金銭消費貸借契約|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

金融消費貸借契約の書き方と記入例

金銭消費貸借契約とは、借主が貸主から一定額の金銭を借り受け、約束した方法で返還する契約のことです。金銭消費貸借契約や金銭消費貸借契約の書き方について解説します。

金融消費貸借契約とは

金融消費貸借契約とは、金銭を借りる代わりにそれと同額の金銭を返すという契約です。金消契約・ローン契約とも言われ、個人取引だけでなく法人取引でもされる契約です。金融機関などからお金を借りて、期日までに返済することを法的に約束するものです。

金銭消費貸借契約を交わすケース

それでは具体的にどんなケースで契約が締結されるのでしょうか。主なケースとしては、銀行から融資を受けるとき、消費者金融からお金を借りるとき、住宅ローンを組むとき、カードローンでお金を借りるとき、知人・友人からお金を借りるときなどが挙げられます。

金融消費貸借契約の効果

口約束でお金を貸したとしたら、本当にお金を貸したかの証拠が残らず、万一返済がされなかったときに困りますよね。そのため金銭の貸し借りが発生する際には契約書や借用者を作成するのが基本です。『消費』貸借においては、借りたそのものは一度消費して構わないことになります。金融消費貸借契約が成立すると借主は、借りたものと同じ品質数量のものを返還する義務を負うのです。なお、金融消費貸借契約書も借用書も法的な効果は同じですが、作成にあたり記載漏れなどないように気をつけましょう。

印紙について

金銭消費貸借契約書には、収入印紙を貼り付ける必要があります。貸主・借主双方の契約書に、連帯保証人がいる場合には連帯保証人の分も要ります。契約書に記載された金額により印紙の額も異なりますが、1万円未満であれば印紙は不要です。誰が印紙代を負担するのか決まりはなく、当事者間で話し合って決めます。印紙の貼付がなくとも法的効力は変わりませんが、税法上納税しなければならないものです。

印鑑について

直筆の署名があれば本来押印はなくても良いのですが、署名と押印のどちらもあるほうが安心です。印鑑は実印でなく認印、三文判でも構いません。しかし、より信頼度を高めるために実印と印鑑証明を求めるケースもあります。ただ、記名が直筆でなく印字やゴム印である場合は、必ず実印が必要となります。拇印(ぼいん)は不鮮明になることがあるので避けましょう。

記載事項とその意味

最低限、金銭の貸し借りを証明する事項が必要ですが、利息や遅延損害金を定める場合には、それらの項目も追加しましょう。それでは、一般的に使われる事項を下記に挙げていきます。

借主

・借主の氏名・住所・押印
個人の特定ができるよう、契約書に氏名・住所を明記することが大切です。できれば氏名は手書きの署名をしてもらいます。

貸主

・貸主の氏名・住所・押印

債権額

・記入する数字は算用数字でも漢数字でも構わないのですが、後で金額を改ざんされることのないよう注意しなければなりません。例えば漢数字の大字を用い、金額の前に『金』、後に『円』と書くことで、空白にケタを増やして書き入れられないようにすることができます。

弁済期

・返済方法と期日
手渡し、振込み、為替などの返済方法や、手数料負担をどうするかも予め決めておく必要があります。返済期日を決めていなくても契約は有効ではありますが、トラブルを避けるためにも設定しておいたほうが良いでしょう。例えば親族間で金銭の貸し借りがあると贈与とみなされ贈与税が課されることもありますので注意が必要です。

利息

・利率・利息の支払方法
民法では原則無利息とされますが、話し合いで利息の設定が可能です。利息制限法で利率の上限が決められていますので参考にしてください。利率を定めないと、民法第404条により自動的に年5%に設定されます。

連帯保証人

・氏名・住所・押印
連帯保証人は借主と同列の義務を負います。そのため、借主への請求を主張することや、借主がいなくなっても検索の要求をすることはできません。連帯保証人になることを頼まれたら、慎重に検討する必要があるのです。

金融消費貸借契約の書き方と例

契約書はパソコンやワープロで作成してOKですが、感熱紙を使うと文字が消えてしまうので、必ず普通紙を選んでください。もちろん手書きでも構いませんが、フリクションボールペンなどの消せるペンは改ざんの可能性があるのでNGです。捨て印は押印しておかないほうが懸命です。予期せぬ訂正をされてしまう可能性があるからです。万一書き間違いがあった場合は、二重線を引いて訂正印を押印すれば問題ありません。しかし、陰影を鮮明にするために、文字に重ならないように押しましょう。

基本的な金銭貸借契約書

基本的な金銭貸借契約書には、お金の貸し借りが証明できる項目を盛り込みます。契約書の作成日、金額、貸付日、返済方法・期日と借主情報・貸主情報とそれぞれの押印です。ワードテンプレートによる作成例を参考にしてください。
金銭貸借契約書(利子付・分割・元利均等・無担保・元利金等分割払の貸付)(借用書)
>金銭貸借契約書(利子付・分割・元利均等・無担保・元利金等分割払の貸付)(借用書)

連帯保証人付きの金銭貸借契約書

金銭貸借契約書に連帯保証人を入れる場合は、上記の基本項目に加えて連帯保証人の情報・押印も入れます。作成する前に氏名・住所等に相違がないか本人確認書類で事前にチェックしておくと良いでしょう。署名も直筆のものを書いてもらいます。ワードテンプレートによる作成例を参考にしてください。
金銭貸借契約書(利子付、分割、連帯保証人付の貸付)(借用書)
>金銭貸借契約書(利子付、分割、連帯保証人付の貸付)(借用書)

まとめ
金融消費貸借契約とは金銭を借りる代わりに、それと同額の金銭を返すという契約です。主に、銀行から融資を受ける、消費者金融からお金を借りる、住宅ローンを組むときに締結されています。金銭消費貸借契約書には収入印紙を貼り付ける必要があり、貸し借りの金額によって印紙の金額も異なります。直筆の署名があれば押印はなくても良いですが、できれば署名と押印の両方を取り付けましょう。契約書には最低限、金銭の貸し借りを証明する事項が必要です。その他、利息や保証人の有無も考慮して、金融消費貸借契約を作成してください。

投稿日:
2016/12/27
更新日:
2016/12/27

他の金銭消費貸借契約の書式テンプレート

≫一覧を見る

金銭消費貸借契約に関連する書き方一覧

  • 【譲渡契約書の書き方】

    譲渡契約書とは、権利や財産、株式、法律上の地位などを他人(他社)に譲り渡すことを記載した契約書です。金銭対価のある譲渡は売却、対価のない譲渡は贈与とされます。譲渡の対象とな…

  • 【金銭消費貸借契約の書き方】

    金銭消費貸借契約とは、借主が貸主から一定額の金銭を借り受け、約束した方法で返還する契約のことです。銀行からの住宅ローンや消費者金融業者からの融資などの契約がこれに当たり、金…

金銭消費貸借契約の書式・テンプレート

金銭消費貸借契約の書式テンプレート一覧です

金銭貸借契約書(無利子・一括弁済・無担保)(借用書)

「金銭消費貸借契約」の書式、テンプレート、書き方一覧です。金銭消費貸借契約とは、借主が貸主から一定額の金銭を借り受け、約束した方法で返還す…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

お花と犬3【 jpg 】

お花と犬が散りばめられた年賀状イラスト。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

金融消費貸借契約の書き方と記入例 トップへ