示さる領域です。ワークシートは、行と列で構成されています。ワークシート内の四角は 【セル】 と呼びます

⑦ 列番号・行番号
列の位置を表す英数字(A~XFD)と、行の位置を表す数字(1~1048576)が表示されています。計算式を作成するときには、この行・列を使用します。
選択したセルは、みどり色の太枠で囲まれ、選択した【セル】の場所を表す
行・列番号は灰色で表示されます。設定で行・列番号を非表示にすることも出来ます。

⑧ スクロールバー
画面の上下、左右をスクロールするのに使います。
編集中のワークシート内の表示位置を変更できます。

⑨ ステータスバー ・ ズームバー
ステータスバー ・・・ 編集中のワークシートに関する情報を表示します。
ズームバー ・・・ 編集中のワークシートのズームの割合を変更するときに使います。

⑩ シート見出し
ワークシートの名前を表示する場所。標準の場合は「Sheet1」が表示されます。
「+」 をクリックすると新しいシートが追加されていきます。

投稿日:2014年2月7日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
bizocean事務局

bizocean事務局

ミロク情報サービス
bizocean(ビズオーシャン)とは、日本の株式会社ミロク情報サービス(東証1部 9928)が運営する「仕事の面倒を失くして、新しいビジネススタイルを提案する」をモットーとしたビジネス情報サイト。主なサービスに「書式の王様」、「書式ガイド」、「incore」などがある。

この筆者の他の記事(全て見る)

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ